<   2013年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

堰堤のシロカモメ@銚子

f0055184_2274726.jpg
漁港で越冬するカモメ達の様子を観察するため、銚子漁港へ行ってきました。コースどりの関係で、先に波崎の新港と海水浴場を見てきましたが、予想に反してカモメをはじめとする海鳥や、その他の野鳥も殆ど見られず、足取りも重く銚子漁港へ入ってきました。第一漁港の脇を通過しても、やはりカモメ類はあまり見られず、少ない状況でした。しかし、第一漁港の入口にある赤灯台から続く堰堤の上に、たくさんのカモメ達が並んでいました。....良かった、空振りは免れました。....ウミネコとセグロカモメが圧倒的に多くいましたが、その中にこのシロカモメを確認することができました。
この写真を撮影している時に、ちょうどワイバードのカモメを観察するバスツアーが到着しましたから、水路を挟んで、向こう側にはたくさんのカモメが、こちら側にはたくさんの人が並ぶ面白いシーンになりました。
f0055184_2272536.jpg
シロカモメは、セグロカモメと同じ大型カモメ類に分類されます。この写真の中央に写っているのがシロカモメで、その右にいるのがセグロカモメ、左にいるのがウミネコになります。
f0055184_2273145.jpg
カモメの仲間の識別をするうえで、背面の色合いが識別の大きなポイントになります。ウミネコの背面は黒色に近く、セグロカモメはそれより黒色味が淡くなりますが、シロカモメはさらに薄い色合いで、初列風切の裏面は完全に白色です。この個体は成鳥ですから背面は淡い青灰色ですが、体型は別として、カナダカモメもこれとよく似た色合いになります。
f0055184_2273734.jpg
銚子漁港で見られるシロカモメは、注意深く観察していると2亜種いることが分かります。この個体は体が大きめな亜種(L.hyperboreus)になります。もう一種類いる小さ目な亜種(L.barrovianus)は、今回見られませんでしたが初列風切が長く、よりアイスランドカモメに近い羽衣をしています。
f0055184_2271965.jpg
堰堤の上に羽を休めていたシロカモメです。光線の当たり具合と、カメラの露出調整の関係でかなり明るくて白っぽく写っていますが、色合いは上の写真の個体とほとんど同じです。
[PR]
by coffeeto | 2013-12-31 06:00 | チドリ目

堰堤のカモメ@銚子

f0055184_21514020.jpg
先日から、銚子漁港のカモメ達の様子を観察しに行きたいと思っていましたが、頭の中にカモメの姿が浮かんだら、もう足は銚子へ向けて動き始めていたという状況です。銚子漁港の陸側から水路を隔てて、堰堤の上にビッシリと並んでいるカモメ達の姿は壮観です。行けば必ず見られる鳥ですし、同じように見える種類でもいろいろな亜種が居たりと識別が面白くて、数年前までは冬の間、毎週足を運んでいたくらいカモメに狂っていました。そんな私にとって、銚子漁港ほど嬉しい環境はありません。
今回も、第一漁港の赤灯台から続く堰堤の上に、たくさんのカモメ達が並んでいました。セグロカモメ、オオセグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメなどが押し合うように並んでいる中に、少数のただのカモメが見つかりました。頭部の褐色斑が、ウミネコはベッタリした感じですが、カモメはこのようにざっくりした斑になっています。
f0055184_21513377.jpg
カモメ類は体の大きさで大まかに分けると、セグロカモメやシロカモメなどの大型カモメと、ユリカモメやミツユビカモメなどの小型カモメに分かれますが、カモメはウミネコとともに中型カモメの仲間に属します。
その中でカモメはそんなに個体数は多くありませんが、ここでは数亜種を確認することができます。この写真の個体は成鳥ですが、くちばしががっしりしていて、体が大きく普通に見られる亜種( L.C.kamtschatschatschensis )になります。
f0055184_21512772.jpg
この個体は、上の写真の個体に比べると、頭が小さくて、くちばしがとても可愛い小型の亜種(L.brachyrhynchus )になります。この個体は、くちばしの先端に黒い斑が残っていることと、脚が完全に黄色ではない緑灰色をしているところから、第3回冬羽になると思います。
f0055184_21511435.jpg
ウミネコの群れの中に、カモメが1羽だけ混じっていました。体はほぼ同じぐらいの大きさですが、背面の色はウミネコはより黒色に近く、カモメはそれよりやや薄いことが分かります。脚の色はどちらも黄色です。
f0055184_21512194.jpg
ウミネコのくちばしには赤色と黒色の明瞭な斑がありますが、カモメのくちばしは全体が黄色で、....亜種の違いや若鳥など、黒い斑が残る個体もいますが....ウミネコのくちばしとは明らかに異なります。また、ウミネコの尾羽には幅の広い黒帯がありますが、カモメの尾羽は白一色です。
f0055184_2151313.jpg
この個体も、体の小さい方の亜種(L.brachyrhynchus )ですが、肩羽に青灰色の羽が出ているところと脚が黄色くないところから、第1回冬羽になると思います。
f0055184_21505451.jpg
頭は丸いドーム型で、小さいくちばしという小型亜種の外形的な特徴がよく分かります。見かけ上はとても可愛いカモメです。成鳥になってもこの外形的な特徴は変わりません。カモメの亜種の中では、私の好みのタイプになります。
[PR]
by coffeeto | 2013-12-30 06:00 | チドリ目

