タグ:カモ科 ( 91 ) タグの人気記事

港内のクロガモ@銚子

f0055184_18364095.jpg
先日、私の退職を前に職場のメンバーが、銀座のホテルで送別会を開いてくれました。仕事を共にしてきた面々ですから、思い出深いひと時を過ごすことが出来たのですが、その時、参加した皆様から退職記念のプレゼントを頂きました。自宅に帰ってから、その小さい箱を開けてみると、中に入っていたのはペリカン製の万年筆でした。黒い軸で、おまけにインクはカートリッジ式ではなく、昔懐かしい吸入式のものでした。....今までは、30年勤続の記念に頂いた、青い軸の万年筆を使っていましたが、これにはブルーブラックのカートリッジインクを入れて愛用しています。....今回は黒い軸ですから、早速、黒インクの小瓶を買って、書き味を試してみました。....スラスラと気持ちよく書けます....前のものよりも書き味がよくて、大変気に入りました。これから出す退職の挨拶状には、これで一言ずつお礼の言葉を書き添えたいと思います。
黒いインクの書き味にご満悦のコーヒー党ですが、先日足を運んだ漁港では、クロガモが間近にその姿を見せてくれました。
f0055184_18361015.jpg
クロガモの♂は、見てのとおり全身真っ黒な海ガモです。羽衣にはこれといった特徴を見出すことはできませんが、くちばしの付け根部分に黄色いコブ状のふくらみがあるのが、唯一の目立つポイントになります。
f0055184_18363363.jpg
クロガモは、冬鳥として沿岸付近で群れになって越冬する姿をよく見ますが、今回は漁港の中でたった1羽だけで浮かんでいました。....どこか傷めているようには見えないのですが....仲間からはぐれてしまったのでしょうか?
f0055184_18364513.jpg
冬の間、海岸線などから沖合に浮かぶ海ガモ達の群れを観察していると、十数羽の海ガモが一列になって、海面上を低く飛翔していく姿を見ることがあります。同じ海ガモの仲間のビロードキンクロは次列風切が白いですが、クロガモは全身が黒いですから、そこが確認できれば飛翔時でも識別が可能ですね。
f0055184_18362771.jpg
以前、九十九里浜で観察した逆光のクロガモを紹介したことがあります。その時は♂も♀も観察できたのですが、少し沖合で距離が遠く、おまけに逆光でしたから、綺麗に見える写真が撮れませんでした。でも、今回は漁港の中で割合近くから撮影できましたから、鮮明な写真が撮れました。
f0055184_18362076.jpg
今回漁港の中で見られたのは、クロガモの♂だけでしたが、♀は姿がまるで異なります。♀だけを見ると、ミコアイサの♀と同じような羽衣をしていますから、ウッカリできませんね...(^_^;;;
[PR]
by coffeeto | 2014-03-18 06:00 | カモ目

逆光のクロガモ@長生

f0055184_2054561.jpg
久々に風邪をひいてしまいました。仕事を一日休んで、ずっと寝込んでいました。近所の医院へ行って診てもらいましたが、ここは以前からよくかかっているところであるうえ、昨年の夏に入院することになった時も、最初に見てもらっていましたから、先生とも顔見知りになっていました。前日から喉がイガイガして少し痛みがあり、嫌な予感がしたのですが、朝起きてみると体がだるく、ガラガラ声になっていて、とても仕事ができるような状況ではありません。通院すると、先生は5種類もの薬を処方してくれました。少し大袈裟だなとも思いましたが、お陰で翌朝には症状が随分軽くなりました。
そんな訳で、このブログの記事の編集が2日間ほど滞ってしまいましたが、予約投稿を利用して2〜3日分を書き溜めていましたから、穴を開けずに済みました。....というわけで、1月の三連休初日に足を運んだ九十九里で観察した野鳥たちの紹介を続けますが、たくさんの海ガモの群れの中に、このクロガモも観察することができました。
f0055184_2055284.jpg
九十九里浜の海岸線は、東側に海が広がっていますから、午前中は逆光になって、撮影条件は良くありません。前に紹介したビロードキンクロは、突堤の北東方向にいましたから、先端まで行って撮影したら概ね順光で撮影できる位置取りができましたが、このクロガモは突堤の南側にばかりに出ていたので、どうしても逆光になってしまい、残念ながらこんな写真ばかりになってしまいました。
f0055184_2055996.jpg
全身真っ黒ですが、くちばし基部に膨らんだ黄色い部分が見えるこの個体が、クロガモの♂になります。全長48cmとされていますから、周囲にたくさんいたビロードキンクロより、一回り小さい体型となります。
f0055184_2054388.jpg
こちらはクロガモの♀のように見えますが、頬から首にかけては汚白色ではなく淡い黒褐色です。また、くちばしの基部には黄色い部分が認められます。....次の写真に写っている♀の個体とは明確に異なりますから、この個体は♂の若鳥(第1回冬羽)になることが分かります。
f0055184_20544698.jpg
こちらはクロガモが雌雄のペアで浮かんでいますからよく比較できます。奥の個体は全体が黒色で、くちばし基部だけが黄色ですから♂になります。手前の個体は、頬から喉にかけての部分が汚白色で、くちばしは全体が黒色であるところから♀であると分かります。
f0055184_20543786.jpg
九十九里浜の長生村の海岸では、たくさんの海ガモたちが浮かんでいましたが、一番多かったのはビロードキンクロで、突堤の先端からから見るクロガモの群れは、それよりずっと少なくて10数羽前後であったと思います。
[PR]
by coffeeto | 2014-01-24 06:00 | カモ目

