木の上のウソ

f0055184_22131953.jpg
ウソは、関東地方では冬鳥だと思いますが、図鑑では漂鳥または冬鳥とされています。
アオジの撮影に夢中になっていたところ、頭上からフィーフィーと鳴く声に誘われて、上を見ると木の上にウソが止まっていました。
この個体はウソの雌です。喉から腹にかけて茶褐色で、背面も茶褐色であるところから、ウソの雌であることが分かります。
f0055184_22133047.jpg
こちらは、ウソの雄です。
頬から喉にかけてピンク色がよく目立ちますね。胸からお腹にかけて灰色であるところがウソ雄の特徴なのですが、この個体は少しピンク色がかっていますね。いわゆるアカウソといわれる亜種になるものかもしれません。
[PR]
by coffeeto | 2006-11-28 23:06 | スズメ目
<< 水辺の宝石カワセミ  冬羽のアオジ >>