タグ:チドリ科 ( 68 ) タグの人気記事

休耕田のコチドリ@石岡

f0055184_2159235.jpg
例年8月から9月にかけては、渡り途中のシギチ観察のため、毎週末のように休耕田巡りをするのが通例でしたが、今年は入院などの事情もあって、その機会が殆どとれませんでした。それでも、9月1日(日)の残暑の最中に出掛けてきたのですが、あまりの暑さに、半日で音を上げてしまいました。でも、この日足を運んだ休耕田では、数種類の内陸性のシギチを撮影して、それなりに結果を残すことができましたから、安堵しています。これまで何回かに渡って、休耕田で観察したシギチたちを紹介してきたましたが、一応今回で最後回にしたいと思います。
最後に紹介するのはコチドリです。この日、休耕田で観察したシギやチドリの仲間の中では、コチドリが一番多かったと思いますが、写真は殆ど残っていませんでした。普通にたくさん見られる野鳥については、得てしてこのような結果になってしまいがちです。(^_^;;
f0055184_21584654.jpg
さて、今回紹介するコチドリの写真の中で、一番注目して頂きたいのがこの1枚です。私自身も新発見となったのですが、羽を広げてグッと伸びをした、コチドリの三列風切がとても長いんですね....驚きました。
翼の先端から10枚ほどが初列風切で、中間部分の数枚が次列風切になります。三列風切は胴体に一番近いところの何枚かになりますが、翼下面は雨覆いも含めて全て白色の羽なのに、三列風切として見えている部分は褐色で、下に垂れるように伸びています。これは意外でした。今まで全く気がつきませんでした。
f0055184_21585159.jpg
そのコチドリが、羽を伸ばした状態からその場でハイジャンプをしてくれました。翼を振り下ろそうとしている瞬間ですが、確かに三列風切がヒョロッと長く、足元に垂れているのが分かりますね。
色々理由があって、このように長くなっているのでしょうが、何故長いのか、私にはその理由が分かりません。
f0055184_21585613.jpg
コチドリは、片脚を前に出して小刻みに震わせるような仕草をしますが、これが採餌のときの習性です。コサギも同じような行動をとりますが、こうして小さい虫などを驚かせて、飛び出してくるのを待つのでしょうか?
このとき、コチドリは上空を振り仰ぐようなポーズをとりました。警戒しているようです。きっと、このとき上空には、ほかの鳥が飛来していたものと思われます。
f0055184_2159884.jpg
頭部から顔面に掛けてと、首の周りの褐色の羽がぼんやりしていて、濃い黒色の帯状の斑が出ていないところから、今年生まれの幼鳥であると思います。これから、越冬地に向かって渡去していくのでしょうが、来年もまた元気に戻って来て下さい。
[PR]
by coffeeto | 2013-09-23 06:00 | チドリ目