九十九里のビロードキンクロ@長生

f0055184_16574870.jpg
平成26年の最初の三連休は、成人の日の祝日が重なった1月11日(土)~13日(月)になりました。またどこかへ遠出しようと思案を巡らせていたのですが、野鳥写真の知り合いから、九十九里浜にアラナミキンクロが出ているとの情報を頂きました。ビロキンやクロガモアビなどもいるとのことです。そういえば、海ガモの写真は殆ど撮ったことがありませんでしたから、気持ちは既に九十九里浜へ飛んでいました。
3連休の初日を待ちわびて、すぐに足を運びましたが、期待に違わず、現地に着くとたくさんの海ガモ達の群れが待っていてくれました。とても良いお天気にも恵まれて、割合近いところに浮かんでいたビロードキンクロ♂の写真を撮影することができました。
f0055184_16575836.jpg
こちらは、顔面から頬にかけて白斑が広がっています。もしやこれがアラナミキンクロか?と、少し色めき立ちましたが、後頸に白斑がないことと、次列風切が白いところから、これはビロードキンクロの♀になります。ちょっと距離がありましたから、撮影した写真をかなりトリミングをしています。でも、これだけ写っていれば、私的には大変満足できる写真です。
f0055184_16574380.jpg
現地に着いた朝のうちは、水平線に昇った太陽の位置が低く、逆光で大変撮影しずらい状況でした。海に飛び出している突堤の一番先端まで行って、できるだけ順光で撮影しようと試みましたが、カモ類の群れの位置が刻々と変わるので、なかなか難しい状況でした。沖合に10数羽単位で浮かんでいた、ビロードキンクロの群れです。
f0055184_16575327.jpg
中央奥の個体が、頸を伸ばしてくちばしを上空に突き出すような仕草をしました。ビロードキンクロは、時々このような動作をするのを見かけるのですが、これが何のためにやっている行動なのかはよく分りません。
f0055184_16573198.jpg
海面に浮かんでいた個体が、突然水しぶきを上げて、羽ばたきを始めました。立ち上がるような姿勢で、バタバタと力強く羽ばたくのですが、これも時折見かけるビロードキンクロの仕草の一つでした。撮影した写真を確認していたら、鼻孔が抜けているように見えるところまで写っていました。
f0055184_16572570.jpg
翼を広げてくれたとで、白色の次列風切が、ハッキリと確認できる状態で写ってくれました。翼をたたんだ時は、この部分が体側に白帯となって見えることになります。アラナミキンクロの次列風切は黒色ですから、これが確認できれば間違いなく識別できます。
f0055184_16573864.jpg
手前にいるのがビロードキンクロの成鳥♂で、奥にいるのは♀の若い個体であると思います。♂の個体は眼の下にある、ナイキのロゴマークのような三日月斑が特徴的です。また、図鑑によれば上嘴基部に黒いこぶがあると解説されていますが、この個体を見ると、殆ど角のような形に見えます。
f0055184_16571996.jpg
これは、いずれもビロードキンクロの成鳥♂の個体になります。体側にあるはずの白帯が見えませんが、目の下の白い三日月斑が特徴的です。この写真では分かりにくいですが、くちばしは赤色で、サイドに黄色い部分があります。
今回は、一番のお目当てであったアラナミキンクロを見ることができませんでした。大変残念でしたが、普段あまり観察することができない海ガモなどを観察することができ、それなりに収穫がありました。
[PR]
by coffeeto | 2014-01-21 06:00 | カモ目