海岸のカワラヒワ@神栖

f0055184_20534097.jpg
この日は、カモメ類を観察するために銚子漁港を目指していたのですが、その前に波崎新港に立ち寄ってみました。しかし、前回紹介したとおり港内に鳥の姿は少なく、ガッカリしました。早めに銚子漁港へ移動しようと思いましたが、その前に波崎海水浴場を見てこようと、ちょっと立ち寄ってみました。でも、広い砂浜にはゴミがたくさん打ち上げられているうえ、カモメ類の小さい群れが降りているだけでしたから、さらにガッカリしてしまいました。
それでも、浜辺を飛び回る小鳥の群れが目に付きました。双眼鏡で覗いてみると、カワラヒワが群れで飛び交っているのが分かりました。野鳥写真としては、背景が汚くて絵になりませんが、どんな行動をとっているのか、記録写真のつもりで撮影してきました。ちょうど群れで飛び上がってくれましたから、タイミングよく羽を開いた状態で写り込んでくれました。お陰で、黄色い翼帯が綺麗に見えます。
f0055184_20534952.jpg
この砂浜のカワラヒワは、20羽くらいの群れで行動していました。ちょっと距離があったので、少し近づこうと思いました。でも、群れは一定の距離を保つように、パッと向こう側へ飛びのきます。いたちごっこのようですが、隠れる場所もないので、とても撮影しにくい状況でした。
f0055184_20525973.jpg
カワラヒワ達は、たくさん打ち上げられているゴミの中を歩き回り、どうやらここで餌探しをしているようです。でも、こんな草も生えていない場所に、どんな餌があるというのでしょうか?
f0055184_20531183.jpg
たくさんの群れでこのゴミの山の中を歩き回っています。私が足元を見ても、とてもカワラヒワの餌となるようなものを見つけることはできませんが、きっと彼らは効率よく餌が拾えているものと思います。
f0055184_20533025.jpg
中央に写っている2個体が、何か餌となっているものを見つけたようで、くちばしに咥えています。何かの木の実か草の種子のようなものに見えますが、近づいてアップで撮影することができません。この位置からの撮影が精一杯でしたから、これ以上の確認はできませんでした。
[PR]
by coffeeto | 2013-12-29 06:00 | スズメ目