群れの中のタゲリの争い@小見川

f0055184_21103568.jpg
この日は、思いもかけず田んぼでたくさんのタゲリを観察することができました。車窓から、オリンパスOM-DのE-M5に75~300㎜の望遠ズームをつけて撮影した一連の写真です。
f0055184_2110307.jpg
利根川沿いのこの辺りの田んぼには、タゲリの群れをたくさん観察することができました。運転していて発見した時は、田んぼの畦道に沿っておそるそる近づいたのですが、すぐに飛ばれてしまいました。暫くの間、辛抱強く待ち続けていたところ、飛び去った群れが戻ってきてくれました。
f0055184_2110090.jpg
10数羽の群れの中では、しばしばタゲリ同士の争いも観察することができました。この写真は、そんな中で撮影した飛翔するタゲリの絡み合うシーンです。
f0055184_2195357.jpg
飛翔中のこのタゲリと、その下で羽を半開きにしている個体は、餌獲りの諍いがあったのか、あるいは群れの中での順位決めの争いなのか、何度も飛び掛っては羽をバタつかせる動作を繰り返していました。
f0055184_2110695.jpg
飛翔してきた個体が下にいた個体に、上空からキック攻撃を仕掛けたところです。下の個体はよけ切れなかったようですが、ダメージはあったのでしょうか?
f0055184_21101278.jpg
こちらの写真は、飛翔中の個体が後方から攻撃を仕掛けようとしているところです。そうとは知らずに、下にいる個体は背後から鋭いキックを受けてしまうのでしょうか?絶体絶命といったところです。
f0055184_21101813.jpg
....と思ったら、下にいた個体は後方からの気配を察したようです。寸でのところでサッと身をかわし、見事に上空からのキック攻撃から逃れることができました。
f0055184_21102443.jpg
こちらは、争いの状況ではありません。着地(水?)しようとする瞬間を撮影したものですが、翼の先端が丸みを帯びているのがわかります。タゲリは群れで飛翔することが多いのですが、この翼の形が識別ポイントになります。
[PR]
by coffeeto | 2012-12-23 07:27

タゲリ@小見川

f0055184_9382025.jpg
車を運転中に、直ぐ脇の田んぼにたくさんのタゲリが群を成していました。これは見逃すことが出来ません。通り過ぎてしまった後で、慌ててUターンして来ました。
何か出たら撮影しようと、オリンパスE-M5に75-300㎜ズームを付けて助手席に置いていましたから、車窓から直ぐに撮影開始です。
とても近くから撮影出来ましたから、今回紹介する写真は、全部トリミング無しの撮ったままの写真です。
f0055184_9375828.jpg
僅かに水が残った、とても広い田んぼに、10数羽の群れが降りていましたが、たまたま2羽が近づいてくれました。
f0055184_9382429.jpg
とても天気の良い日でしたから、メタリックグリーンの美しい羽が輝いていました。
f0055184_938889.jpg
この個体は、胸の黒色味が強いことから、♂の個体ではないかと思います。♀は、胸と顔に褐色味がありますから、ある程度識別が可能であると思います。
f0055184_9383556.jpg
タゲリは、大陸で繁殖して、越冬のために我が国へ渡ってくる冬鳥です。
f0055184_9384790.jpg
田んぼで忙しなくエサ取りをしていました。肩羽に赤紫色の光沢があります。
f0055184_9383277.jpg
さて、こちらの個体はよほど美味しい餌を見つけたと見えて、泥の中にくちばしを突っ込んで夢中です。
f0055184_9385912.jpg
背面の羽縁に、淡色の縁取りがあります。今年生まれの若鳥で、第一回冬羽であると思われます。
f0055184_9384456.jpg
胸の部分の黒帯が完全に繋がっていません。背面の羽に淡色の縁取りがあありますから、これも第一回冬羽であると思われます。
f0055184_9391141.jpg
タゲリは、全長32㎝のチドリの仲間です。♂は頭と胸が黒色で、♀は顔面と胸に褐色味があります。また、冠羽をみると、♂は長めで♀は短めですから、識別のポイントになります。
f0055184_9385696.jpg
田んぼの中の僅かに残った水溜りで、水浴びをしていました。
[PR]
by coffeeto | 2012-12-15 20:56 | チドリ目

