タグ:ウグイス科 ( 31 ) タグの人気記事

アシ原のセッカ@茨城

f0055184_21332631.jpg
このところの週末は、天候に恵まれていますから、フィールドへ出ると、気持ちの良い自然観察を堪能してくることができます。前回は、奥日光で山の鳥をたくさん観察してきましたから、今度は平地でのんびり自然観察してこようと、茨城県下へ足を伸ばして、牧場周辺に広がるなだらかな山野を、日がな一日散策してみることにしました。
翌日の日曜日は、午前中の半日ほど涸沼周辺に滞在してきましたが、ここでは水鳥を中心に猛禽類や葦原の鳥、草原の鳥なども、たくさん観察することができました。涸沼川が注ぎ込む河口周辺には、葦原が広がっていて、小鳥たちの活発に動き回る姿がよく見えます。
でも、その小鳥たちが葦原の上を飛んで舞い降りると、直ぐに姿が見えなくなってしまいます。写真に撮ることはもちろん、その種類を確認するのも大変です。たまたま、倒れた葦の上に留まったところを撮影することができました。
その姿を確認するとオオジュリンと思ったのですが、quesoさんからコメントをいただき、セッカであると訂正させていただきます。
f0055184_2133179.jpg
この葦原では、ほかにもカワラヒワやカシラダカ、アオジなどがたくさん観察できました。しかし、あれもこれもと追いかけていると、思い通りの写真が撮れなかったというのがよくあるパターンですから、今回は狙いを絞って撮影してみることにしました。これは後姿ですが、頭頂部に黒い縦斑が並んでいるのはセッカの特徴でした。
f0055184_2133861.jpg
前景に葦の葉が被っていますが、この個体は見やすい茎に暫く留まってくれましたから、ここで何枚か撮影することができました。背面には、やはり黒い縦斑が目立ちますが、その間には白い羽毛も見えています。
f0055184_2133136.jpg
前景がうるさいので、少し位置を変えて撮影してみました。そんなに離れていた訳ではありませんが、私が移動してもこの個体は飛ばずに、ずっと留まったままポーズをとってくれました。とてもエライ個体です。
f0055184_2133192.jpg
セッカは、図鑑によれば漂鳥または留鳥とされていますが、関東地方では一年を通して観察できるので留鳥になりますね。昆虫類やクモ類などを採餌しているとのことですが、非繁殖期は草むらやアシ原の中に生息しているようです。
[PR]
by coffeeto | 2013-11-30 06:00 | スズメ目

繁殖中のイイジマムシクイ@八丈島

f0055184_1953367.jpg
伊豆諸島へ出掛ける魅力は、本土では見ることができない、固有種の野鳥が観察できることと、往復の航路で海鳥が観察できるところにあります。一番手頃だったのは三宅島でしたが、先年の噴火で状況が変わり、八丈島に目が向くようになりました。三宅島から八丈島の間の航路でも、面白いのが色々と出てくれますから、楽しみも膨らみます。
でも、今回は航路の海鳥はそこそこで、島の野鳥にたくさんの収穫がありました。これはその一つ、イイジマムシクイです。
f0055184_19534136.jpg
八丈島は今回で5回目になりますが、イイジマムシクイを撮影したのは、今回が初めてです。それどころか、姿をしっかり確認したことも今まで無かったように思います......今までは、単にポイントを外していただけだったのかも知れませんが.......。
さて、島に着いてからレンタカーを借り、直ぐに林道を駆け上がりました。そこで、今まで聞き慣れない野鳥の声がすることに気が付きました。でも、それが何かはサッパリ分かりません。何回も首を傾げながら聞いていましたが、その正体がイイジマムシクイであることが判明し、胸の仕えが取れた気分です。
f0055184_19535064.jpg
イイジマムシクイは、伊豆諸島だけで繁殖するウグイスの仲間の野鳥です。全長12cmということですから、かなり小さめの体形です。この時は、青い虫を咥えて枝先に飛来してくれました。
f0055184_19535619.jpg
営巣中の巣が近くにあるのでしょう。青い虫を咥えたまま、チョンチョンと梢を飛び移り、なかなか巣の方向へ向かいません。雛に餌を与える前に、周囲の警戒に怠りはないようです。
f0055184_1954252.jpg
イイジマムシクイは、繁殖期には採餌のため、頻繁に林縁などに姿を見せてくれますが、子育てが終わると、ほとんど姿を見せなくなるようです。今回は、たまたま営巣中の巣が近くにあったようで、何回も姿を現せてくれました。ラッキーであったと思いますが、写真に撮りたいと思ったら、繁殖期のこの時期が一番撮りやすい、適期ではないかと思います。
f0055184_1954962.jpg
さて、この写真ですが撮影していた自分でも驚きました。何と、イイジマムシクイの幼鳥が、林道に舞い降りてくれたのです。
初めは、木の葉が落ちたのだろうと思ったのですが、双眼鏡で確認したら鳥じゃぁないですか‼ 慌ててレンズを向けて撮影したのがこの写真です。
f0055184_19541435.jpg
この幼鳥が大きな口を開けて鳴き始めました。親鳥を呼んでいるようです。きっと、お腹を空かせて餌を待ち続けていたのに、親鳥がなかなか運んで来てくれないので、自分から親を探して飛び出して来たようです。
f0055184_19541912.jpg
やがて、親鳥の姿を見つけたのでしょう。小さい翼を一杯に羽ばたいて、親鳥の方向へ向けて飛び上がりました。
見ていて微笑ましい、食欲旺盛なやんちゃ君でした。
[PR]
by coffeeto | 2013-08-19 18:00 | スズメ目

