タグ:クイナ科 ( 16 ) タグの人気記事

越冬中のヒクイナ@横浜

f0055184_12503057.jpg
今シーズン、見はぐれたかと思っていた、越冬中のヒクイナを観察することができました。前回、葦原にいたオオジュリンを紹介した時にも書きましたが、東京港野鳥公園で開催された、あしだち(足立・自然にふれあう会)の3月の月例探鳥会で、ヒクイナが観察できたということでしたから、私も見たいと思ったのですが、後日足を運んだ時には振られてしまいました。でも捨てる神あれば拾う神ありではないですが、先日、マミチャジナイの写真を撮った時、同じ写真仲間に連絡したら、その近くの公園にヒクイナが出ていると教えて頂きました。その日の内に足を運んでみたところ、タイミング良くゲットすることが出来たという次第です。
f0055184_12494657.jpg
ヒクイナは、教えて頂いた公園に隣接する川に出ているということでしたが、私が公園の駐車場に車を入れたのは午後4時を過ぎていました。すっかり日も傾いていました。急ぎ足で川沿いの道を進むと、カメラマンがみんな引き上げて来るところでした。....朝から待っていたけれど、今日は全く出なかったというのです。....その声を聞いて、私自身少し肩を落としながら、それでも取り敢えず教えていただいた場所の確認をしておこうと、足を進めてみたのです。
f0055184_12495360.jpg
ヒクイナが見られたという場所は、既に誰もいません。時折、散歩の人が通るだけです。次第に薄暗くなって来るような状況でしたが、今までの経験で、野鳥はこのくらいの時間に動き回ることが多くありましたから、諦めずに目を凝らして見たところ、葦原から頭を出したヒクイナを見つけることが出来ました。
f0055184_12495982.jpg
図鑑を確認すると、ヒクイナは主に夏鳥として渡来するようですが、本州以南では、越冬する個体を観察することもあるようです。昨年も、川の中のヒクイナとして、埼玉県の越谷で観察した個体を紹介しましたが、今年は東京港野鳥公園でも越冬していますし、かなりの頻度で見ることが出来るようですね。
f0055184_12501987.jpg
かなり前の話になりますが、私がバードウォッチングを始めてまだ間がない頃、野鳥関連の本を夢中になって読み漁っていた時期がありますが、初夏の田んぼで夕方になると、戸を叩くようなヒクイナの鳴く声が聞こえることがある、と本で読んだことがありました。なんとかその姿を見たい、その声が聞きたいと思って、東京近郊の田園地帯へ出掛けたことがありました。しかし、当時は具体的な情報もなく、悉く徒労に終わってしまいました。そんな事が何回かあって、ヒクイナを見る確率はかなり低いなと実感したものでした。f^_^;
f0055184_1250579.jpg
あれから10年以上も経って、ここ数年は何回もヒクイナを見る機会に恵まれましたが、記憶を辿ってみると、それは全て越冬中の個体でした。東北地方では夏鳥で、それ以外では留鳥または漂鳥と分類されている野鳥なのですが、私の記憶の中ではすっかり冬鳥として整理されてしまいました。
f0055184_12493557.jpg
ヒクイナは、ツル目クイナ科の野鳥で、全長23cmとされています。背面はオリーブ色がかった暗褐色で、顔面から腹部にかけては暗赤色をしています。脚を見ると、♂は鮮やかな赤橙色で、♀はややくすんでいるということですから、この個体は♀になるのかな?と思いました。
f0055184_12502529.jpg
この写真をよく見ていたら、何か餌となるようなものを咥えこんでいるのが分かりました。元々は、魚類や甲殻類などを食べる動物食の鳥ですが、イネ科やタデ科の種子を食べるとこともあるようです。でも、この個体は、何を咥えこんでいたのでしょうか?
[PR]
by coffeeto | 2014-04-05 06:00 | ツル目

