タグ:シギ科 ( 192 ) タグの人気記事

海辺のイソシギ@南房総

f0055184_17463968.jpg
台風27号の接近に伴い、怒涛の大波が打ち寄せて、外洋性の海鳥が避難してくるであろうと予想して、外房の各漁港を回ってきました。
以前、猛烈な低気圧接近のさなか、銚子漁港で万単位のヒレアシシギの大群が、荒れ狂う外洋から避難してきて、漁港内といわず水路といわず、水面を埋め尽くしていたという、我が目を疑うような光景を目の当たりにしたことを思い出して....ちょうど10月最後の週末に当たったこともありますが....無謀にも台風接近の最中に出かけることにしたわけです。
ところが、房総半島最南端の野島崎灯台周辺は穏やかです。強風はどこへ行ったの?怒涛の大波はどこに潜んでいるの?....普通に雨が降っているだけの状況で、完全に予想を裏切られてしまいました。
白浜の海岸線に沿った芝生の広場では、翼を広げたシギチの仲間が、のんびりと大きく伸びをしているところを見つけました。
f0055184_17464266.jpg
小雨が降る芝生の上は、台風接近で人っ子一人いません。お陰でこの芝生の広場は、この日だけはイソシギやハクセキレイなどの野鳥にとって、格好の餌場となっていました。
f0055184_17465477.jpg
台風接近といっても、大波が押し寄せるような状況ではありません。普段より少し波が高い程度でしょうか?...といっても、普段の波の高さは知りませんが...のんびりしたものです。
f0055184_17465798.jpg
このイソシギの羽衣を見ると、背面の各羽の羽縁がうっすらと淡色で、波目模様のように見えます。通常、幼鳥は羽縁に淡色の縁取りがありますが、イソシギの場合、冬羽は夏羽に比べて羽縁が淡色になります。この個体は、少なくても成鳥夏羽でないことだけは確かですが、果たして幼鳥なのか?それとも冬羽に移行途中の個体なのか?....私には良く分かりません。
f0055184_1747213.jpg
時折、芝生の地面を突きながら採餌していますが、何を食べているのでしょうか?たまたま、この写真では餌を咥えて飲み込もうとする瞬間が写っていました。でも、この状況では、何を食べているのか分かりませんね(^^;;
f0055184_1747349.jpg
台風接近中ですが、小雨が降り続く海岸沿いのこの芝生は、人影が全くありませんから、イソシギがこの時ばかりと採餌活動に忙しく、かなり精力的に動き回っていました。
f0055184_1747847.jpg
おっと、この写真を良く見ると、くちばしの先に何か咥えています。これがイソシギが芝生の上を歩き回って、採餌の対象としていた獲物です。小さくて白っぽい、何かの幼虫のようなものを咥えています。....しかし、芝生の中から良くこんな小さい芋虫を見つけられるものだと、逆に感心してしまいました。
f0055184_17471315.jpg
イソシギは、全長20cmのシギの仲間です。関東地方では、留鳥として1年を通して普通に観察できる水辺の野鳥です。
背面は褐色で、腹部は白色ですが、前胸部で腹部の白色がくさびの様に切れ込んでいますから、遠くからでも識別できます。
f0055184_17471891.jpg
いつも、横からの姿を観察していますから、前から見る姿はあまり見慣れていません。でも、こうして見るとスマートなイソシギが “だるまさん” のように見えてしまいますから面白いですね。
[PR]
by coffeeto | 2013-11-10 06:00 | チドリ目

