メリケンキアシシギ

f0055184_21274381.jpg
海岸の岩場で、シギの仲間を見つけました。
岩の色と同じ色合いで全く目立ちませんでしたが、何か動くものがいるので注意してみたところ、キアシシギのようでした。でも、下尾筒まで縞が認められるところから、メリケンキアシシギであることが分かりました。
f0055184_21275029.jpg
メリケンキアシシギは、図鑑によれば全長27cmとされています。普通のキアシシギは25cmとされていますから、一回り大きいようです。
キアシシギは干潟や水田で見られるのに対し、メリケンキアシシギはこのように海岸の岩場で見られますから、生息環境が大きく違うことが分かります。
[PR]
by coffeeto | 2009-06-09 21:48 | チドリ目
<< 浜辺のアジサシ 田園に溶け込むホオジロ >>