ハジロカイツブリ@神栖

f0055184_208291.jpg
毎年、冬のシーズン中に何回かは銚子漁港へ足を運んで、カモメ類を観察するのを習わしにしていましたが、気が付いてみると今シーズンは、まだ一度も行っていないことに思い至りました。もう、カモメ達はたくさん渡来して、あの堰堤の上にびっしりと並んでいることでしょう。そんなカモメ達の姿を思い浮かべたら、堪らなく行って見たくなりました。....というわけで、早速出掛けてきました。
我が家から銚子までのコースは、高速道路を利用しても、利根川沿いの一般道を走っても、2時間半ほどかかります。ならば、料金の掛からない利根川沿いの道をということで、いつもこのルートを使っています。コースどりの関係で、波崎側から入ることになるので、まず始めに波崎新港の様子を見ることにしました。
f0055184_208419.jpg
新港の水揚げ場は、ひっそりとして人影もまばらです。大津波で痛んだ岸壁の工事で、港の先端の岸壁の方へは入れませんが、その先に釣り人の姿が何人か見えました。今日は、港へ入港する漁船もないようですから、きっとお休みなんでしょう。水揚げのない港内は閑散として、カモメの姿もありません。繋留された船も少なく、広く水面が開けた港内に4羽のハジロカイツブリが浮かんでいました。
f0055184_2081822.jpg
とても良いお天気ですが、風が冷たいです。でも、ハジロカイツブリ達は、水に潜って餌取りをしながら、仲良く統率の取れた行動をしていました。
f0055184_2082355.jpg
ハジロカイツブリの羽衣は、今は冬羽ですから頭部から背面にかけては黒褐色で、喉から腹部にかけては白色のツートンカラーをしています。夏羽では、頬から喉の部分も黒くなり、耳羽の部分に金色の美しい飾り羽が出ますから、見違えるように綺麗に見えます。
f0055184_2081143.jpg
ツートンカラーの羽衣ですが、眼が赤いですから、これがワンポイントのアクセントになっています。同じ仲間のミミカイツブリはよく似ていますが、くちばしがハジロカイツブリのように反っていないことと、頬の白色の部分が眼のラインより上に盛り上がっていないところなどが異なります。
f0055184_2083565.jpg
閑散として鳥の少ない波崎新港でしたが、このハジロカイツブリだけが元気に泳ぎ回っていました。私の方はちょっと肩を落としつつ、波崎海水浴場の砂浜を確認してから、早々に銚子漁港へ向かうことにしました。
[PR]
by coffeeto | 2013-12-28 06:00 | カイツブリ目

シジュウカラとヒヨドリ@前橋

f0055184_1649890.jpg
上州のからっ風が吹いて寒い一日でしたが、お日様はポカポカとした陽射しを投げ掛けて、暖かさを運んできてくれました。この日足を運んだのは、前橋市にある嶺公園でした。ここは、霊園として造営された公園ですが、自然のままの姿が残っていて、野鳥たちにも格好の生活環境を作り出しているようです。
前回まで、ここで観察することができた色々な野鳥を紹介してきましたが、最後にシジュウカラとヒヨドリを紹介して、嶺公園のシリーズを終わりにしたいと思います。
f0055184_1650835.jpg
ヒヨドリは、どこにいてもあの大きな声でピーヨ、ピーヨとけたたましく鳴いてくれますから、すぐにその居場所が分かります。また、鳴いていなくても、あの大きめな体型で独特の波状飛行を見せてくれますから、一目でヒヨドリと分かる大変に識別が楽な鳥です。
f0055184_165027.jpg
先程まで、ジョウビタキと追い掛けっこをしていたヒヨドリが、木の枝に留まりました。ジョウビタキは、冬の間は縄張りを持って生活しますが、ヒヨドリが縄張りを持っているという話は聞いたことがありません。でも、このヒヨドリは、明らかにジョウビタキを追い払おうとしていました。
f0055184_1649355.jpg
シジュウカラも、ここでは何個体か見ることが出来ました。でも、都内や近郊の公園に比べると、他の野鳥より出現比率は低かったように思います。ここでは、カラの混群を見ることもありましたが、シジュウカラだけの群れを見る方が多かった気がしています。
f0055184_16492248.jpg
陽当たりの良い枝先に飛来して、間近に留まってくれました。シジュウカラは、胸からお腹にかけてネクタイのような黒帯があります。♂の黒帯は、♀の黒帯より太いのが普通ですから、複数個体がいて比較できれば、雌雄の識別が可能です。
[PR]
by coffeeto | 2013-12-27 06:00 | スズメ目