休耕田のタカブシギ@石岡

f0055184_2059380.jpg
内陸性シギチを観察する場合、私は車をブラインド代わりに利用して、休耕田に接近するスタイルをとっています。当然のことですが、この場合、農作業の車の邪魔をすることがあってはなりません。
いつものことながら、この日も車の助手席に望遠レンズを乗せた三脚を据えて、お目当てのシギチを撮影していたわけですが、撮影に夢中になっている最中、ふと気がつくと、すぐ目の前まで農作業の軽トラックが来ていました。クラクションこそ鳴らされなかったものの、慌てて車をバックさせて退避しました。農作業の邪魔をしたことに間違いありませんから、野鳥写真を撮影している旨を説明し、平身低頭お詫びを申し上げたところ、「この暑い中、野外で農作業しなければならないよ....。」などと、笑顔で挨拶されていましたが、少なからず心が痛みました。
鳥だけでなく、周囲の農作業も把握しなければなりません....という訳で、今回はその時、夢中になって撮影していたタカブシギを紹介します。
f0055184_20591252.jpg
図鑑を見ると、タカブシギは旅鳥とされていますが、春先のまだ寒さが残っている時期にハス田などを回ると、かなり早い時期から観察することがあります。もしかしたらそうした個体は、関東地方で越冬したものであったかもしれませんね。
f0055184_2057293.jpg
背面の各羽は黒褐色ですが、羽縁に白色の斑が大きく出ています。
鷹斑模様に似ているところから、これを捉えて、タカブシギの名前が付けられたのではないかと思います。
f0055184_20574697.jpg
ここからの写真は、やはりタカブシギですが、撮影時の露出補正を誤ってしまいました。JPEGで撮影していますが、後からパソコンで補正しても、これが精一杯というところです。デジタルとはいえ、撮影時の適正露出は欠かせないところですね。どんな状況でも対応できる撮影技術を磨くために、もっと経験を積みたいところですが、まだまだ修行が足りないようです。
f0055184_20575926.jpg
私が、現在使用しているカメラは、オリンパスのE-5です。以前は、某大手メーカーのカメラ数台とレンズ数本を所有していましたが、オリンパスのZD(ズイコーデジタル)レンズの、特に松クラスのSHGレンズで撮影された画像を見て、その解像力の高さに痺れてしまいました。それで決断の上、持っていたカメラとレンズを全て処分して、オリンパスに乗り換える決心をして、何とか憧れのZD300mmF2.8を購入したわけです。
もう一つの理由は、オリンパスのカメラの撮像素子に、フォーサーズ規格が採用されているところにあります。フォーサーズの撮像素子は、35mm判のカメラに比較して面積が半分ですから、同じ焦点距離のレンズで撮影した画像は、倍の大きさに写ることになります。私のレンズでも、600mm相当の絵が撮れることになりますから、これは野鳥写真を撮影する場合には、大変大きなアドバンテージになるのです。
f0055184_20582630.jpg
タカブシギは、体長20cmほどの中型のシギになります。その特徴として、背面は濃褐色で羽縁に白斑が明瞭に出るところが、屋外で見たときに一番目立つ特徴になります。その他には、白いアイリングと白い眉斑がこの写真でも分かりますが、真っ直ぐで黒色のくちばしはと、黄緑色の脚も識別ポイントです。
[PR]
by coffeeto | 2013-09-21 06:00 | チドリ目

休耕田のクサシギ@石岡

f0055184_10211177.jpg
高速道路を利用して、我が家から車で2時間弱のところにあるこの田園地帯は、河川に沿った周辺に自然環境がたくさん残っているうえ、休耕田もたくさんありますから、シギやチドリの仲間の渡り時期から、冬場のワシタカ・小鳥類観察まで、足を運べば何かしら収穫の多いところです。
そのうえ、バードウォッチャーや野鳥カメラマンも殆どいませんから、落ち着いて野鳥観察ができる、私のお気に入りのフィールドの一つです。
この日は、炎天下の大変暑い天候でしたから、半日で退散してきましたが、滞在している間は農作業の人は見かけましたが、それ以外は誰にも会わない状況でした。そんな場所ですから、休耕田にはたくさんのシギやチドリが、落ち着いて採餌活動にいそしんでいました。
有難うございました。今回も半日で、一日分以上の収穫を得ることができました。でも、あの暑さは何とかならないものでしょうか?
f0055184_1021572.jpg
今回も愛車(X-TRAIL)の助手席に三脚を据えて、オリンパスE-5にズイコーデジタル300㎜F2.8+EC14を積載し、農道脇からじっくりと撮影させてもらったわけですが、イヤハヤもうその暑さと言ったらありません。車のエンジンは切っていますから、窓を全開にしても風が吹いてくれません。それで、予備バッテリーから300Wのインバーターを経由して、扇風機を回しているのですが、一番強く回しても熱風ばかりで涼しさが微塵も感じられません。それでも、風を送っていなければ間違いなく熱中症で倒れていたと思います。
これは、間近に撮影することができたクサシギです。この休耕田では、他のシギ・チドリと一緒に数個体のクサシギを観察することができました。英名は Green Sandpiper とされていますが、その由来がよく分かりません。でも、図鑑を読むと、「背からの上面は緑色みのある黒褐色」と解説されていますから、そのあたりに名前の由来があるのかな?などと勝手に思っています。
f0055184_10211618.jpg
ここにもクサシギがいました。夏羽ですから、背面は一様な濃褐色で、羽縁に小白斑があります。同じ仲間のタカブシギは、この白斑が顕著でタカ斑模様に似た色合いですから、識別ポイントになります。
左奥に写っているのは、側胸部に白色の独特の切れ込みがありますから、イソシギであることが分かります。
f0055184_10212146.jpg
こちらのクサシギは、お腹が水面に着くくらいまである、水深の深いところに入って採餌していました。でも、こんな深みに入っているのは稀で、普通は茂みの脇や水深の浅い場所で、昆虫や甲殻類を獲っています。
奥に見えるのは、一緒に行動していたオバシギの幼鳥です。
f0055184_10212749.jpg
クサシギは単独行動をとることが多いと思いますから、あまり群れている状況を観察したことはありません。でも、こちらの2個体は仲良く行動を共にしていました。
図鑑を確認すると旅鳥とされていますが、以前、東京近郊の田園地帯で、越冬している個体を観察したことがあります。また、8月中旬に信州の高原地帯にある池の畔で、数個体のクサシギを観察したこともあり、ここで繁殖したの?と驚かされたこともありました。
[PR]
by coffeeto | 2013-09-19 06:00 | チドリ目

