タグ:モズ科 ( 26 ) タグの人気記事

雑木林のモズ@調布

f0055184_2182477.jpg
長年勤めた職場を、この3月いっぱいで定年退職することになります。お世話になった職場ですから、とても寂しい思いですが、これも定めというものです。リタイアしたら思う存分野鳥観察や自然観察、そして山歩きを楽しみたいと思うのですが、働けるうちは第二の職場でお世話にならなければなりません。カレンダー通りの仕事になると思いますから、週末だけの楽しみは今までと変わらないことになります。
先日、足を運んだ公園で地元の人に聞いたところ、昨年はビックリするくらいたくさんのイカルやコイカルがいて楽しめたのに、今年は野鳥の姿が少なくシメの姿も見えないと嘆いていました。でも、芝生広場にはカワラヒワが大きな群れで下りていました。ムクドリやツグミもたくさん見ました。帰りがけに通り抜けた雑木林では、ここを縄張りにしているモズが、元気に飛び回っていました。
f0055184_218690.jpg
この個体は、過眼線が茶褐色であり、胸からお腹にかけて網目模様のような斑があります。また、初列風切には白斑がありませんから、モズの♀であることが分かりました。枝に留まっては、枯葉の落ちた地面に飛び降ります。かなり頻繁に飛び回っていますから、きっと餌となる虫が動き始めているのだと思います。
f0055184_2175691.jpg
すっかり葉の落ちた雑木林でしたから、見通しがききます。そんなに広い範囲ではありませんから、獲物を狙って忙しく飛び回っても、どこに留まっているか探し易くて助かりました。暫くこのモズ♀と遊んでもらうことができましたから、退職間近のコーヒー父さんですが、寂しさも紛れてまんざらでもありません。
f0055184_2174469.jpg
??モズが枯れ木で鳴いている♫....そんな歌のフレーズが浮かんできそうな情景ですが、このモズ♀は鳴くこともなく、忙しく飛び回っていました。こうして見ると、とても可愛い顔をしています。
f0055184_2181233.jpg
モズが留まったこの樹は、枯れた細い枝の先にたくさんの細かい実がついています。よく分かりませんが、キブシかイイギリの仲間のように思えます。
このモズ♀は、雨覆いの各羽に白い羽縁が明瞭に認められることと、下くちばしが全部黒色ではなく、基部が肉色をしているところから、第1回冬羽であることが分かりました。
f0055184_218189.jpg
そういえば、このモズ♀とは先ほどから暫く遊んでもらっていましたが、何回も地面に舞い降りては樹上に飛び上がる動作を繰り返していたのに、一度も獲物を食べるシーンを見ていません。あんなに何回も飛び降りていたのに、ちゃんと獲物にありつくことができなかったのでしょうか..?後から写真を見ながら、そんな心配が浮かんできました。
[PR]
by coffeeto | 2014-03-03 06:00 | スズメ目