一瞬のウグイス@さいたま

f0055184_2057168.jpg
この日は、キクイタダキの写真を撮りたくて公園に足を運んでいました。群れの出現を待っていたところ、茂みの中に思いもかけずウグイスが飛び込んできてくれました。反射的にカメラを向けてシャッターを押したのですが、4コマ撮影したところで飛び去ってしまいました。
瞬間的な出来事でしたが、運よくオートフォーカスが利いてくれましたから、何とかピントの合った写真が撮影できました。
f0055184_20571879.jpg
ウグイスは、繁殖期を中心に山へ行くと、あの見事なほどの「ホーホケキョ」という美しいさえずりを聞かせてくれます。でも、冬の今の時期は里に降りて茂みの中で越冬していますから、ほとんど姿を見ることがありません。時たま「チャチャ、チャチャ」と笹鳴きと呼ばれる地鳴きの声を聞かせてくれますから、その存在が分かる程度です。
f0055184_20572983.jpg
背面は一様に褐色で、これといった特徴はありません。雌雄同色ですが体の大きさが異なり、♂は♀より一回り大きいですから、♂と♀が一緒にいる時には雌雄の識別は容易にできます。でも、単独で出た時には全く識別不能ですね。
f0055184_20573182.jpg
この個体は、過眼線が割合濃く出ていることが分かりますが、残念ながらこれをもって♂か♀かの判断はできません。その代り、一緒にいる時に比較すると、♂のくちばしは♀より長めであることが分かります。また、♀はちょっと脚が短めに見えます。(感覚的ですが....)
[PR]
by coffeeto | 2013-01-30 21:18 | スズメ目

落ち着きのないキクイタダキ@さいたま

f0055184_20383679.jpg
今年は冬鳥の当たり年といわれていますが、キクイタダキが出ているという情報を教えていただきました。そういえば、キクイタダキの写真を撮影したのは、富士山の奥庭で水浴びをするところくらいしかありません。
木々の間を飛び回る姿を撮影したいなと思い、この日は朝から足を運んでみたところ、念願かなって写真に収めることができました。木の幹に留まっていたこの個体は、頭部の黄色い冠羽の中に赤色の頭央線が認められますから、♂の個体であることが分かります。
f0055184_20382437.jpg
ここには、数個体のキクイタダキが群れを成して飛び回っていましたが、その動きの忙しないことと言ったらありません。三脚に300mmF2.8のレンズを載せて追いかけたのですが、まずファインダーの中に入れるのに一苦労してしまいました。ひと時たりともジッとしていませんから、ファインダーに入ったと思っても、次の瞬間には視界から消えてしまいます。
f0055184_20391130.jpg
ファインダーの中に、この小さなキクイタダキの姿を捉えて、シャッターボタンを半押ししてAFを効かせた瞬間に、もう姿は見えなくなっています。チョコチョコとせわしなく動き回る、何とも落ち着きのない鳥ですね。
暫くは、何枚もピンぼけ写真ばかりを撮り続けていました。この時ほど、AFの遅い動きにイラつきを覚えたことはありません。鳥がいない訳ではないのに、最近になくストレスを感じながらの撮影となってしまいました。
f0055184_20391173.jpg
キクイタダキの頭部は、前額部から後頭にかけて黄色い冠羽があり、その両側に黒線が認められます。この個体には、赤色の頭央線が認められないことから、♀の個体になると思われます。
f0055184_2039038.jpg
ピンぼけ写真を大量に作りながら撮影を続けているうちに、木の幹に留まっているところが撮影しやすいことが分かってきました。
そんなコツが掴めると、次第にピントの合った写真が何枚か撮れるようになりました。しかしそれにしても、もっとAFが早いカメラが欲しい!! この時ほど実感させられたことはありません。
f0055184_20385938.jpg
キクイタダキは、全長僅か10cmという日本で観察できる鳥の中では一番小さい鳥の部類に属します。ウグイス科に属する鳥ですが、オリーブ色味のある背面と、名前の由来となっている黄色い冠羽等の特徴は、他のウグイス科の鳥とは一線を画す鳥であると思います。
f0055184_20384797.jpg
木の幹に留まって、アクロバチックな動きを見せてくれました。風切羽に2本の白い翼帯が見られるところもキクイタダキの特徴です。
この個体も赤色の頭央線が認められますから、♂の個体であることが分かりますね。
[PR]
by coffeeto | 2013-01-24 21:33 | スズメ目