休耕田のオバシギ@石岡

f0055184_1054498.jpg
暑さがぶり返した9月最初の日曜日に、シギチ観察のためにちょっと遠征して休耕田を回ってきました。例年であれば、東京近郊の休耕田を回るのですが、今年は入院などした関係で、自由に動き回ることができませんでした。知り合いからは東京周辺の休耕田がほとんどないという情報が伝わってきましたから、この日は高速道路を利用して、少し足を延ばしてきました。
この休耕田にはコチドリやトウネンなどがたくさんいたのですが、その中に、1羽だけ少し大きくて目立つシギを見つけました。オバシギの幼鳥です。首から胸にかけての黒褐色の斑が随分濃く出ています。
f0055184_1054944.jpg
背面の羽をよく見ると、どの羽も黒褐色ですが、白い縁取りがあることが分かります。そのため、背面全体が鱗状に見えますが、これが幼鳥の典型的な特徴となります。特に、肩羽の羽軸は黒褐色が濃いめです。成鳥夏羽であれば、ここに赤茶色の羽が混じりますが、幼鳥にはありません。
f0055184_1055480.jpg
私がオバシギを観察するのは、谷津干潟や船橋海浜公園(三番瀬)が殆どですから、このように内陸の休耕田で見ることは珍しいと思います。
オバシギは幼鳥が1羽だけで、右手前に写っているのはクサシギです。ここでは、複数のクサシギと行動を共にしているように見えました。
f0055184_1053091.jpg
これは、ハス田の中の、ちょっと離れた場所にいるところを撮影したものですが、左奥に写っているのはヒバリシギです。
f0055184_105369.jpg
オバシギは、トウネンなどと同じシギ科のオバシギ属に分類されます。シギやチドリは割合脚が長めであると思いますが、オバシギ属の仲間は太めの体形で、脚が短めであるところが特徴になると思います。
[PR]
by coffeeto | 2013-09-17 06:00 | チドリ目