オオモズ再び@奥日光

f0055184_213607.jpg
今シーズン、奥日光の戦場ヶ原で初めてオオモズを見たのは11月4日(月)のことでした。まだ、紅葉が残っている時期で、動き回る昆虫類を観察することもできる陽気でしたから、その時はこれから迎える厳しい冬を前に、“頑張れよ!” とエールを送ってきました。でも、雪が降ったら餌を獲るのも大変だろうと、とても気になっていました。12月になったらレンジャクの観察も兼ねて、また様子を見に来るよ....と熱い視線を投げ掛けてきましたから、約束どおり、再会を期して足を運んでみることにしました。
f0055184_2136676.jpg
12月の第二週ですから、雪が降ったら嫌だなと心配していましたが、天気予報ではなんとか大丈夫そうです。早朝に自宅を出発して、午前7時過ぎには到着できましたが、車から降りた途端、『寒いっ‼︎』というのが第一印象でした。気温は当然のことながら氷点下です。そのせいか、野鳥の姿も先月に比べると、随分少ないと感じました。途中で会うカメラマンやバードウォッチャーに聞いても、オオモズはおろか、鳥がいないとの声ばかりでした。....そんな中で、確実にオオモズを撮影できたことは、運に恵まれていたというしかありません。
f0055184_2136068.jpg
1日目は、既に渡来が確認されているアオシギを狙って、赤沼から湯滝まで往復してきました。しかし、湯滝のレストハウス前は大型重機を入れた工事をしていて、とてもアオシギが見つかりそうな状況ではありません。そのほかの野鳥についても、殆どシャッターチャンスには恵まれなかったので、自然と足取りも重くなりがちでした。
昼過ぎに青木橋から戦場ヶ原へ戻ったところで、木道脇の展望テラスで休んでいたら、何と枯れた立ち木の天辺に、オオモズが留まっているのが目に入りました。私一人しかいなかったので信じてもらえないでしょうが、嘘みたいな本当の話です。粉雪が舞う逆光の中でしたが、先月に続きまた撮影することができました。
f0055184_21355526.jpg
こっちを向いてよ!...と心の中で強く念じながら、何枚かシャッターを押しました。背面しか見えないうえに逆光ですから、とても満足な写真が撮れようはずがありません。しかし、この日出会った殆どの人は、その姿さえ見られなかったのですから、これでも大変恵まれていたと思います。
f0055184_21354996.jpg
枝先から飛び立つ前に、横向きのポーズをとってくれました。でも、半逆光の斜光線をまともに受けているので、思うような写真は撮れません。飛び去った後で、もう一度撮影したいと暫く待ってみましたが、この日、願いは叶いませんでした。しかし、その間に男体山の山懐をオジロワシが飛んだり、チョウゲンボウがたくさんのカラスにモビングされる場面や、ホバリングしながら狩をする様子などが観察でき、かなりの成果が上がりました。
f0055184_21354790.jpg
この写真は、2日目の午前中に撮影したものです。初日に、偶然ですがオオモズの写真が撮れたことに気をよくして、この日は朝から湯川沿いのズミ林を中心に小鳥類の写真を撮り、オオモズの写真が撮れたテラスのところまで往復してくることにしました。夜半に少し雪が降り、木道はうっすらと雪化粧です。しかし、冷え込んだ湯川沿いは、前日と同じで鳥影が薄く、なかなか思うような写真が撮れません。間もなく目的のテラスに到着し、ここで暫く待ってみることにしました。これが大正解で、前日に続き、今度は順光で撮影することができました。
f0055184_21355439.jpg
しかし、今度はかなり高い枯れ木の先端に留まっていますから、デジスコが欲しくなるような状況です。オリンパスE-5に300mmF2.8+EC14の組み合わせで撮影していますが、フォーサーズ規格ですから、焦点距離が35mm版カメラの換算2倍になるとしても、この距離には厳しいものがあります。大きくトリミングした写真ですが、光線状態が良くて何とか見られる写真に写ってくれました。
[PR]
by coffeeto | 2013-12-12 06:00 | スズメ目

