池の中のシメ

f0055184_22295771.jpg
池の中の杭の上にシメが舞い降りました。くちばしがピンク色であるところから、冬羽であることが分かります。また、目先が黒くありませんから、この個体は♀になります。この写真で分かるように、次列風切の先端は他のスズメ目の鳥には見られない、特異な形状をしているのが分かります。
f0055184_22301259.jpg
喉の部分は、♂も♀もこのように黒色であるところは共通です。雨覆に白色の部分がありますが、飛翔するとこの部分が白帯となってとても良く目立ちます。
f0055184_22302350.jpg
杭の上に舞い降りたのは、このように水を飲むためでした。他の鳥のように上を向いて流し込む動作があまり目立つわけではないので、そのまま飲み込んでいるようでした。
f0055184_22293717.jpg
同じ場所の岸辺の樹上には、別のシメがいました。目先が黒いところからこの個体は♂になります。太くて丸っこい体つきがシメの特徴です。
ピシッ、ピシッと区切った声で鳴きますから、声だけでもシメが来ていることが分かります。
[PR]
by coffeeto | 2011-02-04 22:56 | スズメ目
<< 初見のキガシラシトド ビンズイとタヒバリ >>