休耕田のヒバリシギ@石岡

f0055184_9483563.jpg
今年の夏は、異常なくらいに暑い日が続きました。そんな暑さにちょっと陰りが見え始めたと思っていたのですが、久しぶりに出掛けたこの日は、またその暑さがぶり返してきてしまいました。
今年は、入院したこともあり、なかなか出かける機会に恵まれませんでしたが、好きなシギチ観察は、そんな暑さの中でもいとわずに出掛けて来なければ、成果が上がりません。.....という訳で、ちょっと遠出してきたこの休耕田では、ヒバリシギが爽やかな姿を見せてくれました。
この時期は、毎年のように内陸性のシギチを観察するために、休耕田巡りに出掛けていますが、ここ数年はヒバリシギの姿を見ることが殆どありませんでした。それだけに、とても嬉しい出会いとなりました。私にとって、ヒバリシギは田んぼの宝石ともいえる存在です。
f0055184_9483017.jpg
このところ、東京近郊では休耕田が減っていますから、シギチ観察をするのがだんだん難しくなってきています。でも、この辺りまで来ると、まだ休耕田が残っています。この日は、他にバードウォッチャーの姿を見ることがありませんでしたから、このフィールドを一日独り占めすることができました。ヒバリシギは、トウネンによく似ていますが、脚が長めでよりほっそりした体形です。背面の肩羽の部分に白い羽がV字型に出るところが特徴です。
f0055184_949197.jpg
良く似たトウネンの脚は黒色ですが、ヒバリシギの脚は黄緑色です。
この写真では、泥で汚れて黒っぽく見えますが、脚の付け根付近は黄緑色であることが分かります。また、頭部の茶褐色の斑が、くちばし基部まで続いていますから、左右の眉斑が繋がらないところも、ヒバリシギの特徴であるようです。
f0055184_9484685.jpg
ハスの葉影にヒバリシギの姿が見えました。とても暑い環境でしたが、すっきりした立ち姿ですから、葉影に立つと爽やかさが漂ってくるようです。
f0055184_9485167.jpg
ヒバリシギは、トウネンに比べて脚が長いですから、餌取りをするときはこのように頭部を下げて、尾羽を上にあげた姿勢になります。
f0055184_9485727.jpg
くちばしに泥が付着していますから、その形状がよく分かりませんが、トウネンよりすっきりした長めのくちばしです。
脚にも泥が付着していて、識別ポイントである黄緑色がよく確認できませんが、基部に僅かにその色合いが見て取れます。ここでは、かなり精力的に歩き回っていました。
[PR]
by coffeeto | 2013-09-15 20:00 | チドリ目

休耕田のタシギ@石岡

f0055184_2242062.jpg
今年も、秋のシギチ・シーズンが巡ってきました。例年であれば、夏休みを最大限に活用して、8月中から休耕田巡りをするのですが、今年は職場の定期健康診断で引っかかり、入院して手術を受ける事になってしまいましたから、叶いません。でも、その後の経過が良好であったことから、先般のあしだちの探鳥会に参加したのを皮切りに、やっと出掛けることができるようになりました。
そんな訳で、9月1日(日)にシギチ観察に行く事にしたのですが、話を聞くと、今年はどこも休耕田が少なく、シギチの観察が大変だという情報ばかりです..........。何処へ出掛けようか? 思案のしどころです。
それで、我が家から少し距離がありますが、確実に休耕田のある場所へ、プチ遠征してみる事にしました。
f0055184_22413853.jpg
ここは、とても広い休耕田ですが、期待通りシギチがたくさん観察出来ました。休耕田の奥の遠いところで、数羽のジシギが固まって、餌取りをしていました。羽ばたきながら飛び上がってくれたので、その存在が分かりました。何だろう?ジシギの仲間は識別が難しいので、余計に興味が湧いて来ます。
f0055184_22414342.jpg
飛び上がった瞬間に、数カット連写することが出来ました。これだけ距離が離れていると、識別は無理かなと半ば諦めたのですが、幸い、次列風切の先端に白帯があるところが確認できました。これが確認できれば、タシギで間違いないと思います。
f0055184_22414941.jpg
写真をよく見ると、画面の中に3個体のジシギの写り込んでいますが、分かりますか?
かなりトリミングしていますが、定評のあるオリンパスE-5とZD300mmF2.8+EC14の組み合わせは、期待通りの解像力を発揮してくれました。
f0055184_22421723.jpg
9月になったとはいえ、今年の夏の暑さは異常です。この日も軽く30℃を超えていたと思います。風が吹かない炎天下の農道脇には、日陰がありませんから、車内で扇風機を最強に回しても、熱風ばかりでちっとも涼しさが感じられません。
たまたま、農作業の軽トラックが来たのを潮に、他の休耕田を巡って来ることにしたのですが、同じ場所に戻ってみると、タシギが先程より近い位置にいました。
f0055184_22415596.jpg
側面からの写真が撮れました。これを見ると、背中の羽の状態もよく分かります。
他のジシギ類との識別ですが、単独ですから全長での比較できませんが、クチバシの長さに注目すると、かなり長めである印象です。ハリオシギのような寸詰まりのクチバシではありません。
f0055184_22421130.jpg
タシギは、クチバシが長いこともあるのでしょうが、他のジシギ類よりも、水のある場所でも厭わずに、餌取りをする傾向があるようです。
f0055184_2242620.jpg
ジシギ類の識別は、これといった決め手がありませんから、悩むことばかりです。尾羽の枚数が決定的に違うと思いますが、フィールドでは確認のしようがありません。
でも、一般的にタシギは赤色味が強いとか、目先にある黒褐色の線が太いということが言われています。また、肩羽には白い縁取りのある羽が並びますが、タシギは白線が流れ落ちるように見える傾向がありますが、ほかのジシギ類は割合直線的に見えるとも言われています。
さらに、タシギの肩羽の白い縁取りは後縁にはなく、前縁にだけ有るということも聞いたことがあります。
くちばしの長さも、体長に比べると、タシギが一番長く見えるいといわれますが、個体差や見る角度で微妙に変わります。だから、自信を持って断言することがとても難しいですね。
[PR]
by coffeeto | 2013-09-13 18:00 | チドリ目