あっ!オオモズだ@奥日光

f0055184_18395963.jpg
11月の最初の週末は、祝日の文化の日が日曜日と重なり、翌日の11月4日(月曜日)が振り替え休日で三連休となりました。しかし、季節はまさに紅葉が真っ盛りで、三連休とも重なりどこへ出掛けても、高速道路の大渋滞が予想されました。どこへ出掛けようかと、思案するのは毎度のことですが、秋から冬へと移行するこの時期に、雪が降る前の男体山に登ってみたいと思い、奥日光へ出掛けてみることにしました。
連休初日に男体山へ登ってきた記録は、“コーヒー党の自然観察” で紹介させていただいていますが、翌日は戦場ヶ原で野鳥観察をしてきました。これは、三日目の早朝に撮影することができたオオモズです。
f0055184_18401426.jpg
三連休の二日目は、登山の疲れもあってちょっとゆっくり目のスタートとなりましたが、車中泊をした赤沼の駐車場から湯滝に向けて木道を歩いていくと、「コーヒー党さんですか?」と声を掛けられました。昨年、奥日光でお会いした方で、私の三脚(マンフロットのフォーク型雲台)に特徴があって、覚えていてくれたとのことでした。驚きました。
その方から、オオモズの写真が撮れたと見せて頂きました。場所を確認してその場所へ行ってみると、既に数人のカメラマンが待ち構えています。情報交換しながら少し待ちましたが、出現の気配がなかったので、私は空振りにならないように小滝までを往復して、できるだけたくさんの野鳥を撮影した後、夕方に掛けてチャンスを待つことにしました。....結局その日は空振りに終わってしまいましたが.....。
これは、三日目の早朝に枯れ木に飛来して呉れたオオモズですが、タイミングよくアカハラも一緒に留まってくれました。
f0055184_1840287.jpg
連休の中日は、オオモズの情報を頂いていたものの、これだけを狙って全くの空振りにならないよう、その他の野鳥の写真を撮るために湯川に沿って小滝までを往復してきました。それなりに成果は上がりましたが、オオモズが来ているという話を聞いたからには、撮影しないで帰るわけにはいきません...が、その日は残念ながら出てくれなかったのです。
f0055184_18403879.jpg
小滝までの往復から戻って、長い時間待っていました。一時は10数人いたバードウォッチャーも、時間とともに一人去り二人去りで、最後には私を含めて3人だけになってしまいました。寒さがつのり、暗くなって撮影不能になった頃には、もう秋の夕暮は釣瓶落としで、赤沼駐車場へ戻った時にはすっかり夜の様相でした。天気予報では夜半から雨で、明日の午後から晴れ間が広がるということでした。半ば諦め気分で車中泊二泊目の夜を迎えました。
最終日に起きると、奇跡的に雨が上がり、一部青空も覗いていました。すごいチャンスです。朝食もとらずに出掛けてみたところ、誰もいないところで枯れ枝に飛来してくれました。そして、その後少し離れた、この写真の枝先にも、留まっているところが確認できたわけです。
f0055184_1841380.jpg
オオモズは全長24cmで、大陸から渡ってくる冬鳥です。私は、2~3年前にもここで撮影していますが、前回は少し距離があったうえ、50-200㎜f2.8-3.5で撮影していましたから、証拠写真程度にしか写せませんでした。今回は、初列風切の白斑もよく分かる程度に撮影できましたから、私的には上出来というところです。
f0055184_18411831.jpg
戦場ヶ原は標高1,400mくらいの高原です。これから冬の時期に向けて、餌となる昆虫類などが獲れるのでしょうか?雪が積もったら、どうやって生活していくのでしょうか?
厳しい環境の中でも、野鳥は上手く適応して生き抜いていくのでしょう。
12月になったら、また会いに行ってみたいと思っています。
[PR]
by coffeeto | 2013-11-12 06:00 | スズメ目

セアカモズとの再会@平塚

f0055184_20411283.jpg
前回は、チョウセンチョウゲンボウを見に行って、振られてしまったことを紹介した訳ですが、この写真は、その時すぐ近くに出ていたセアカモズを探しに行った時のものです。実は、このセアカモズ君は3月3日に撮影しに行ってきたのですが、チョウセンチョウゲンボウの情報を頂いたことから、3週間ぶりに出掛けてきたわけです。
前回見た場所へ行ったところ、すぐに確認できたものの、暫く所在不明になってしまいました。周辺を探し回ってみましたが、見つけられずに元の場所へ戻ったところ、直近の新幹線脇のフェンスに留まっているところを発見することができました。
f0055184_20411955.jpg
今回は、あしだちのayaさんと、野鳥写真をやっているNさんご夫妻をお誘いして出掛けてきたわけですが、割合近い位置から撮影できましたから、Nさんご主人も納得してくれたのではないかと思います。
f0055184_20412563.jpg
有刺鉄線に留まったこのセアカモズ君ですが、グッと伸びをしてくれました。よく見ると、胸の脇にうろこ状の幼羽が認められますから、第1回冬羽の個体であると思われます。
f0055184_2041356.jpg
有刺鉄線に留まっていたセアカモズが飛び立ちました。白い翼帯があるのが分かりますが、そもそもこれはセアカモズの特徴とは異なるはずですが.....。それにしても、正面顔はギャングマスクそのもので、ちょっと愛嬌があると思えます。
f0055184_20413055.jpg
飛び立ったモズ君が、何かを咥えて戻ってきました。今回は、獲物となるような物ではないようです。何だか、木の枝か何かのような気がしますが、モズ君は、暫くの間この物体を咥え直したり、足で押さえてかじりついたりと、いろいろな動作を見せてくれました。これは、何か意味のある行動なのでしょうか?
f0055184_20414138.jpg
背景となっている新幹線の下の斜面の土手は、ピンク色をしたホトケノザの花が今を盛りと咲いています。有刺鉄線のフェンスの天辺に留まったセアカモズ君は、そんな情景を知ってか知らずか、存在意味を示すようにポーズを取ってくれました。
[PR]
by coffeeto | 2013-04-02 21:44 | スズメ目