間近に観察したヨシガモ@大田原

f0055184_19194551.jpg
前回は、大田原で観察したオオハクチョウを紹介したのですが、このヨシガモも、あしだち(足立・自然にふれあう会)のメンバーと一緒に出掛けた大田原の最初の訪問地で観察したものです。たくさんいたカルガモやオナガガモ、キンクロハジロ、ホシハジロの群れの中で、♂が1羽だけいましたから、とてもよく目立つ存在でした。
f0055184_19193454.jpg
後頭部の緑色の羽が長く伸びていますから、くちばしの形状と相まって、ナポレオンハットを被っているようにたとえられます。
それから長く伸びた三列風切羽が、腰から尾羽を覆うようにしなだれているところもヨシガモの特徴です。
f0055184_19194313.jpg
たくさん群れているカモの群れの中で、このヨシガモの風貌は何とも言えません。同じカモの中でも、貴族の様に気高い品格を現しているように感じました。
f0055184_19192164.jpg
たまたま、餌付けのために白菜などの野菜くずを撒いていました。このヨシガモは、そんな餌に飛びついて採餌しているところです。
f0055184_19192467.jpg
眼から後頭部にかけて光沢のある緑色の羽がとてもよく目立ちます。それから、くちばしの付け根の鼻に当たる部分に、白くて小さい白斑があるところも特徴です。胸の部分の鱗状の羽がシックですね。
f0055184_19193388.jpg
たまたま飛来してくれたオオハクチョウとのツーショットになりました。
ヨシガモの全長は48cmとされていますが、オオハクチョウの全長は140cmですから、その大きさの違いがよく分かります。
[PR]
by coffeeto | 2013-03-02 19:46 | カモ目

越冬中のオオハクチョウ@大田原

f0055184_21141555.jpg
あしだち(足立・自然にふれあう会)のメンバーをお誘いして、栃木県下へ自然観察に出掛けました。この日、関東地方では冬晴れの冷え込む一日でしたが、福島県から青森県に至る北日本は大雪のようでした。
最初の目的地であったこの大田原の地は、晴れていたのですが那須連山には雪雲が掛り、晴天域と大雪のちょうど境界線といった風情でした。
白鳥の飛来地として知られている羽田沼(はんだぬま)に到着したものの、カモ類がたくさんいたのにハクチョウは一羽もいません。ちょっとガッカリしながら観察を始めようとしたところ、とても親切な地元の人が、ハクチョウがたくさんいる場所があると、わざわざ車で案内してくれました。
f0055184_21142545.jpg
羽田沼は、国指定の天然記念物であるミヤコタナゴの生息地になるようですが、ここでハクチョウの餌付けをすることによって、池の水質が悪化して、ミヤコタナゴの生息環境が失われてしまう危惧があったようです。そのため、池での餌付けをやめて、近くの休耕田に水を張って、ここで餌付けを始めたとのことです。
ここには、たくさんのハクチョウとオナガガモが羽を休めていましたが、全てオオハクチョウでした。
f0055184_21142030.jpg
休耕田で餌付けしてくれたお陰で、私たちはとても間近からオオハクチョウを観察することができました。水面すれすれの位置から撮影することができましたから、今までにないアングルの写真を撮影することができました。
f0055184_21143255.jpg
時折、羽ばたきをする姿を観察することができましたが、全長140cmで翼開長は250cmもあります。体重は12キロもある大型の水どりですから、羽ばたきもとても迫力があります。
f0055184_21143845.jpg
体全体が暗褐色の羽衣をしているオオハクチョウがいます。昨年生まれたばかりの第1回冬羽の個体です。ハクチョウは、ファミリーの絆が強く、生まれた子供たちは翌年の繁殖期まで親とともに過ごすということですから、この3羽の若い個体は兄弟であるのかも知れませんね。
f0055184_21144273.jpg
大きく翼を広げながら飛翔してくれました。こんな大きな体で、海を越えて大陸から渡ってくるのですから、かなりの体力を消費するものと思われます。
f0055184_21144860.jpg
たくさんのオナガガモとともに優雅に泳ぐオオハクチョウですが、撮影した写真を拡大して確認していたところ、虹彩に暗赤色をしたものと暗緑色をしたものがいることが分かりました。その違いは単なる個体差であるのか、年齢による変異であるのか私にはよく分かりません。
f0055184_21145371.jpg
オオハクチョウの一番の特徴は、くちばし基部の黄色い部分が大きく前にせり出しているところです。コハクチョウの黄色い部分は、前にせり出すことはありませんから、ここが識別のポイントになります。
f0055184_21145847.jpg
飛翔して来たオオハクチョウが、これから着水体制をとろうとして、脚を下ろし始めたところです。
f0055184_2115292.jpg
ハクチョウの仲間は、オスとメスを識別することはできません。オオハクチョウの首は、コハクチョウに比べるとより細長いですから、水に浮かんだ姿を見ると、とても優雅な感じがします。
[PR]
by coffeeto | 2013-03-01 22:00 | カモ目