オオバン@茨城

f0055184_2051044.jpg
茨城県の涸沼は、周辺に自然環境が残り、野鳥たちにとっても過ごしやすい場所であると思います。今回は、11月17日の日曜日に訪問したところ、麗らかな好天気に恵まれて、この上ない観察日和となりました。
岸辺に携帯椅子を置いて、のんびりと水面を眺めていたところ、アシが生い茂った河口からオオバンが出てきました。
f0055184_20505519.jpg
このところ、川や池などの水辺を訪れると、オオバンをよく目にするようになりました。以前は、こんなにたくさんいたとは思えません。むしろ、同じ仲間のバンの方が多かったようにさえ思います。
f0055184_2051640.jpg
しばらく水面を泳ぎ回り、時折くちばしを水につける仕草は、餌となる水草でもとっているのでしょうか?それにしても、長閑なものです。こんな時間がずっと続いてくれたら....と、お願いしたくなります。
f0055184_20511141.jpg
岸辺に三脚を据えて、望遠レンズでオオバンの動きを追いかけていますが、ちょうど順光線で撮影できるシチュエーションでした。モニターで確認すると、上手く写っている様に見えてしまいますから、気を良くして....気が付けば、かなりの枚数を撮影してしまいました。
f0055184_2051161.jpg
ひとしきり水面を泳ぎ回ると、また河口に広がるアシ原の方向へ戻っていきました。オオバンにとっては、この辺りが一番落ち着ける場所なんだろうと思います。それにしても、良いお天気の一日でした。
[PR]
by coffeeto | 2013-12-06 06:00 | ツル目

川の中のヒクイナ@越谷

f0055184_18474412.jpg
越谷にヒクイナが出ているという情報を頂いていたのですが、直ぐに見に行くことはできませんでした。週末の土曜日は以前から登ってみたいと思っていた奥多摩の川苔山を極める予定にしていましたから、日曜日を待ちかねて、朝から足を運んでみることにしました。
午前8時過ぎには現地に到着していましたが、教えていただいたその場所には誰もいませんでしたから、一人で探すのは大変だなとかなり気持ちが落ち込んでいました。もしかしたら、もういなくなってしまったのかもしれません。それでも、ダメもとで探してみようと川沿いを歩いていると、直ぐに茂みの中をうごめくヒクイナを見つけることができました。
f0055184_18465315.jpg
この日、クイナの行動を観察していると、目立つところに出ないように護岸を覆う茂みを利用して、移動しながらエサ取りをしているようでした。
たまたま、茂みから出て全身を現してくれました。背面は灰褐色ですが、顔面から腹部にかけて紅褐色をしています。この赤い色がヒクイナの名前の由来になったものと思います。
f0055184_1847828.jpg
護岸の杭の陰に隠れて餌取りをしていましたが、この写真を見て驚いてしまったのは、長い舌を延ばして餌取りをしています。かなり速い動きでしたから、ブレた写真になってしまいましたが、ヒクイナはくちばしだけでなく、このように舌も上手に使って餌取りをしているようです。
f0055184_1847532.jpg
川岸に佇んで、ちょっとポーズを取ってくれたところです。
薄暗い護岸の部分から頭は明るい方向に出してくれましたから、紅色の虹彩がとてもよく分かる写真になりました。
f0055184_18472043.jpg
薄暗い護岸の茂みの部分を離れて、日当たりの良い川の中央部分に出てきてくれました。越谷市内を流れる川ですが、写真を見る限りそんなに汚れているわけでもないようです。
f0055184_18471758.jpg
ヒクイナは、図鑑では夏鳥とされていますが、ごく少数が越冬しているようです。雌雄同じということですから、識別することはできませんが、バンと同じツル目クイナ科に属する鳥になります。
f0055184_18473247.jpg
川の中央で水浴びを始めてくれました。同じ仲間のクイナの全長は29cmで、バンの全長は32cmです。このヒクイナの全長は23cmとされていますから、大きさ的にはかなり小さいことが分かります。
f0055184_18472860.jpg
水浴びの後、川の中の倒木の上に載って羽を乾かしているところです。クイナやバンと違って、脚まで赤いことが分かります。
同じ仲間のオオバンの足指は弁足ですが、このヒクイナは足指は真っ直ぐですから、バンと同じです。
[PR]
by coffeeto | 2013-03-20 21:39 | ツル目