囀りを忘れたオオヨシキリ

f0055184_20515477.jpg
八丈島航路の撮影旅行から帰った翌日のことですが、この日はオオヨシゴイが出ているという情報を聞いて、ライファーですから撮影できるなら行くほかはないと足を運んでみました。
ところが、確認できたのはヨシゴイばかりで、オオヨシゴイには振られてしまいました。でも、オオヨシキリは撮影することが出来ました。
f0055184_205207.jpg
この時期、もうオオヨシキリは囀りをしません。あの、ギョギョシ、ギョギョシ、ギョギョシ、ケシ、ケシ、ケシとけたたましく鳴いていた、うるさいくらいの声が嘘みたいにひっそりとしていました。
f0055184_2052588.jpg
それでも、アシ原を根城として生息するオオヨシキリは、あちらこちらに姿を現せてくれましたから、ちょうど良い被写体となってくれました。
f0055184_20521666.jpg
アシ原を飛翔しているところも狙ってみましたが、ヨシゴイに比べて体が小さいですから、ピント合わせもままならず、こんな写真を撮るのが精一杯でした。
[PR]
by coffeeto | 2012-08-18 05:40

水場のキクイタダキ

f0055184_21283354.jpg
あしだちの7月の定例探鳥会となるバス利用の遠出探鳥会に参加して、富士山奥庭の水場で観察したキクイタダキです。
f0055184_2128939.jpg
頭頂部に黒褐色の2本の側線に挟まれて、黄色い頭央線があります。これがキクイタダキの名前の由来でもあります。
f0055184_21284685.jpg
冬の間は、低地に降りて越冬しますから、東京周辺でも観察できますが、繁殖期には高い山の針葉樹林帯で子育てに励んでいるようです。
f0055184_21282265.jpg
キクイタダキはウグイス科の小鳥で、全長10cmととても小さいのですが、その割に眼がクリクリとして大きく見えますから、とても可愛らしい表情です。
f0055184_21285968.jpg
この個体の頭央線は、黄色一色です。♂の個体は、この黄色い頭央線の中に赤色の羽が出ますから、この個体は♀になるのかなと思います。
[PR]
by coffeeto | 2012-07-19 21:43 | スズメ目

アシ原の定番オオヨシキリ

f0055184_1916526.jpg
良く晴れたこの日、印旛沼周辺へ足を運んだところ、沼の周辺に広がるアシ原に、たくさんのオオヨシキリを観察することが出来ました。
f0055184_19165471.jpg
オオヨシキリは、スズメより少し大きい全長18cmのウグイス科の鳥です。夏鳥として渡ってきて、各地のアシ原で繁殖する定番の鳥としてもよく知られています。
f0055184_19163082.jpg
草原の中から、ギョギョシ、ギョギョシ、ケシケシケシと鳴くやかましい声が聞こえてきましたから、オオヨシキリを見つけることはとても簡単です。
f0055184_19163972.jpg
大きく開けた口の中は、赤い色をしています。同じ仲間のコヨシキリの口の中は黄色です。また、セッカの口の中は黒色ですから、それぞれ特徴がありますね。
f0055184_1917391.jpg
アシ原の水辺に舞い降りたとたころです。このような場所にいることはあまりありませんから、こんなショットは新鮮な感じがします。
f0055184_1917989.jpg
獲物を見つけたところでしょうか、それともこれから飛び立とうとしているところでしょうか、グッと首を伸ばして長くなりました。
f0055184_19173272.jpg
暫く観察していると、枯れたアシの穂先に1羽のオオヨシキリが飛来しました。喉から胸、お腹は白色をしていることが分かります。
f0055184_19174191.jpg
間もなく、真っ赤な口を大きく開いて、ギョギョシ、ギョギョシ、ケシケシケシと、けたたましく鳴き始めてくれました。
[PR]
by coffeeto | 2012-07-02 19:52 | スズメ目