公園のコスズガモ@葛飾

f0055184_2172170.jpg
野鳥写真をやっている知り合いから、コスズガモの情報を頂きました。
何年か前に、上野動物園の中にある池に飛来した時、見に行ったことがありましたが、それ以来の再会となりました。
f0055184_2164045.jpg
正面から見ると、頬の部分が膨らんで、ゴリラ顔をしていますが、これがコスズガモの特徴です。くちばしの先のはし爪と呼ばれている部分が、ピンポイントで黒くなっていますが、ここも識別ポイントになると思います。
f0055184_2171779.jpg
頭部は黒いですが、紫色の光沢があります。虹彩は黄色で、くちばしは灰色をしてます。全長は43cmとされていました。
f0055184_2172794.jpg
元気良く羽ばたいてくれましたが、風切羽の裏側は白っぽい色合いをしていることが分かります。頭部から胸部にかけて黒っぽい羽で覆われていますが、お腹から下尾筒にかけては、白色の羽で覆われています。
f0055184_2173327.jpg
脇腹に褐色の羽が認められないところから、スズガモの成鳥冬羽であると思われます。背面は、白色と黒色の横斑が複雑に出ていますが、脇腹にオレンジ色の羽が出ていないところから、成鳥冬羽であると思いました。
f0055184_2165867.jpg
スズガモは、このような姿勢で寝ている時間が長かったのですが、寝ながら時々眼を開けてくれました。そんな眼を開けた瞬間が撮影チャンスになりました。
[PR]
by coffeeto | 2013-02-24 21:38 | カモ目

谷中湖のミコアイサ@渡良瀬

f0055184_2034887.jpg
あしだち(足立・自然にふれあう会)の1月の定例探鳥会が渡良瀬遊水地で開催されました。天気は良かったのですが、とても風が強い一日でしたから、野鳥の出が悪かったのですが、谷中湖に浮かぶ遥か彼方にいたカモ類の中にミコアイサを観察することができました。
f0055184_203374.jpg
湖畔の観察窓から撮影したものです。かなり距離があったので、トリミングしていますから、ちょっと見にくい写真になってしまいました。頭部が茶褐色のこの個体は、一見ミコアイサの♀であるように思えますが、前頭部に白い羽が認められるところから、第一回冬羽の♂の個体であると思われます。
f0055184_203205.jpg
赤茶色の頭部がひときわ目立つこちらの個体は、ミコアイサの成鳥♀の個体になります。
f0055184_2031514.jpg
これは、ミコアイサ成鳥♂の個体になります。眼の周りが黒色ですから、パンダガモと言われています。この写真でわかるように、冠羽は白色ですが、後頭部には黒色の羽があります。
f0055184_2032692.jpg
これは、ミコアイサ♀の群れです。
f0055184_2033174.jpg
ミコアイサの名前の由来となっている巫女さんのように、全身に白色の羽が認められるカモの仲間です。潜水して小魚や貝類を餌とする動物食ですから、この仲間は普通のカモ類とは異なるアイサという名前が付けられています。
f0055184_2034336.jpg
マガモの群れに交じって、ミコアイサの群れが観察できました。マガモは全長59cmとされていますが、ミコアイサの全長は42cmですから、マガモに比べて三分の二くらいの大きさです。
[PR]
by coffeeto | 2013-02-03 21:18 | カモ目