アシ原のクイナ@葛飾

f0055184_2122138.jpg
野鳥写真を狙っている身としては、色々な鳥の出現情報は大変有難いものです。いつも情報をいただいている方から、「公園の池にいるキンクロハジロの群れの中にコスズガモが出ている。」という情報の提供がありましたから、週末を待ちかねて出掛けてきました。
お目当てのコスズガモはあっけなく撮影できたので、撮影を済ませて公園内を歩いて見ると、アシ原にクイナが出ていました。この個体は嘴の赤色が鮮やかではありませんから、冬羽の状態であると思われます。
f0055184_2122661.jpg
木道の上から、ほぼ順光の状態で撮影することができました。クイナは全長29cmの、ツル目クイナ科の野鳥です。雌雄同色とされていますが、夏羽と冬羽の識別も難しい鳥です。夏羽であれば、くちばしの赤色が鮮やかで、赤い部分が上くちばしまで広がっていますが、この個体はくちばしの赤色がくすんだ状態ですから冬羽であると思われます。
f0055184_2115036.jpg
この公園には、おそらく数個体のクイナが入っているものと思われます。こちらの個体は、逆光の状態で撮影していますから、ちょっと見にくい写真になってしまいましたが、くちばしの赤色の出方などから、上の写真の個体とは別個体であると思われます。
図鑑を見ると、クイナの仲間でこのように嘴に赤色が出るのは、沖縄のヤンバルクイナと、ここで観察できたクイナだけであるようです。まだ見ぬヤンバルクイナには、早く会いに行ってみたいと思っています。
f0055184_212498.jpg
クイナは大変警戒心の強い鳥で、人間が近づくとすぐに隠れてしまいますから、間近に観察できることは少ないのですが、この個体はアシ原の木道の上から、すぐ近くに撮影することができました。
f0055184_21210100.jpg
顔面には青灰色の羽があり、黒い過眼線があります。夏羽ではこの青灰色がより鮮やかに見えるとのことですが、この個体は冬羽であることと、逆光の陰に当たることから、かなりくすんで見えます。
f0055184_2121558.jpg
顔面だけ正面を向いてくれました。思っていた以上にふっくりした顔つきで、警戒心の強い鳥に似合わない、ひょうきんささえ感じられる顔つきであると思いました。
[PR]
by coffeeto | 2013-02-21 22:00 | ツル目

川面のオオバン

f0055184_2017356.jpg
冷たい北風が吹きつける川面をオオバンが3羽で泳ぎ回っていました。全身が黒色ですが、くちばしと前額部が白く虹彩が赤い、とても特徴のある容姿をしています。
f0055184_20172657.jpg
白いくちばしは僅かに淡紅色味があり、背面には青灰色味があります。また、胸から脇腹にかけてはわずかに褐色味も感じられます。オオバンは、全長39cmのクイナ科の鳥になります。
f0055184_20171831.jpg
頭部を前面から撮影することができました。くちばしと前額部は白いですが、くちばしには淡紅色味があります。前額部は長円形で、くちばしとの間にくびれがあることが分かります。
f0055184_20174462.jpg
オオバンは雌雄同色ですからこの2個体の性別は知る由もありません。
だから、外見からこの2羽が番(つがい)のペアであるかどうかの判定もできません。
f0055184_20175814.jpg
水面を泳ぎ回っているところですが、脚に注目してください。水中にありますからよく分かりませんが、指先には水かきがあり弁足と呼ばれています。また、鉛色に染まった黄緑色をしていますが、これが冬羽の特徴で、夏羽の時期には鉛色味のない黄緑色をしています。
[PR]
by coffeeto | 2012-01-31 20:44 | ツル目

オオバンの群れ

f0055184_2215862.jpg
とても風の強い一日でした。小鳥を探しに出掛けてみたのですが、あまりの強風のため茂みに潜り込んで出てきません。強い風で波立つ水面には、たくさんのオオバンが群れを成していました。
f0055184_222368.jpg
オオバンは留鳥として、一年を通して観察できますが、このところ数を増やしているような気がします。同じクイナ科のバンより一回り大きい全長39cmの鳥です。全身黒色の羽で覆われていますが、全額からくちばしにかけて白いところが良く目立ちます。虹彩はバンと同じで赤いのですが、この写真ではあまりよく分かりません。
[PR]
by coffeeto | 2011-03-26 22:30 | ツル目