探鳥会のトウネン@谷津干潟

f0055184_1665128.jpg
8月25日(日)に、あしだち(足立・自然にふれあう会)の定例探鳥会が、谷津干潟で実施されました。この日は、朝から雨模様でしたから、出掛けるのも躊躇されましたが、暫く参加していません。久しぶりの探鳥会でしたから、鳥もさることながら、メンバーに忘れられないように、雨もいとわず出かけてみることにしました。
当日は潮周りが悪く、谷津干潟は水が一杯の状態でしたが、これは集合場所であったバラ縁側で、僅かに出ていた干潟に集まっていたトウネンを撮影したものです。
f0055184_1665782.jpg
このトウネンは、肩羽の部分に灰褐色の羽が出ているのが分かります。季節も秋の渡りシーズンの真っ最中ですから、冬羽に換羽が始まっている個体であることが分かります。
f0055184_167284.jpg
この僅かな干潟には、とてもたくさんのトウネンが群れを作って集まっていました。成鳥、幼鳥合わせて30羽くらいはいたと思います。シギチを観察するのは久し振りでしたから、個々の個体にこだわることなく、とにかくバシャバシャと、連写が効くのをいいことに、枚数だけはたくさん撮影してきました。
f0055184_166273.jpg
この個体は、あまり赤味が強くなく、ボケたような色調であることと、背面の各羽には淡色の羽縁が認められますから、今年生まれの幼鳥であると思います。
f0055184_1663431.jpg
トウネンの群れの中に、ハクセキレイが飛び込んできました。縄張り争いでもないとは思いますが、ハクセキレイは結構気が強い鳥ですから、近くにいたトウネンと餌の取り合いでもあったのでしょうか?偶然ですが、空中戦をしている2羽が画面に入りました。右側の個体は、背面が鱗模様をしていますから、幼鳥であることが分かります。
f0055184_1664054.jpg
この個体は、頭頂部と肩羽の周囲に赤茶色の羽があり、背面の各羽に黒褐色の斑があります。まだ、夏羽が残っている状態であると思います。
f0055184_166455.jpg
中央の個体は、正面から写っていますが、こうしてみると睨みを利かせているようで、表情がちょっと怖いですね。手前の個体はそれを見て逃げ出した訳ではないでしょうが、画面の右側へ移動していきました。
[PR]
by coffeeto | 2013-09-08 18:00 | チドリ目