谷中湖のカワアイサ@渡良瀬

f0055184_20403092.jpg
あしだち(足立・自然にふれあう会)では、毎月定例探鳥会を開催しています。だれでも無料で参加できる探鳥会なのですが、平成25年1月は渡良瀬遊水地で開催されました。
この日は、お天気はとても良かったのですが、とても風の強い一日でした。そんな訳で猛禽類や小鳥類はあまり出てくれませんでしたが、遊水池の中にカワアイサを観察することができました。
f0055184_20405880.jpg
カワアイサはカモ科に属しますが、魚類を採餌するところが他のカモの仲間と異なります。北海道では留鳥とされていて、私は10年ほど前に阿寒湖で繁殖するカワアイサを観察したことがあります。
関東地方では冬鳥として渡来してきます。
f0055184_20405177.jpg
カワアイサの♂は、頭部と背面が緑色光沢のある黒色で、胸からお腹にかけては白色です。濃いピンク色の嘴がとてもよく目立ちます。
f0055184_2040891.jpg
この日の谷中湖は、たくさんのカモ達で賑わっていましたが、カワアイサもかなりの羽数を観察することができました。これは、たまたま3羽が同一画面上に入ってくれました。
f0055184_2041422.jpg
こちらは、カワアイサの♀の個体になります。嘴が濃いピンク色であるところは♂と同じですが、頭部から頸部にかけては茶色で、背面は灰褐色の羽で追われています。
f0055184_20402238.jpg
この日は、カモ類のたくさんの群れの中にカワアイサの一団を観察しました。この♀の個体は、後頭部から後頸にかけてボサボサの毛をたなびかせています。これがカワアイサ♀の特徴になります。
f0055184_2040361.jpg
♂と♀が一緒に泳いでいるところを撮影することができました。カワアイサは、全長65cmとされていますから、カモの仲間の中でもかなり大きい部類に属します。
f0055184_20411616.jpg
この写真は、♂と♀が一緒に写っていますから比較しやすいと思います。頭部から後頸にかけての羽の色合いと、背面の羽の色合いが明瞭に異なりますから、一目瞭然に識別することができます。
f0055184_20411096.jpg
カワアイサの♂のくちばしは濃いピンクい色ですが、先端が黒色であることが分かります。カモの仲間は冬の間、近くの公園の池など、どこでも見られる鳥ですが、カワアイサはの仲間はどこでも見られるわけではありませんから、いればとても注目を集める鳥になると思います。
[PR]
by coffeeto | 2013-02-02 21:34 | カモ目

湯川のカモ類@奥日光

f0055184_22391695.jpg
雪が降る前にと思い、12月の最初の週末に奥日光へ行ってきました。ここで沢山の鳥たちに出会うことが出来ましたが、湯川では思いもかけず、カワアイサの♀を観察することが出来ました。
f0055184_22392396.jpg
中禅寺湖では観察することがあります。広い場所にいるのは分かりますが、湯川のわうよな狭い場所で見るのは初めてでしたから、ちょっと驚きました。
カワアイサは全長65㎝のカモの仲間で、本州では冬鳥として観察できる鳥です。餌として、魚を獲るところが特徴です。
f0055184_22394064.jpg
湯川の常連として、このマガモを観察しました。日に映えて、緑色の頭部と黄色いくちばしがよく目立ちます。
f0055184_22394683.jpg
川岸では、マガモの♂と♀が並んで休憩していました。
f0055184_22395219.jpg
尾羽を逆立てるようにして、エサ取りをしていました。湯川では植物性の餌となるものが少ないでしょうから、生活するのも大変だと思います。
[PR]
by coffeeto | 2012-12-08 21:24 | カモ目

アメリカコガモ

f0055184_20514361.jpg
4月15日の日曜日に、谷津干潟であしだちの探鳥会が開催されました。渡り途中のシギチが少なくて、ちょっと残念な結果でしたが、淡水池でアメリカコガモを観察することができました。
f0055184_2052066.jpg
頭を突っ込んだままで、ずっと寝ていたのですが、やっと起き出して羽繕いをする様子を見せてくれました。この頃には、淡水池の観察舎は、大勢の人でごった返していました。
f0055184_2052965.jpg
アメリカコガモの特徴は、前胸部の白斑が垂直に出ているところです。
アメリカ大陸で繁殖するコガモの亜種ですが、時々我が国にも渡ってきます。この日は、淡水池でじっくり観察することができました。
[PR]
by coffeeto | 2012-04-16 21:21 | カモ目