落ち葉を掻き分けるトラツグミ@真岡

f0055184_2152717.jpg
林の間を抜ける舗装道路を、望遠レンズを載せた三脚を担いで歩いていました。道のすぐ脇から続く斜面林には、落ち葉が厚く降り積もっています。....ガサガサッと落ち葉を掻き分ける音が聞こえてきました。
冬の期間中は、この音を聞くとツグミの仲間が餌探しをしていることが多いので、何時ものように足を止めて、音の方向に注目しました。すると、20mくらいのところに、落ち葉を掻き分けているトラツグミの姿が見つかりました。
他に野鳥カメラマンやバードウォッチャーはいませんでしたから、1人でたっぷり30分くらい撮影することができました。
f0055184_2152228.jpg
見つけた時は、20mくらいの距離がありましたが、私が動かずに撮影していたら、次第に接近してきて、最終的には10m以内に寄ってきてくれました。お陰で、近くからたくさんの写真を撮ることができました。
今回紹介する写真は、全てトリミングをしていない、撮ったままの写真をそのままアップしています。
f0055184_21515590.jpg
この写真は、トラツグミが10m以内に近寄ってきてくれたところで撮影したものです。すぐ脇の道路上でカメラを構えている、私の存在には気が付いているのでしょうか?全くの無警戒状態でした、
f0055184_21514868.jpg
トラツグミは、撮影したいと探し求めている時は、なかなか見つからないのですが、何の気なしに足を止めてみたら、すぐそこにいるのです。この道路は、時折、散歩の人やジョギングをする人が通りますが、このトラツグミは気にすることもなく、道のすぐ近くで落ち葉を掻き分けていました。
f0055184_21514273.jpg
斜面林の林床で餌探しをしていたトラツグミを、斜め上から見下ろす角度で撮影していますから、背景の落ち葉の斜面が具合よくボケてくれました。お陰で、トラツグミが浮き出しているように撮れました。
f0055184_21513687.jpg
このトラツグミを撮影した時の機材は、いつものように Olympus E-5と、300mmF2.8+EC14 の組み合わせですが、野鳥写真を撮影する時の、お決まりのパターンになっています。
f0055184_21512343.jpg
このトラツグミを見つけたのは、午後3時過ぎでした。その時は、まだ日も射していたので、このような夕陽の中のトラツグミとなりましたが、それから30分以上撮影を続けることができて、上の写真のように接近してきてくれたわけです。
f0055184_21512948.jpg
夕陽が射し込んでいる状況で、トラツグミがこちら向きに撮影できましたが、眼の色に注目すると、虹彩は暗色ですが、中央部が赤色であることが分かります。
f0055184_21511698.jpg
場所を移動するときの習性として、トラツグミは頭を少し下げた状態で、ツツツツ~~ッと移動していきます。他の鳥には見られない、トラツグミ独特の行動パターンですね。
[PR]
# by coffeeto | 2014-01-28 06:00 | スズメ目

