滑翔するノスリ

f0055184_21533349.jpg
先々週のことですが、あしだちの有志と一緒に手賀沼周辺へ、ウスハイイロチュウヒを見に行ったときに撮影したノスリです。
お目当てのウスハイイロチュウヒは見られませんでしたが、手賀沼の上空を舞うノスリをゲットすることができました。
f0055184_21533980.jpg
ノスリは、関東地方では留鳥として1年を通して観察することができますが、冬の時期に多く見られると思います。
上空を舞いながら、獲物を狙っているようですが、ネズミ、モグラ、カエル、トカゲなどを餌としています。
♂は全長約52cm、♀は約56cmで、ほぼカラスと同じ大きさのタカの仲間です。
f0055184_21534619.jpg
この個体は、脛の部分に横斑が見られないことと、腹の褐色バンドにも横斑が見られないこと、体下面に縦斑が認められないことなどから、成鳥♀の個体であると思われます。
f0055184_21535125.jpg
ノスリは、目が大きくて優しい顔をしています。
オオタカやハヤブサは鋭い顔つきで精悍さがありますが、ノスリにはそんな鋭さはありません。でも、なぜか親しみを感じてしまいます。
[PR]
by coffeeto | 2009-03-07 22:34 | タカ目
<< 都心の森のオオコノハズク くちばしが目立つイカル >>