セアカモズということですが...@平塚

f0055184_22105121.jpg
3月3日は桃の節句ですが、この日、以前から大変お世話になっていた方のお別れの会が藤沢市でありましたから、すべての予定に優先して参列してきました。
しかし、その前の週に平塚でセアカモズが出ているという情報をいただいていました。まだ見たことのない野鳥ですから、これは行って見ないわけにはいきません。式が始まる前に見てこようと、早朝から足を運んでみることにしました。
我が家からは、車で1時間半ほどで到着することができました。現地には、既に20名近いカメラとバードウォッチャーが並んでいましたから、比較的容易に確認することができました。
f0055184_22104577.jpg
初見の鳥になりますから、夢中になって撮影してきたわけですが、現地では確実にセアカモズであるか、疑わしいという話も出ていました。
頭部は青灰色ですが褐色の羽が混じっています。また、背面には灰色の羽が見受けられます。さらに、脇腹にはうろこ模様のあるよう羽も確認できることから、この個体は第1回冬羽♂であろうと判定しました。
f0055184_22103950.jpg
撮影した写真を見ながら、図鑑と見比べてみたのですが、セアカモズのくちばしと脚は黒色と解説されていますが、この個体のくちばしは基部から半分以上が肉色です。(成鳥ではないためでしょうか?)また、初列風切の基部に僅かですが白斑が認められます。図鑑にはこの白斑についての解説が全くありませんが、翼は黒褐色で、次列・三列風切の羽縁は淡い赤褐色と解説されています。
f0055184_22103263.jpg
胸から腹の部分がよく写っている写真ですが、図鑑によれば腹は白いが胸から脇にかけては淡いピンク色味を帯びるとあります。でも、この写真を見る限り胸部は褐色ですから、図鑑の解説ともちょっと異なると思いました。
f0055184_22101781.jpg
新幹線の線路脇にある有刺鉄線のフェンスの支柱に止まったところです。時折、すぐ脇を新幹線が猛スピードで通過していきますが、このモズ君はあまり動じることなく、餌獲りのために平然と周囲に目を光らせていました。
f0055184_22102415.jpg
この写真からは、胸から脇腹にかけて橙褐色ですが、下尾筒が白色であることがわかります。よく似たチゴモズの胸から腹は白色で、タカサゴモズは胸から下尾筒まで橙褐色ですから、この個体はこれらのモズの仲間ではないと思われます。オリイモズは頭部が褐色ですし、あと考えられるのはシマアカモズという選択肢ですが、未見の私にはよく分かりません。
f0055184_22105877.jpg
観察している間、この固体は何度も地面に飛び降りては、餌獲りを繰り返していましたが、有刺鉄線に舞い戻ったときに何かを咥えているのが見えました。すかさずシャッターを押してみたところ、どうやらカナヘビの仲間を捕まえてきたようです。桃の節句の当日とはいえ、まだ寒さが続く陽気です。よくこんな獲物を捕まえることができたものだと、写真を見ながら感心してしまいました。
f0055184_2211958.jpg
さて、このモズ君は何回か咥え直しながら飲み込もうと苦労していましたが、数分のうちに尻尾の先まで綺麗に飲み込んでしまいました。
[PR]
by coffeeto | 2013-03-08 18:00 | スズメ目