ハンノキのベニマシコ@真岡

f0055184_21184297.jpg
山登りを始めてもう数年が経ちますが、気が付いてみればバックパック(リュックサック)の数が5つにもなってしまいました。一番小さいものは、デイパックと呼ばれる日帰りハイキング用、バードウォッチング用に以前から愛用していた25ℓのもの、山登り専用に購入した30ℓと山小屋連泊もできるように購入した45ℓのもの、そしてカメラや交換レンズを収納することができる構造になっている撮影用のバックパックという組み合わせです。出掛けるシチュエーションに合わせて、使用するバックパックを使い分けています。その中で、一番使用頻度が高いのはバードウォッチング用の25ℓのものですが、意外と使い勝手が悪いのはカメラの出し入れが面倒くさく、収納容量の少ない撮影専用のバックパックでした。今は、山に行くときには山用のバックパックと、ミラーレス一眼と交換レンズ3本を収納できるウエストバックを併用しています。
先日は、真岡へプチ遠征して、25ℓ+ウエストバックの組み合わせで歩き回ってきましたが、今回はそこで撮影した、ベニマシコを紹介します。
f0055184_21184767.jpg
通路脇の植え込みの中から、アオジが出てきて草むらで餌探しをしていました。3~4mくらいの位置から撮影することができたので、夢中になってファインダーを覗いていたところ、フィッフィッと鳴く声が聞こえてきて、近くのハンノキにベニマシコが飛来していることが分かりました。
f0055184_21185391.jpg
このベニマシコは顔面からお腹にかけて紅色味がありますから、♂の個体になることが分かります。ハンノキの枝先に留まって、その実を食べようとくちばしを近づけていきます。
f0055184_2119089.jpg
この写真をよく見ると、ハンノキの実の殻のような部分を、ひとかけら咥え取ったことが分かります。この部分がベニマシコの餌となるものだと思います。一番上の写真から、ここまでが一連の動作を連写したものになります。
f0055184_21183351.jpg
ベニマシコが、留まっていた枝先から飛び移り、他の実を突き始めました。この位置からは、顔がよく見えていませんが、胸からお腹にかけて、一様に淡い紅色であることが分かります。
f0055184_21191023.jpg
ここで観察したベニマシコは、2個体がいたと思いますが、枝先を忙しく飛び移りながら、間もなく2個体とも飛び去ってしまいました。わずかな時間でしたから、何枚かの写真が撮れただけです。もう少しじっくりと撮影したい対象でした。
[PR]
# by coffeeto | 2014-01-27 06:00 | スズメ目

林床のミヤマホオジロ@真岡

f0055184_2056665.jpg
このブログへ投稿する記事の書き込みは、特に決めている訳ではありませんが、昨年の12月22日から休むことなく毎日続いています。そのうちにネタ切れになって、投稿する写真も底を突いてしまうだろうと思っていました。ところが、1月18日に真岡市へ出掛けてみたところ、期待していた以上の野鳥が撮影できたので、このままで行けば1月中は連日投稿の記録を続けることができそうな気がして、少し欲が出てきました。
しかし、仕事関係や新年会などで忙殺されたり、先日は風邪で寝込んでしまったりと障害も多くあります。何とか頑張って、今月は毎日投稿の記録を達成してみたいと思います。....というわけで、今回は栃木県真岡市内へプチ遠征して撮影した、ミヤマホオジロの写真を紹介します。
f0055184_20553542.jpg
ここでは、ミヤマホオジロの数羽の群れを観察することができました。上の写真は、眉斑と喉の部分の黄色が綺麗な♂の個体ですが、この写真の個体は、全体に淡色で、♂の個体に見られるような綺麗な、黄色い羽毛が認められません。こちらはミヤマホオジロの♀の個体になります。
f0055184_20555958.jpg
この林床では、数羽のミヤマホオジロが地面に降りて、バラバラになって付近で餌獲りをしていました。日の当たっている部分と、日陰の部分が交錯していて、見難い写真になってしまいましたが、たまたま、3個体が一緒に写っている写真を撮影することができました。
f0055184_20551740.jpg
ミヤマホオジロの♂が、こちらを振り向いてくれました。烏帽子を被ったような冠羽と黒い顔面、黄色い喉、黒い胸、首周りは白色という彩ですが、どこか古の武士の姿を髣髴とさせるような印象もありますね。
f0055184_20554757.jpg
日向と日陰が交錯していましたから、露出補正が難しい状況でした。上手く撮影できませんが、何とかミヤマホオジロの♂の個体の、美しい眉斑と喉の部分の黄色い羽毛を再現できたと思います。顔面から続く黒色部分に、やや淡色の羽毛が認められますから、この個体は第1回冬羽になるものと思われます。
f0055184_20554133.jpg
こちらも♂の個体を、やや後ろから撮影したものです。烏帽子のような冠羽を立てていますから、その下に見える眉斑からの黄色い羽毛が、頭頂付近まで続いているのが分かります。
f0055184_20551059.jpg
こちらを向いた♂の個体が、ちょっと小首を傾げるようなポーズをとりました。「こんにちは!」と、思わず挨拶したくなるような仕草に見えます。
冬鳥として渡ってくる小鳥たちの中で、黄色い羽毛を持ったものは少ないですから、再会できて大歓迎ですよ。
f0055184_20544292.jpg
ミヤマホオジロの♀の個体です。全体に淡色で、♂の羽衣に比べるととても柔らかい印象です。
昨シーズン、那須へ遠征したときに、とてもたくさんのミヤマホオジロが群れている様子を観察して、写真もたくさん撮れましたから、とても満足できました。今回は真岡市内へのプチ遠征ですが、小群ながらも観察できて、写真も何枚か撮影できましたから、これはこれで嬉しい結果となりました。費用対効果を考えると、私的にはどちらも成果が上がって満足できる内容です。
[PR]
# by coffeeto | 2014-01-26 06:00 | スズメ目

