池のカイツブリ

f0055184_2294384.jpg
公園の池で観察することができた、夏羽に換羽を終えたカイツブリです。
頭部が黒褐色で、首の部分が赤褐色に変わっているところから、夏羽であることが分かります。ケレケレケレとけたたましく鳴きますから、その声だけでもカイツブリがいることが分かります。
f0055184_2293545.jpg
くちばしの付け根が黄白色で、虹彩が黄色ですが、首が赤褐色であるところがカイツブリの夏羽の特徴となります。
カイツブリは全長26cmで、カイツブリのの仲間の中では最小となります。水に潜って魚類を採食し、関東地方では、1年を通して観察できる鳥類です。
[PR]
by coffeeto | 2009-06-23 22:32 | カイツブリ目
<< 緑陰のアオバズク 公園のカルガモ >>