梢のモズ@葛飾

f0055184_19184244.jpg
ここは、都内でもかなり広い公園の一つで、足立区に隣接する公園ですから、年に何回かは足を運びます。渡りの季節には、色々な野鳥が観察できて面白い場所ですが、時折珍鳥も入りますから、そんな情報には耳を研ぎ澄ませていなければなりません。
今回は、コスズガモの情報で足を運んだ訳ですが、水辺にとてもたくさんのカメラマンが並んでいました。私もその一人として加えさせていただきましたが、ほとんど寝てばかりいてあまり動きのない対象でしたから、そこそこの撮影をした後、公園内を散策することにしました。
水辺に沿って移動していると、間もなく梢に飛び上がったモズを見つけることができました。水浴びでもした直後でしょうか、全身の毛がバサバサです。
f0055184_19181988.jpg
梢を飛び移りながら、餌を探しているようです。モズは、スズメ目に属する小鳥ですが、昆虫類やカエル、トカゲなどを餌としてますから、くちばしの先端がワシタカ類の様に下に曲がっているところもあいまって、小さな猛禽類とも呼ばれています。
f0055184_1918926.jpg
茂みの中に飛び込んだと思ったら、何やら昆虫類を銜えていました。
幼虫かさなぎのようにも見えますが、この状態ではどんな虫を捕まえたのか分かりません。冬の間でもこうした餌を見つけられなければ、生き延びることはできませんから、モズは立派な狩人であるといえます。
f0055184_19183116.jpg
梢に留まって翼を半開きにしたところです。初列風切に白斑があることがよく分かります。また、過眼線が黒いですが、♀の過眼線は茶色ですから、この個体は♂であることが分かります。
[PR]
by coffeeto | 2013-02-26 20:22 | スズメ目

都市公園のモズ

f0055184_20453953.jpg
10月20日(土)に、あしだちの山歩きが好きなメンバーと群馬県、栃木県の県境にある根本山から熊鷹山を歩いてきましたが、道を間違えてかなり厳しい行程を歩くことになってしまいました。おまけに、熊鷹山ではクマタカはもちろん、そのほかのタカ類もお留守であったようで、残念ながら出会いはありませんでした。
翌日は、この山歩きの疲れもあって予定していた鳥見には出掛けられず、近所の公園へ凝った足をほぐすための散策に出かけてきました。
f0055184_20455722.jpg
この公園では、渡り途中の小鳥類に期待したのですが、残念ながらヒタキ類の姿を見ることができませんでした。でも、木の頂で縄張り宣言の高鳴きをしていたモズを見つけました。このモズは餌を見つけたのでしょうか、枝から飛び立つ姿を見せてくれました。
f0055184_20462147.jpg
アップで撮影することができました。過眼線は茶褐色で、黒色味がありません。また、胸にはうろこ状の斑が認められることから、これは♀の個体であると思われます。
f0055184_20452541.jpg
モズは、全長20cmのスズメ目の小鳥ですが、動物食であるところから、小型の猛禽類とも呼ばれています。樹上で、枝から枝へ飛び移る姿を撮影することができました
f0055184_20454961.jpg
こちらの個体は、柳の木の頂に留まったところを撮影したものです。過眼線が黒いところと、胸から腹にかけての鱗斑が目立たないところから、これは♂の個体であると分かります。
f0055184_2046211.jpg
先週は、山歩きの疲れもあって、野鳥の写真はこのモズだけでした。
今週は、家族サービスのために二人と一匹で愛知県下の笹戸温泉へ旅行に出掛けて、名古屋城の見学などをしてきました。このため、野鳥写真は全く撮れていませんから、来週までしばらくこのブログはお休みとします。
[PR]
by coffeeto | 2012-10-28 21:17 | スズメ目