ミミカイツブリとアカエリカイツブリ@長生

f0055184_19551461.jpg
海ガモたちがたくさん来ているという情報をいただき、足を運んできたのは1月11日のことでした。冬晴れの九十九里浜には、冷たい海風が吹き付ける、厳しい環境でしたが、浜辺からは沖合の波間に海ガモの群れをしっかり確認することができました。ビロードキンクロの群れの中にアラナミキンクロがいるとの話でしたから、是非観察したいと思ったのですが、残念ながら見つけることは出来ませんでした。
しかし、観察していた突堤の先端から、間近にカイツブリの仲間を観察することができました。ほんの2〜30mほど先のところで、ミミカイツブリがしきりに潜って魚を獲っていましたが、上手いものですね。しっかりと小魚を咥えて、浮かび上がったところを撮影することができました。
f0055184_1955314.jpg
ミミカイツブリは、同じカイツブリの仲間のハジロカイツブリとよく似ていて、頭部から背面にかけて黒褐色ですが、胸からお腹にかけては白色のツートンカラーです。羽衣で異なるところは、ハジロカイツブリの耳羽は褐色でくちばしは少し上に沿っていますが、ミミカイツブリの耳羽は黒褐色でくちばしは真っ直ぐです。どちらも虹彩が赤色であるところは同じですね。
f0055184_19552335.jpg
図鑑によれば、カイツブリの仲間の中でも、ミミカイツブリがいちばん胴長に見えるという解説がありました。ほかのカイツブリが横に並んでくれたら分かりやすいのですが、そう言われてみれば胴長に見えなくもありません。
f0055184_19553753.jpg
ここでも、ミミカイツブリが潜水漁を成功させたようです。見事に小魚を口に咥えて、水面に浮かび上がってきました。私がカメラを構えている間に、何回も魚を咥えてきたわけですから、その成功率はかなり高いものと思います。
f0055184_195557100.jpg
こちらは、少し沖合いに浮かんでいたアカエリカイツブリです。体長はミミカイツブリより二周りくらい大きく、くちばしが黄色くて長めであるところが特徴でしょうか。
f0055184_1956346.jpg
首を少し傾げていますが、体が大きいですから、こちらも胴長に見えてしまいます。正確にはメジャーを当てて計測しなければ分かりませんが、ミミカイツブリの胴長とどっこいどっこいではないでしょうか?
[PR]
# by coffeeto | 2014-01-25 06:00 | カイツブリ目