あしだち探鳥会@三番瀬

f0055184_2112510.jpg
あしだち(足立・自然にふれあう会)の9月の定例探鳥会は、9月9日(日)に三番瀬(船橋海浜公園)で実施されました。
当日は、私以下3名で幹事役を仰せつかったわけですが、どうしても写真撮影の方に気が行ってしまいます。これは、当日撮影したミユビシギの群れです。
f0055184_21114135.jpg
全長29cmでちょっと大型の、チドリの仲間のダイゼンです。まだ夏羽が残っていますから、胸からお腹にかけて黒い羽で覆われています。旅鳥ということになっていますが、東京湾周辺では越冬個体も観察できます。
f0055184_21113850.jpg
オオソリハシシギも、数は少なかったですが観察することができました。同じ仲間のオグロシギと同じような体型をしていますが、長いくちばしが僅かに上に反っているところと、背面の羽の先端がとがっていること、胸からお腹にかけて橙色の羽が出ているところが特徴です。
f0055184_21115367.jpg
こちらは、トウネンです。背面の各羽に白い羽縁が認められることから、今年生まれの幼鳥であることが分かります。
f0055184_21115092.jpg
これもトウネンの幼鳥です。短いくちばしが僅かに下に湾曲していることが分かります。
f0055184_211225.jpg
メダイチドリの群れも観察することができました。一番右側の個体は、夏羽が残っている成鳥ですが、その左側の個体は今年生まれの幼鳥であると思われます。また、左端の個体も亜成鳥であるとも割れます。
f0055184_21121767.jpg
ミユビシギの群れの中に、ウミネコも観察することができました。
[PR]
by coffeeto | 2012-09-30 21:34 | チドリ目

三番瀬のシロチドリ

f0055184_21584575.jpg
三番瀬の砂浜は、シギチの仲間の天国です。
この個体は、背面の各羽に淡色の縁取りが認められることから、シロチドリの幼羽であると思われます。時期的に、幼羽から第1回冬羽に移行途中というところでしょうか。
f0055184_21583964.jpg
シロチドリは雌雄同色ということですから、この個体が♂か♀かを判定できません。首から側胸にかけて褐色の斑が認められますが、首から前胸にかけては白色で、左右の褐色斑は繋がっていません。これもシロチドリの特徴です。
f0055184_21581084.jpg
ミユビシギの群れの中に紛れ込んだシロチドリです。通常は単独行動をしていますが、越冬期には群れを形成することがあるようです。
f0055184_21582081.jpg
三番瀬では、シロチドリは繁殖期も越冬期も観察することができる留鳥です。図鑑によれば、全長17cmとされていますから、ミユビシギより一回り小さい体形です。
f0055184_21583419.jpg
砂浜にたたずむシロチドリですが、背面の羽に羽縁が認められることから幼鳥であると思われます。ここでは、1年を通して観察することができる留鳥です。
[PR]
by coffeeto | 2012-09-18 21:00 | チドリ目

三番瀬のメダイチドリ

f0055184_21524288.jpg
今日(9月9日)は、あしだち(足立・自然にふれあう会)の探鳥会が千葉県船橋市の三番瀬で実施されました。日陰に入ると、さすがに秋の風の涼しさを感じるようにはなってきましたが、それでも炎天下の浜辺には日陰などあるはずもなく、とても暑い中を参加された皆様、大変お疲れ様でした。今日の探鳥会では、他の2人の人と幹事役を仰せつかっていたのですが、この写真は先週、幹事3名で下見に行った時に撮影したメダイチドリです。
f0055184_21523024.jpg
メダイチドリは旅鳥ですから、今がまさに観察の旬ということになります。この個体は成鳥♂ですが、過眼線や前額部の黒色が薄くなり、頭頂や前胸部のオレンジ色も色あせているようですから、そろそろ夏羽から冬羽に換羽し始めているところだと思います。
f0055184_21524827.jpg
観察していると、メダイチドリの群れの中で、2羽の個体が小競り合いを演じてくれました。餌の取り合いであったのか、縄張り争いであったのか、それとも単なる遊びであったのか、その理由は当人(鳥)同士に聞いてみるしかありません。
f0055184_21525789.jpg
この争いは、どうやら右側の個体が優勢であったようです。左側の個体は急いで現場から離れていきました。
-----------------------------------------------------------------
後から気が付いたのですが、左側の個体はゴカイのようなものをくわえているようです。
f0055184_2153613.jpg
さて、ここで争っていた2羽について羽衣の違いについて注目したのですが、右側の個体の頭頂部の模様に注目すると、褐色地に白い縦斑がたくさん認められます。左側の個体の頭頂部は、一様な褐色です。そうすると、ここからは私の勝手な想像ですが、右側の個体は幼羽から冬羽に換羽途中であり、左側の個体は成鳥冬羽ではないかと、そのように思いました。
f0055184_21531735.jpg
この個体は、雨覆いの各羽に白い羽縁が認められるところから、メダイチドリの幼鳥と思われます。しかし、肩羽から大雨覆にかけては、既に冬羽に換羽していることが認められますから、幼羽から第1回冬羽に移行途中の個体であると思われます。
[PR]
by coffeeto | 2012-09-09 22:24 | チドリ目