あしだち探鳥会のソリハシシギ@谷津干潟

f0055184_22331227.jpg
8月25日(日)に、あしだち(足立・自然にふれあう会)の月例探鳥会が谷津干潟で実施されました。朝から雨模様でお天気には恵まれなかったのですが、このところ山へ出掛けることが多くなりましたから、あしだちメンバーに忘れられないようにと、半年ぶりに参加してきました。
この日は、潮周りが悪くて、ほとんど干潟が出ていませんが、集合場所の周辺にあった僅かな干潟に、このソリハシシギなどが集まっていました。
f0055184_2232582.jpg
ソリハシシギは、前回紹介したキアシシギとよく似ているシギの仲間ですが、全長23cmですからキアシシギより一回り小さい体形です。
くちばしが僅かに上に沿っているところと、脚がやや赤みのある鮮やかな黄色であるところがキアシシギとの違いです。
f0055184_2232367.jpg
シギチの仲間はそろそろ夏羽から冬羽に換羽する時期ですが、この個体は背面の肩羽の付近に黒褐色の羽が並んでいるのが分かります。これは、夏羽の名残です。
f0055184_22322036.jpg
ここでは、たくさんのトウネンと一緒になって餌取りをしていました。何かに驚いて飛び立つときも、トウネンの群れと一緒に行動していましたが、他に干潟がなかったので、すぐに同じ場所へ戻ってきました。
f0055184_2233193.jpg
ソリハシシギは旅鳥として、春と秋の渡りのシーズンに観察できるシギの仲間ですが、図鑑によれば春よりも秋の方が多数飛来すると記載されていました.....。これって、春と秋では渡りのコースが異なるということなのか、繫殖を終えて幼鳥も増えるからたくさん飛来するのか、どちらなんでしょうか?
[PR]
by coffeeto | 2013-09-07 18:14 | チドリ目

あしだち探鳥会のキアシシギ@谷津干潟

f0055184_2124861.jpg
今年の夏は、例年になく記録的に暑い日が続きました。でも、そんな陽気をものともせず、あしだち(足立・自然にふれあう会)の探鳥会が8月25日(日)に、谷津干潟で開催されました。当日は、朝から雨模様となる愚図ついた天気でしたが、そのせいか当日の参加者は15名でした。
私は、今年2月に舎人公園で開催された探鳥会以来、半年ぶりの参加となりましたが、常連の懐かしい方々と再会できて、楽しく探鳥することができました。
干潟では、たくさんのシギやチドリの仲間を観察することができましたが、最初にキアシシギの写真を紹介します。
f0055184_21235670.jpg
今回の探鳥会は、バラ園側小学校プール前観察所が集合場所として指定されていました。ご近所の皆様と車に乗り合わせ、定刻の前に集合場所へ到着しましたが、その少し先のバラ園前の干潟に、キアシシギを含めて、たくさんのシギが集まっていましたから、集合時間前のバラ園前で、早速の写真撮影をすることができました。ここでは、キアシシギのほかに、ソリハシシギ、トウネンなどが観察できました。
f0055184_2124176.jpg
キアシシギは、文字通り脚が黄色いシギです。この個体は、まだ夏羽が残っていますから、側胸部に褐色の横斑が認められます。背面には目立った模様がないところがキアシシギの特徴です。
f0055184_21233750.jpg
津田沼高校側の、屋根がある観察所の前に並んだ木の杭の上に、何羽かのキアシシギが留まって羽を休めていました。
f0055184_21241282.jpg
この日は、潮周りが悪く、探鳥会開催時から干潟は海水であふれていました。でも、昼近くになって、少し潮が引いてきました。
f0055184_21242265.jpg
これも、津田沼高校前の場所で撮影したものですが、僅かに見えるようになった干潟に、キアシシギが飛来して餌獲りを始めたところです。
[PR]
by coffeeto | 2013-09-05 06:00 | チドリ目

汽水池のオオハシシギ@江戸川

f0055184_229093.jpg
季節的には、夏鳥たちが渡ってきて、美しい姿を見せてくれる頃です。この翌日には山仲間と一緒に登山に出掛ける予定がありましたから、この日は都内の公園で探鳥を楽しむことにしました。
これは、公園の汽水池で撮影したオオハシシギの夏羽です。
f0055184_2285065.jpg
この個体は、胸から脇腹にかけてのオレンジ色がよく出ていますが、顔面は汚白色で橙色味がないことから、第1回冬羽から第1回夏羽への移行途中の個体であると思われます。
f0055184_22911.jpg
暫く行動様式を観察していましたが、思いもかけず翼を半開きにするところを撮影資することができました。初列風切の裏面は汚白色で、特に目立つ模様は認められません。
f0055184_2292337.jpg
東京周辺では、越冬する個体もいますから冬鳥という範疇に入るのかとも思いますが、この公園でオオハシシギは、旅鳥として渡りのシーズンだけ観察できるシギの仲間になります。
[PR]
by coffeeto | 2013-04-23 22:25 | チドリ目