逆光のクロガモ@長生

f0055184_2054561.jpg
久々に風邪をひいてしまいました。仕事を一日休んで、ずっと寝込んでいました。近所の医院へ行って診てもらいましたが、ここは以前からよくかかっているところであるうえ、昨年の夏に入院することになった時も、最初に見てもらっていましたから、先生とも顔見知りになっていました。前日から喉がイガイガして少し痛みがあり、嫌な予感がしたのですが、朝起きてみると体がだるく、ガラガラ声になっていて、とても仕事ができるような状況ではありません。通院すると、先生は5種類もの薬を処方してくれました。少し大袈裟だなとも思いましたが、お陰で翌朝には症状が随分軽くなりました。
そんな訳で、このブログの記事の編集が2日間ほど滞ってしまいましたが、予約投稿を利用して2〜3日分を書き溜めていましたから、穴を開けずに済みました。....というわけで、1月の三連休初日に足を運んだ九十九里で観察した野鳥たちの紹介を続けますが、たくさんの海ガモの群れの中に、このクロガモも観察することができました。
f0055184_2055284.jpg
九十九里浜の海岸線は、東側に海が広がっていますから、午前中は逆光になって、撮影条件は良くありません。前に紹介したビロードキンクロは、突堤の北東方向にいましたから、先端まで行って撮影したら概ね順光で撮影できる位置取りができましたが、このクロガモは突堤の南側にばかりに出ていたので、どうしても逆光になってしまい、残念ながらこんな写真ばかりになってしまいました。
f0055184_2055996.jpg
全身真っ黒ですが、くちばし基部に膨らんだ黄色い部分が見えるこの個体が、クロガモの♂になります。全長48cmとされていますから、周囲にたくさんいたビロードキンクロより、一回り小さい体型となります。
f0055184_2054388.jpg
こちらはクロガモの♀のように見えますが、頬から首にかけては汚白色ではなく淡い黒褐色です。また、くちばしの基部には黄色い部分が認められます。....次の写真に写っている♀の個体とは明確に異なりますから、この個体は♂の若鳥(第1回冬羽)になることが分かります。
f0055184_20544698.jpg
こちらはクロガモが雌雄のペアで浮かんでいますからよく比較できます。奥の個体は全体が黒色で、くちばし基部だけが黄色ですから♂になります。手前の個体は、頬から喉にかけての部分が汚白色で、くちばしは全体が黒色であるところから♀であると分かります。
f0055184_20543786.jpg
九十九里浜の長生村の海岸では、たくさんの海ガモたちが浮かんでいましたが、一番多かったのはビロードキンクロで、突堤の先端からから見るクロガモの群れは、それよりずっと少なくて10数羽前後であったと思います。
[PR]
# by coffeeto | 2014-01-24 06:00 | カモ目

海岸のミサゴ@長生

f0055184_2203410.jpg
九十九里浜の浜辺から突堤が長く飛び出していました。この日は、その先端から沖合に浮かぶ、海ガモ達の写真撮影に夢中になっていました。かなり距離があるので、ピントの確認をしようとファインダーから目を離そうとしたとき、上空を飛ぶ割合大きめな鳥影が視野をかすめました。咄嗟にワシタカだと判断できましたから、そのままファインダー越しにあとを追うと、ミサゴの姿が飛び込んできました。そのままシャッターを押して撮影したのですが、画面の左上に寄ってしまいました。幸い見られる程度にピントが合っていましたから、何とかトリミングすることができました。
しかし、発見から撮影までほんの一瞬の出来事でしたから、とてもラッキーなワンショットでした。
f0055184_220574.jpg
その後、ミサゴは何度か姿を見せてくれましたが、いずれも少し離れたところを飛びましたから、カメラでピント合わせに苦労しながら撮影しました。ここからの写真は、ちょっとトリミングしてあります。
f0055184_2202738.jpg
この日、九十九里浜には、海ガモを観察しようというたくさんのバーダーや野鳥カメラマンが集まっていました。皆さん、沖合に見え隠れする海ガモを熱心に観察していましたが、意外に上空を飛翔するミサゴにはあまり感心がないようです。私が上空に向けてシャッターを切ると、気が付かれた方が何名か観察する程度でした。あまり興味がないのでしょうか?
f0055184_220082.jpg
ミサゴは魚を獲ってこれを餌としますから、タカの仲間の中では、ちょっと変わった習性を持っています。したがって、海岸や河川、湖沼などが生息域になりますが、海洋性のタカというイメージが強くあります。そのせいか、カモメやミズナギドリの仲間のように、体の大きさに比べて翼が少し長いという特徴があります。
f0055184_2221624.jpg
ミサゴの♂と♀を識別するのは、喉の部分にある褐色斑で判定します。♂の方が褐色の帯が細く、♀の方が幅広い傾向があるようです。そうするとこの個体は、褐色斑があまり太くありませんから、♂になると思います。
f0055184_2201156.jpg
ミサゴは、全長57cmということですから、ハシブトガラスとほぼ同じ体型です。でも、翼が長いですから、カラスより大きいように見えます。
[PR]
# by coffeeto | 2014-01-23 06:00 | タカ目