クイナもいました。

f0055184_2053232.jpg
ギンムクドリを観察していたその時、足元のアシ原の水辺にクイナが姿を見せてくれました。この個体は、顔面は青灰色であるものの、喉から胸にかけてはまだ褐色の羽が残っていることと、脇腹にある白黒の横斑に褐色味があることなどから、第1回冬羽であると思われます。
f0055184_20533754.jpg
アシ原の中からこのように辺りを窺いながら姿を見せてくれました。喉から胸にかけて、褐色味のある青灰色であるところから冬羽であることが分かります。関東地方では、1年を通して観察できると思います。
f0055184_20525825.jpg
アシの中から出てきた個体が、駆け足で水辺を移動していきました。その早いことといったらありません。この写真からも脇腹の白黒の横斑に褐色味があることが分かると思います。全長29cmで、バンと同じツル目の鳥になります。
[PR]
by coffeeto | 2011-02-27 21:15 | ツル目

草むらのクイナ

f0055184_2094399.jpg
寒い朝でしたが、足を運んだ公園の水辺の草むらで、蠢く鳥影を見つけました。見つけた時、すぐにクイナであることが分かりました。それも、ずいぶん近くで見つけることができましたので、私の方が焦ってしまいました。
f0055184_20113168.jpg
茂みの中から出てくるところです。関東地方では冬に見られることが多いと思いますが、梅雨時に近所の公園で観察したこともあります。
f0055184_20112562.jpg
クイナは、羽衣から雌雄の識別をすることはできません。顔面から胸、お腹にかけて青灰色であるところから、成鳥であると判断できます。
f0055184_20111528.jpg
図鑑を見るとクイナは全長29cmで、ツル目クイナ科の鳥になります。
下くちばしだけが赤いところが特徴ですが、同じクイナの仲間の中でくちばしが赤いのはヤンバルクイナとこのクイナだけです。
[PR]
by coffeeto | 2011-01-30 22:42 | ツル目

公園のバン

f0055184_23152590.jpg
公園の池で観察したバンです。ガマの茂みの中で、餌を探していました。バンは、植物食の鳥ですが、動物質のものを食べることもあるようです。
f0055184_23153343.jpg
全長は32cmのツル目の鳥です。くちばしは基部と額板が赤色で、先端は黄色です。頭部から胸にかけて黒褐色ですが、背面から初列風切にかけては茶褐色になっています。
[PR]
by coffeeto | 2010-04-17 23:26 | ツル目

水辺のクイナ

f0055184_2141372.jpg
枯れたガマの葉陰から頭を出しているクイナを見つけました。これは撮影のグッドチャンス。でも、ここで慌てて良いポジションに移動しようとすれば、警戒したクイナはすぐに草むらに潜り込んでしまうでしょう。枝かぶり状態ですが、ここはじっと我慢して動かず撮影を続けました。
f0055184_2141982.jpg
暫くじっとしていると、警戒を解いたクイナがやっと出てきてくれましたが、結構動きが早くて、カメラで追うのがやっとの状態でした。
雪交じりの小雨が降る悪コンディションでしたが、やや青味のある灰褐色の顔面と、下くちばしの赤色がよく目立ちました。
f0055184_2143896.jpg
クイナはバンやオオバンと同じツル目の鳥ですが、全長は29cmですからバンより一回り小さい体型で、水辺の忍者みたいです。
腹部から下尾筒にかけての白と黒褐色の横斑が、成鳥の特徴ですね。
f0055184_2144667.jpg
普段はクイナを見ることはあまりありませんが、体型は、ほっそりした印象が強くありました。でも、正面から顔を見ると、頬の部分がふっくらと膨らんだおむすび型で、愛嬌のある顔立ちをしていました。
[PR]
by coffeeto | 2010-02-14 21:51 | ツル目