干潟のメダイチドリ

f0055184_218197.jpg
この日参加した、あしだちの谷津干潟探鳥会では、観察できたシギチの数は少なかったのですが、習志野高校側の干潟でメダイチドリの群れを見ることができました。
f0055184_2184216.jpg
ここで観察できたのは、10数羽の小群でしたが、エサ獲りをしながら動き回る群れの活動を観察ることができました。中央の個体は、ゴカイの仲間を捕まえて、引っ張り出そうとしているところです。
f0055184_2185853.jpg
首から前胸にかけて、鮮やかなオレンジ色をしています。メダイチドリは、全長19cmの割合小型のチドリの仲間です。
f0055184_2185047.jpg
右側の個体の過眼線は黒色をしていますから♂の個体であると思われます。左側の個体の過眼線は茶褐色をしていますから、たぶん♀の個体になるのでしょう。
[PR]
by coffeeto | 2012-04-18 21:29 | チドリ目

渡ってきたばかりのコチドリ

f0055184_2049825.jpg
一昨日は一日中雨に見舞われてしまいました。この日足を運んだ田園地帯では、朝方は濃霧で見通しが利かず、写真を撮ることもままならない状況でした。しかし、時間の経過とともに徐々に霧も晴れてきて、曇り空ながら一時的に回復してくれました。(でも、昼過ぎから又雨になってしまいました。)
こんな状況でしたから、シギチにはあまり期待していませんでしたが、田んぼの畔にコチドリを見つけた時は、嬉しくなってしまいました。
f0055184_20494287.jpg
この場所は、毎年シギチが渡ってくるシーズンには必ず足を運んでいますが、振られることはほとんどなく、毎回何らかの収穫がありますから、コーヒー党にとってはとてもお気に入りの場所になります。
f0055184_20495376.jpg
さて、このコチドリ君ですが、効率よい採餌のためでしょう、観察している間中ずっと、右脚を小刻みに震わせては、驚いて飛び出してくる獲物の狩りに熱中しているようでした。
f0055184_20495656.jpg
コチドリのトレードマークは、何といってもこの黄色いアイリングです。関東地方で留鳥として観察できる、同じ仲間のイカルチドリには、この黄色いアイリングがありませんから、夏鳥として渡って来るコチドリのトレードマークとも言えます。
f0055184_205066.jpg
こうして、真正面から見ると、睨みつけているように目つきがきつく、ちょっと怖い顔に見えてしまいます。
f0055184_2050926.jpg
コチドリは全長16cmとされている、小型のチドリの仲間になります。夏鳥として渡ってきて、砂礫地などで繁殖します。図鑑によれば雌雄同色とされていますが、この個体は過眼線に褐色味がありますから、♀の個体になると思われます。
[PR]
by coffeeto | 2012-03-19 21:22 | チドリ目