洋上のアビ@長生

f0055184_19405316.jpg
新年最初の三連休に足を運んだ九十九里浜は、とても冷たい風が吹き付ける厳しい環境でした。シーズン中であれば、サーファーの姿でいっぱいになる海岸なのでしょうが、さすがにこの日、サーフボードに乗っている人は、ほんの少ししか見かけません。そのせいか、沖合いにはたくさんの海ガモが、群れを作って波間に浮かんでいました。だいぶ距離がありましたが、久しぶりに見る海ガモたちでした。
野鳥写真の知り合いから情報をもらって、はるばる九十九里浜まで出かけてきたのは1月11日(土)のことでした。一番のお目当てはアラナミキンクロでしたが、当日はビロードキンクロばかりで、あとはクロガモとウミアイサが少しです。でも、半日滞在している間に、このアビが2度も近くに出てくれました。思いがけない収穫でした。
f0055184_19411236.jpg
このところ、山の小鳥たちの写真を撮るために、海へ足を運ぶことが少なくなってしまいました。ここに来なければ、海ガモはおろかこのアビにも会えなかったわけですから、今回の情報は久しぶりに海へ目を向けさせてくれる、貴重な情報になりました。それでなければ、この三連休はきっとまたスノーシューハイクで、雪原を歩き回っていたものと思います。
f0055184_19402194.jpg
このアビは、周囲にいる海ガモに比べると体が大きい上に、色も白っぽいですから、水面に浮かんでいるとよく目立ちました。ただ、周囲にはとても紛らわしい、アカエリカイツブリやミミカイツブリもよく出ていましたから、見分けるのも大変です。
f0055184_19403294.jpg
図鑑を確認すると、アビは冬鳥とされていますが、関東地方ではあまり観察する機会がありません。越冬中はあまり群れを作らず、単独行動をすることが多いようですから、余計に見つけ難い鳥になると思います。近年、その数が減少しているということです。アビの写真を撮影するのは初めてですから、今回撮影できたこの写真は、私的には貴重な記録になりました。
f0055184_1941362.jpg
背面に注目すると、暗灰色の地にたくさんの白斑があります。これがアビの冬羽の特徴で、同じ仲間のオオハムやシロエリオオハムにはこの白斑がありませんから、分かりやすい識別ポイントになります。
f0055184_1940424.jpg
九十九里浜の教えてもらったらポイントに着くと、海ガモたちは浜辺から数100mは沖合に浮かんでいました。私のOLYMPUS E-5 と300㎜F2.8 + EC14の組み合わせでは、とても歯が立ちそうもありません。ちょうど沖に向かって突堤が伸びていましたので、その一番先端から撮影しました。たまたま、近くにアビが出てくれましたが、それでも距離は100mくらいはあったと思います。あまり鮮明な写真は撮れませんでしたが、とても嬉しい発見でした。
[PR]
# by coffeeto | 2014-01-22 06:00 | アビ目

