ハヤブサの見張り

f0055184_20141551.jpg
田んぼの畦に1羽のタカブシギを見つけました。しばらく様子を観察していたところ、突然畦に伏せたまま身動きをしなくなりました。
もしかしたらと思い、周囲を見渡したところ、近くの電線にこのハヤブサが止まっていました。
以前、別の場所ですが、ハヤブサがムナグロの群れに突っ込み、飛び上がった1羽のムナグロを見事に捕獲して運び去っていくところを目撃したことがあります。
自然界は、常に食うか食われるかという厳しい掟にさらされています。このハヤブサも、いつ餌にありつけるかは保障の限りではありません。
[PR]
by coffeeto | 2006-08-19 20:26 | タカ目
<< コアオアシシギの幼鳥 タマシギのペアとチュウサギ >>