野鳥公園のタカサゴモズ

f0055184_20584880.jpg
都内の野鳥公園にタカサゴモズが出ているという情報をもらいましたが、仕事の都合などもあってなかなか出かけることができませんでした。
時間が取れた9月30日(日)は、台風17号が接近してくる状況でしたが、思い切って出かけてみたところ、午前中にその姿を撮影することができました。
f0055184_205855100.jpg
出現情報を確認しようと、野鳥公園の公式HPをみると、「自然情報」の中の「今日の野鳥公園」のページに、9月21日に記録がありました。その後9月25日、26日、27日、29日に観察記録が出ていました。条件が良ければ、このまま越冬するかもしれませんね。
f0055184_2059191.jpg
普通のモズは全長20cmですが、タカサゴモズの全長は25cmとされていますから、ちょっと大きめなモズの仲間です。
f0055184_2059782.jpg
私が以前にタカサゴモズを観察した記録を見返してみたところ、1996年(平成8年)11月30日に横浜港大黒ふ頭でのことでした。
もう16年も前のことになるわけですが、つい数年前のような気がしています。近所にいた鳥仲間のトリッピーさんと一緒に観察に出掛けたのですが、その当時はパソコン通信のFBIRDで知り合った仲間と、オフで鳥見に行くことに情熱を燃やしていました。懐かしい思い出です。
f0055184_20591989.jpg
東淡水池にある観察舎の覗き窓から撮影したものですが、距離は数10メートルはありましたから、こんな程度の写真が精一杯の状況でした。
久しぶりに観察できたタカサゴモズは、ちょっと色がくすんでいて、まだ若い個体であるように思われました。
[PR]
by coffeeto | 2012-10-03 17:30 | スズメ目

高原モズ

f0055184_20172261.jpg
戦場ヶ原の草原との境にある林縁には、まだまだ細い白樺の木がたくさん生えていました。ちょっと離れた枝先に、うごめく野鳥を見つけてレンズを向けると、そこにいたのはモズの♂でした。
f0055184_20174731.jpg
よく見ると、このモズ君は背面だけではなく、頭部にも灰色味が感じられます。これが、高原モズと呼ばれる個体になります。初めてこの高原モズを見た時には、亜種のシマアカモズではないかと思ったのですが、亜種の違いではなく、高原や北の地方で繁殖するモズには、このようなタイプが多くいるようです。
f0055184_20173740.jpg
初列風切に白斑がないように見えますが、実は雨覆いの灰色の羽が覆いかぶさっていて、白斑を隠しているのです。
f0055184_2018861.jpg
木道を挟んだ反対側に、モズの♀を見つけました。やはり、体全体に灰色味が感じられる高原モズの特徴があると思われました。
f0055184_20175417.jpg
冬の間は里に降りて、♂も♀も縄張りを作って生活していますが、繁殖期には割合早い時期から山に戻って、番形成をするようです。
f0055184_2018043.jpg
♀の個体は、過眼線が黒色ではなく、褐色ですから見た目にも可愛らしく思えます。また、初列風切に白斑がないところも♀の特徴となります。
[PR]
by coffeeto | 2012-07-10 21:02 | スズメ目

越冬中のモズ

f0055184_2165684.jpg
モズの♀です。昨年、チョウゲンボウが繁殖していたと教えていただいた親水公園へ足を運んだ時に撮影したものです。
この写真を撮る直前に撮影した時、かなりオーバー目に露出補正していましたが、補正を戻すのを忘れたまま撮影してしまいましたから、パソコン上で補正しています。
f0055184_2171375.jpg
この写真は、この間の雨が降った土曜日に撮影して来たものですが、大変くらい環境でしたから、コントラストのないとても寝ぼけた写真になってしまいました。
f0055184_2172874.jpg
越冬中のところを撮影したものですが、胸から脇腹にかけては、淡い茶褐色の鱗状の斑がよく目立ちます。
過眼線も茶褐色であるところから、モズの♀であることが分かります。また、くちばしと脚は黒いですね。
f0055184_216447.jpg
こちらは、また別の日に撮影したモズの♂です。過眼線が黒いところから♀とは明瞭に異なることが分かります。
風切羽には、小さいですが白斑があります。モズは、冬の間は里に降りて縄張りを作って生息しています。
[PR]
by coffeeto | 2012-02-28 21:35 | スズメ目