九十九里のビロードキンクロ@長生

f0055184_16574870.jpg
平成26年の最初の三連休は、成人の日の祝日が重なった1月11日(土)~13日(月)になりました。またどこかへ遠出しようと思案を巡らせていたのですが、野鳥写真の知り合いから、九十九里浜にアラナミキンクロが出ているとの情報を頂きました。ビロキンやクロガモアビなどもいるとのことです。そういえば、海ガモの写真は殆ど撮ったことがありませんでしたから、気持ちは既に九十九里浜へ飛んでいました。
3連休の初日を待ちわびて、すぐに足を運びましたが、期待に違わず、現地に着くとたくさんの海ガモ達の群れが待っていてくれました。とても良いお天気にも恵まれて、割合近いところに浮かんでいたビロードキンクロ♂の写真を撮影することができました。
f0055184_16575836.jpg
こちらは、顔面から頬にかけて白斑が広がっています。もしやこれがアラナミキンクロか?と、少し色めき立ちましたが、後頸に白斑がないことと、次列風切が白いところから、これはビロードキンクロの♀になります。ちょっと距離がありましたから、撮影した写真をかなりトリミングをしています。でも、これだけ写っていれば、私的には大変満足できる写真です。
f0055184_16574380.jpg
現地に着いた朝のうちは、水平線に昇った太陽の位置が低く、逆光で大変撮影しずらい状況でした。海に飛び出している突堤の一番先端まで行って、できるだけ順光で撮影しようと試みましたが、カモ類の群れの位置が刻々と変わるので、なかなか難しい状況でした。沖合に10数羽単位で浮かんでいた、ビロードキンクロの群れです。
f0055184_16575327.jpg
中央奥の個体が、頸を伸ばしてくちばしを上空に突き出すような仕草をしました。ビロードキンクロは、時々このような動作をするのを見かけるのですが、これが何のためにやっている行動なのかはよく分りません。
f0055184_16573198.jpg
海面に浮かんでいた個体が、突然水しぶきを上げて、羽ばたきを始めました。立ち上がるような姿勢で、バタバタと力強く羽ばたくのですが、これも時折見かけるビロードキンクロの仕草の一つでした。撮影した写真を確認していたら、鼻孔が抜けているように見えるところまで写っていました。
f0055184_16572570.jpg
翼を広げてくれたとで、白色の次列風切が、ハッキリと確認できる状態で写ってくれました。翼をたたんだ時は、この部分が体側に白帯となって見えることになります。アラナミキンクロの次列風切は黒色ですから、これが確認できれば間違いなく識別できます。
f0055184_16573864.jpg
手前にいるのがビロードキンクロの成鳥♂で、奥にいるのは♀の若い個体であると思います。♂の個体は眼の下にある、ナイキのロゴマークのような三日月斑が特徴的です。また、図鑑によれば上嘴基部に黒いこぶがあると解説されていますが、この個体を見ると、殆ど角のような形に見えます。
f0055184_16571996.jpg
これは、いずれもビロードキンクロの成鳥♂の個体になります。体側にあるはずの白帯が見えませんが、目の下の白い三日月斑が特徴的です。この写真では分かりにくいですが、くちばしは赤色で、サイドに黄色い部分があります。
今回は、一番のお目当てであったアラナミキンクロを見ることができませんでした。大変残念でしたが、普段あまり観察することができない海ガモなどを観察することができ、それなりに収穫がありました。
[PR]
# by coffeeto | 2014-01-21 06:00 | カモ目

