<   2010年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

コガラと出会いの瞬間

f0055184_21192547.jpg
山道の途中で偶然にも撮影できたコガラです。小鳥類を撮影するには出現場所を予想して、カメラをセットして長時間待たなければならないわけですが、ほんの一瞬のシャッターチャンスをゲットできる時もあるわけです。
決して満足できるショットではありませんが、たまたま撮影できたこの写真ですから、ちょっと紹介してみたくなりました。
[PR]
by coffeeto | 2010-08-31 22:03 | スズメ目

山道で出会ったヒガラ

f0055184_19594668.jpg
標高1,800mを越えるこの山道は、気温が22~3℃程度でとても涼しい環境でしたが、、登り続きの道を歩いてくると、いやでも汗が噴き出してきます。小休止のつもりでちょっと足を止めたところ、頭上にヒガラを見つけました。慌ててカメラを向けると、このヒガラ君は小さな青虫を見つけたようで、銜え直そうとしているところを撮影することができました。
f0055184_2035411.jpg
小さい青虫を足で抑えて、グッとくちばしで引っ張っています。ご馳走にありつけたヒガラ君は、これを食べるのに夢中で、すぐ下で撮影している私の姿には全く気が付いていないようでした。
ほんの瞬間的な出来事でしたが、噴き出す汗も忘れるほどさわやかなヒガラとの出会いでした。
[PR]
by coffeeto | 2010-08-29 21:12 | スズメ目

繁殖中のホオジロ

f0055184_2364588.jpg
草原から飛び立った小鳥が、近くの潅木に止まりました。あわてて撮影したところですが、ホオジロの♀でしょうか。繁殖の真っ最中で、これから雛に与えようとする餌となる緑色の芋虫をくわえていました。
f0055184_2363067.jpg
こちらはホオジロの♂になります。樹の頂で縄張り宣言でしょうか、盛んにさえずっていました。
[PR]
by coffeeto | 2010-08-28 23:15 | スズメ目

川原のカワラヒワ

f0055184_22392877.jpg
陽が射し始めるとともに、朝からぐんぐん気温が上昇し、今日も猛暑日間違いないなと思いながら、前日に野鳥の姿が見られた川原を覗いてみると、水浴びをするカワラヒワを見つけました。
f0055184_22391271.jpg
7~8羽のカワラヒワが水浴びをするためでしょうか、集団で舞い降りていました。いずれの個体も胸に縦斑がありますから、今年生まれの若鳥であることが分かります。
f0055184_22392142.jpg
背面からも撮影することができましたが、頭部に灰色味が少なく三列風切の白色部が少ないところから、この個体は亜種コカワラヒワになると思われます。
[PR]
by coffeeto | 2010-08-26 22:55 | スズメ目

子育てするキセキレイ

f0055184_2151360.jpg
キセキレイの成鳥が、餌をくわえている姿を間近に撮影することができました。きっと近くで子育てしているために、餌を運んでいるんだろうということはすぐに想像できました。
f0055184_21521178.jpg
暫くその辺りを観察していると、運良く成鳥が幼鳥に餌を与えている姿を、撮影することができました。
f0055184_21511774.jpg
渓流の岩場を、数羽のキセキレイが飛び回っています。上にいるのが幼鳥で、下にいるのは幼鳥か成鳥♀になると思います。ここは、キセキレイのファミリーの遊び場になっているようでした。
f0055184_215244.jpg
喉の下が黒いこの個体は、夏羽のキセキレイ成鳥♂になります。胸から下尾筒にかけて、レモンイエローが良く目立ちます。
[PR]
by coffeeto | 2010-08-25 22:19 | スズメ目