雨中のタゲリ

f0055184_16493756.jpg
生憎の天候となってしまった土曜日ですが、翌週に実施予定となっている地元”あしだち”の探鳥会の当番に当たっていて、日曜日は同じ当番のmillefeuilleさんと一緒に下見に出掛けることにしていました。だから、写真を撮るのはこの日しかないので、ダメもとで車内から撮影できる場所を選び足を運んでみました。そうしたら、運よくタゲリを見つけることができたのです。天気は悪かったですが、私的にはラッキーな結果となりました。
f0055184_16494422.jpg
どうですか、この見事な立ち姿は....水も滴る色男....ならぬタゲリの艶姿です。どんよりとして薄暗い環境でしたから、撮影したほとんどのカットはピントを外して寝ぼけた映像になってしまいました。でも、このカットは上手くピントが合って、コントラストも乗ってくれました
f0055184_16495212.jpg
関東地方には冬鳥として飛来するタゲリですが、この辺りにはとてもたくさんの個体が越冬しています。いたるところで観察することができましたが、警戒心が強く、なかなか近づくことができませんでしたから、撮影チャンスは限られてしまいました。
f0055184_16552756.jpg
水が張られた田んぼの畦道を歩くタゲリもいました。車に乗ったまま、助手席にセットした望遠レンズを向けて撮影したものです。車内からの撮影でなければ、なかなかここまで接近することはできません。
f0055184_16553327.jpg
細い畦道の奥も手前も田んぼには水が張られていました。そんな畦道の上を歩くタゲリの姿が、手前の水面にも映っていましたから、シンメトリカルな構図にすることを狙ってシャッターを押してみました。もう少し天候が良くて、水面のタゲリがくっきりと映ってくれれば良かったのですが、私には満足のできる写真です。
f0055184_16501273.jpg
田んぼの畦道の上で、ブルブルッと体を震わせたところです。雨覆いの各羽が開いているところがよく分かります。この個体は、頬に黒色が濃く出ていますから、隈取をした歌舞伎役者の顔のように見えます。
f0055184_16501981.jpg
飛翔して来たタゲリが、田んぼに着地しようとしています。背面は光沢のある緑色をしていますが、風切羽は黒褐色で先端部分の羽が白色です。また、腰の部分はオレンジ色で、尾羽の基部は白色ですが、先端には太い黒帯があります。
f0055184_16502538.jpg
着地したところですが、よく見ると下尾筒もオレンジ色をしているのが見えました。「ミュー」というタゲリ独特の鳴き声が響いていました。
[PR]
by coffeeto | 2012-02-26 18:07 | チドリ目

川岸のイカルチドリ

f0055184_20525796.jpg
北風が強く、寒さが身に染みる一日でしたが、この日訪れた埼玉県下にある河川のコンクリート護岸に、イカルチドリを見つけました。この周辺にはかなりの個体数がいるようです。コチドリとよく似た羽衣をしていますが、イカルチドリは全長21cmとコチドリより5cmほど大きく、黄色いアイリングがないのも特徴です。
f0055184_2053275.jpg
河原では、数個体のイカルチドリを観察することができました。群れを作っているわけではありませんでしたが、この2個体は行動を共にしていました。イカルチドリは雌雄同色ですから、この2個体がペアであるのかは分かりません。
f0055184_21282279.jpg
間近なコンクリートの堰堤の上で観察した個体です。脚は肉色であることがよく分かります。それよりも、黄色いアイリングがあるところに注目しました。ええっ!あなたは本当にイカルチドリですか?見た目には、コチドリのように思えます。
f0055184_20531930.jpg
図鑑によれば、コチドリは本州中部以南では少数が越冬するとのことです。しかし、埼玉県のこの河川敷で観察した個体が越冬中のコチドリであるとは、私には断定できませんでした。残念ながら、背面からの写真しか撮れませんでしたが、これを見てイカルチドリか、コチドリか皆さんのご意見を教えてください。
f0055184_20533555.jpg
対岸にクサシギが動き回っていました。ちょっと距離がありましたが、追いかけているとイカルチドリと接近しました。この写真を見ると、両者の体長はほぼ同じであることが分かります。
[PR]
by coffeeto | 2012-01-30 21:57 | チドリ目