アトリがたくさん@北杜

f0055184_22313715.jpg
年初に清里高原へ遊びに行って、撮影してきた野鳥写真の紹介が続いています。もう1月も下旬に入ってきましたが、清里高原のシリーズが長くなって、同じような写真ばかり紹介していては、見ているほうがウンザリしてしまうのではないかと心配しています。....今年は午年ですから、ウマの顔のように長くなってしまうのは、仕方がないのでしょうか?
今回の清里高原では、自分でも驚くほどたくさんの写真が撮れました。アトリについては、既に “高原のアトリ@北斗” で紹介させてもらいましたが、その後、写真を整理していたら、その他にもアトリの写真がたくさん出てきました。同じような写真になってしまいますが、そのまま埋もれさせてしまうのも勿体ないと思いますから、もう一度紹介させてもらうことにしました。
f0055184_22304136.jpg
群れで飛来したアトリが、枝先に留まっています。立ち木伝いに飛来しましたから、この群れに何羽くらいいたのかは把握できませんでした。でも、10羽前後くらいはいたのではないかと思います。たまたま、近くに2羽が並んでいました。
f0055184_2231347.jpg
上の写真ではアトリの♂が2羽で並んでいますが、これはその右側の個体だけをトリミングしたものです。雨覆はオレンジ色ですが、黒い翼の中ほどに、細くて白い翼帯があるのが分かります。
f0055184_22311926.jpg
頭部が暗灰色をしているこの個体は、アトリの♂になります。正面から撮影したものですから、白いお腹がよく目立ちます。くちばしは、基部が黄色で先端が黒いのですが、この個体は上のくちばしが全体的に黒っぽく見えます。
f0055184_22312635.jpg
喉から胸、そしてわき腹にかけてオレンジ色の羽が続いているのが分かります。お腹から下尾筒は白色ですね。このときは、夢中になって撮影してきましたが、写真を整理していて気が付いてみれば♂の個体ばかりでした。少しでも彩りの美しい個体ばかりに、目が行ってしまったようです。
f0055184_22313168.jpg
この写真を撮影したのは、美し森にある農場の周辺ですが、標高が1,500mくらいの場所になります。メインの道路は除雪されていましたが、少し脇に入ると積もった雪がアイスバーンのようになっていて、私の車は4WDのエクストレイルで、タイヤもオールシーズン対応になっていますが、それでも運転には慎重になって、ここまでゆっくりと車を走らせてきました。
[PR]
# by coffeeto | 2014-01-20 06:00 | スズメ目

高原のゴジュウカラ@北杜

f0055184_22483486.jpg
またまた、野鳥観察とは関係ない話ですが、先日、仕事関係の新年会に出席してきました。お酒を飲むことは嫌いではないですが、そんなに強い方ではないので、できるだけ好きなお酒を選んで飲みたいと思います。最近は、焼酎を好む人が多いのですが、私はウィスキーが好きで、この日もビールで乾杯の後は、ハイボールを飲んでいました。
自宅で飲むときは、まず350mlの缶ビールを開けて、その日のメニューに合わせて、日本酒にしたり、ワインにすることもありますが、ウィスキーを飲むのが通常のパターンになります。夏の間は、氷をたくさん入れて水割りに、冬の今の時期はホットウィスキーにするのが、毎日のお決まりのコースになっています。
でも、野鳥観察にはお酒を飲む時のような、お決まりのコースはありません。出来るだけ多くのフィールドへ足を運び、そこで出会った野鳥を、そのまま紹介していきたいと思っています。今回は、雪原を求めて足を運んだ、清里高原で出会ったゴジュウカラです。針葉樹の天辺に留まってくれました。
f0055184_22481694.jpg
ゴジュウカラは山の鳥ですから、東京近郊の平地で見ることはあまりありません。この鳥を観察できるのは、山に来ていることが実感できる環境にいる時ばかりです。
このところ、山歩きも好んで出掛けるようになり、山で野鳥観察をすることが増えましたから、私の観察記録の中では、最近特に観察回数が増えている鳥の一つになります。
f0055184_22482922.jpg
ゴジュウカラは、このように頭を下にして木肌を伝い、降りてくることができます。他の鳥には真似のできない、ゴジュウカラだけの特技になります。
f0055184_2248404.jpg
清里高原の美し森周辺を中心に歩いてきましたが、辺りは一面真っ白な雪に包まれています。そんな中で、餌を取れなくなった野鳥達のために、餌台を出しているところが何カ所かありますが、そこで待っていたら、野鳥たちの方から挨拶に来てくれました。
f0055184_2248323.jpg
ゴジュウカラの喉から胸にかけては白色ですが、お腹は淡い橙色をしています。この写真でその様子がよく分かると思います。北海道に棲息する亜種シロハラゴジュウカラは、この部分も白色であるようですが、私はまだ見たことがありません。
f0055184_22482360.jpg
柔らかく陽のあたる、シラカバ樹林帯の風景のように見えますが、とても厳しい自然環境の中にありました。このゴジュウカラをはじめ、多くの野鳥達が元気に春を迎えてくれることを祈ります。
[PR]
# by coffeeto | 2014-01-19 06:00 | スズメ目