激流のカワガラス幼鳥

f0055184_21115324.jpg
この日はとても暑い一日でしたが、訪れた渓流にカワガラスを見つけました。でも、写真に撮ると、とても涼しげに見えてきますから不思議ですね。
f0055184_2112227.jpg
このカワガラスは、よく見ると普通のカワガラスとは様子が違います。
胸にはうろこ状の羽が密生しているのが分かりますが、どうやら今年生まれの幼鳥になるようです。
f0055184_21122879.jpg
渓流の岩の上に立って、ちょっとポーズをとってくれました。
f0055184_21123524.jpg
さて、いよいよこれから餌取りの本番の始まりです。激しい流れの中で餌を取るために、身構えているところが撮影できました。
f0055184_211305.jpg
いよいよ、激流の中に突入です。何度も流れの中に身を沈めながら、餌取りにチャレンジしていました。
f0055184_21131243.jpg
撮影しているうちにも何回か餌をゲットした様子が観察できました。
まだまだ若い個体ですが、結構身軽に水の中を渡り歩いて、上手に餌を取っていました。
[PR]
by coffeeto | 2010-08-22 21:34 | スズメ目

水場に遊ぶコガラとヒガラ

f0055184_22434347.jpg
水場で水浴びをしている小鳥たちを撮影していたところ、たまたまコガラとヒガラの幼鳥が同時に水浴びを始めてくれました。とても可愛く、微笑ましい風景となりました。
f0055184_22434916.jpg
中央にいるのがヒガラの成鳥です。
左奥に見えるのはシジュウカラの成鳥♀で、右手前に見えるのはシジュウカラの幼鳥です。
f0055184_22441311.jpg
コガラです。雨覆と風切羽に茶褐色の羽が認められるところから、幼鳥であると思われます。
f0055184_2244425.jpg
こちらの個体は、コガラの成鳥になると思われます。
[PR]
by coffeeto | 2010-08-19 22:52 | スズメ目

オオルリ幼鳥

f0055184_2245993.jpg
見慣れない鳥が現れました。頭部から胸部にかけて、ウロコ模様の幼羽に覆われたこの鳥は、さて何だろうとちょっと迷ってしまいました。
f0055184_224457.jpg
この写真を良く見ると、肩羽の辺りにやや青色味のある羽があるのが分かると思います。この羽が決め手となって、オオルリであると判定しました。
f0055184_2242866.jpg
体の上面にオリーブ色味が感じられず、茶褐色であることと、大きさがスズメより大きいと感じられたことも、オオルリと判定した材料になります。
オオルリは全長16cmとされています。この写真でも、肩羽の青色味が確認できます。
f0055184_2254353.jpg
水浴びのために、水場に降りたところを撮影したものです。東南アジアで越冬し、繁殖の為に我が国へ渡って来る夏鳥です。
左下には、ヤマガラの若鳥が水浴びしています。大きさの比較ができますから、大きめな鳥であること分かります。これも、オオルリであることの判定材料になります。
[PR]
by coffeeto | 2010-08-16 22:27 | スズメ目

エナガ

f0055184_1133015.jpg
ジュリリ、ジュリリと鳴くエナガの声が聞こえてきた方思ったら、すぐ目の前に群れが飛来してくれました。
エナガは全長14cmとされていますが、尾羽がとても長いですから、体はとても小さい鳥になると思います。長い尾羽を柄杓の柄にたとえてこの名前が付いたと思いますが、なるほどと頷けます。
f0055184_1135146.jpg
エナガの群れも次々と水場に浸かって水浴びを始めましたが、この写真では、すぐ下でヒガラも一緒に水浴びしています。
ひっきりなしに小鳥たちが訪れるこの水場は、小鳥たちの一大保養地のようでした。
[PR]
by coffeeto | 2010-08-14 11:14 | スズメ目

バードバス~目白押し

f0055184_2371678.jpg
洞の水場で腰を据えて、野鳥の飛来を待っていました。いろいろな鳥が来てくれましたが、メジロの群れが飛来したときはとても賑やかでした。
この写真では4羽しか写っていませんが、10数羽が入れ替わり立ち代り水浴びを始めましたから、とても見ごたえがありました。
f0055184_2372241.jpg
この水場はとても静かな環境なのですが、メジロの群れが飛来したときは、チュルチュル、チュルチュルととても賑やかになり、文字どおり水場に目白押し状態となりました。
f0055184_1036579.jpg
連日暑い日が続きますが、ここはメジロにとっては羽毛を清潔に保つとともに、涼を求める格好の場所になると思います。見るからに気持ち良さそうなメジロたちです。
[PR]
by coffeeto | 2010-08-13 23:18 | スズメ目