草原のセッカ

f0055184_20552043.jpg
この日は、草原の鳥を撮影したいと思い、印旛沼の周辺へ足を運びました。飛翔しながらヒッ、ヒッ、ヒッ、ヒッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッと鳴く声が響き渡っていました。
f0055184_20552923.jpg
アシの穂先に留まったセッカを見つけました。図鑑によれば全長13cmということですから、スズメより小さい体形をしています。肩羽と初列羽風切は黒褐色をしていますが、背面の褐色の羽が随分出ています。
f0055184_20555020.jpg
草原の草の先端に留まったところです。セッカは雌雄同色ということですから、この個体が♂か♀かは分かりませんが、この辺りでよく観察できることから、近くで巣作りをしているものと思います。
f0055184_20555764.jpg
胸からお腹にかけては白色で、眉斑も白いところが目立ちます。セッカは、留鳥として1年を通して観察することが出来るウグイス科の小鳥です。
f0055184_2058748.jpg
セッカを観察していた草原の上空を飛行機が飛びました。見上げてみると、何とたくさんのサギが、飛行機を追いかけるように群れを成して飛翔していました。
[PR]
by coffeeto | 2012-06-28 21:20 | スズメ目

アシ原のオオヨシキリ

f0055184_22354691.jpg
アシ原から、ギョギョシ、ギョギョシ、ケシケシケシとけたたましく鳴く声が聞こえてきました。声を聞いただけで、オオヨシキリであると分かります。
f0055184_22344364.jpg
オオヨシキリは夏鳥として渡ってくるウグイス科の小鳥で、全長は18cmですから、スズメより大きい体つきをしています。
f0055184_22344165.jpg
大きな口を開けて鳴いていますが、口の中が赤色をしているところがオオヨシキリの特徴です。同じ仲間のコヨシキリは、口の中が黄色です。
f0055184_22351082.jpg
観察している間中、場所を移動しながら、けたたましい声で鳴き続けていました。アシ原における、夏の風物詩ともいえる情景です。
[PR]
by coffeeto | 2012-06-13 22:51 | スズメ目

ウグイスも出てきました。

f0055184_2125739.jpg
山の中では、あちらこちらからホーホケキョと鳴く、ウグイスのさえずりが響き渡っていました。でも、なかなかその姿を見つけることが出来ないのがいつもの例ですが、今回は茂みから出てくれましたから、あっけなく撮影することができました。
f0055184_2133014.jpg
ウグイスは、オオルリ、コマドリとともに日本三鳴鳥の一つにあげられています。なるほど、鳴き声はとても明瞭で、法法華経と聞こえるなじみの深い響きに聞こえるところも、三鳴鳥にあげられている理由であると思います。
f0055184_2125110.jpg
ウグイスは雌雄同色ですが、♂は16cmで♀は14cmですから、一緒にいれば大きさで雌雄の識別をすることが可能です。
f0055184_2131697.jpg
背面は褐色で特に目立つ模様はありません。白い眉斑が目立つくらいでしょうか。ウグイスの仲間は、みんな同じような羽衣をしていますから、鳴き声でも聞かなければ識別はとても難しいと思います。
f0055184_2123262.jpg
ウグイスは図鑑によれば留鳥とされていますが、初夏には山で盛んに囀りながら繁殖しますが、冬の間は町中の植込みや公園の茂みで、ササ鳴きと呼ばれるチャチャ、チャチャという地鳴きの声を聞かせてくれます。だから、留鳥というより漂鳥という方が当たっているのではないかと、個人的には思っています。
[PR]
by coffeeto | 2012-05-23 21:36 | スズメ目