コゲラ@前橋

f0055184_1581754.jpg
とても寒い朝が続きますが、今、駅のホームで始発電車を待つ列に並びながら、このブログを書いています。私が利用する駅は、職場まで乗り換えなしの始発電車が出るので、座っていくため少し早めに来て列に並びます。ここから職場へ入るまでの間が、ブログ編集の貴重な時間となります。スマートフォンで入力していますから、今まではホームセンターで購入したタッチ入力ができる手袋を使っていました。でも、ちょっと反応が鈍いところもあって不満がありました。先日、登山用品を購入するため、西新井のモンベルストアへ行ったときに、新しい手袋を買ってきましたが、使ってみると今までのものより暖かい上、反応が良く、とても使い易いものでした。お陰で手袋をはめたまま、サクサクと気持ち良く入力作業ができるようになりました。こんな僅かなことですが、随分と気分が変わるものですね。というわけで、今回は嶺公園で撮影してきた、コゲラを紹介します。
f0055184_1581032.jpg
この公園では、鳥の個体数はそんなに多いとは感じませんでしたが、種類はそこそこ出てくれましたから、写真はたくさん撮ることができました。その中で、コゲラも比較的よく目立つ存在でした。これは木の枝で逆さになって、餌探しをしているところを撮影したものです。
f0055184_1584518.jpg
園内を散策していると、シジュウカラやエナガなどと、いわゆるカラ類の混群を形成し、数個体がギギーと鳴き交わしながら、枝から枝を渡り歩いています。他の鳥と違って、すぐに飛び立つわけではありませんから、撮影しやすい対象です。
f0055184_1583928.jpg
ここでは、木の幹の窪みのような所をしきりに突ついていましたが、良く見るとそのへこんだような所から、虫の繭から突き出したと思われる、綿のようなものを引き出しました。....この写真で、その様子が分かりますか?
f0055184_158064.jpg
この写真を撮影した当日の嶺公園は、冷たい風が吹いてとても寒い状況でしたが、野鳥たちは元気に飛び回っていました。このコゲラは羽を膨らませてお腹をまん丸にしていますが、私もダウンのジャケットとオーバーズボンを穿いて、負けずに丸々と膨らんでいました。
f0055184_1583192.jpg
コゲラの全長は15cmとされていますから、我が国で観察できるキツツキの仲間の中では、一番小さい種類になります。ギーと鳴いて木の枝を渡り歩いたり、コンコンと軽快に木の幹を突つく音を響かせてくれますから、姿が見えなくてもその存在はすぐに分かります。
f0055184_1585250.jpg
コゲラは雌雄ほぼ同色です。外形から見分けることは難しいですが、唯一、♂は耳羽の部分に赤い羽がありますから、これが確認できれば判定は容易にできます。でも、普通の状態では隠れていて見えなかったりしますから、即断は要注意です。♀だと思っていたら、風が吹いて羽が巻き上げられ、赤い羽が見える場合もあります。
[PR]
by coffeeto | 2013-12-26 06:00 | キツツキ目

エナガ・エナガ・エナガ@前橋

f0055184_2154461.jpg
12月も中旬となり、上州の空っ風が冷たい風を運んできました。“赤城下ろし”と言われるのが、この冷たい風でしょうか?この日足を運んだ前橋市の嶺公園では、いろいろな野鳥を観察することができましたが、このエナガも群れを作ってたくさん飛び交っていました。
シジュウカラやコゲラと混群を作っていますが、群れが飛来した時の賑やかさと言ったらありません。頭上が騒がしくなって、カメラを構えている私が、どの鳥を撮影したらよいのか迷ってしまうほどでした。
f0055184_2153586.jpg
この公園のエナガ達は、あまり警戒心が無いのか、カメラを構えている私のすぐ近くまで寄ってきてくれました。オリンパスE-5に300㎜F2.8+EC14を装着して撮影していましたが、この写真は全くトリミングをしていない、そのままの写真です。白と黒の羽衣ですが、背中の淡いピンク色の羽が、アクセントになっていますね。
f0055184_21535125.jpg
飛来したエナガ達は、ジュルジュル、ジュルジュルと大変賑やかに鳴き交わしています。羽を一杯に膨らませて、体はポンポン玉のようですが、長い尻尾が付いていますから、まさにエナガの名前の面目躍如といったところでしょうか。
f0055184_21534292.jpg
エナガの瞳が、陽の光を受けてキラッと光ってくれました。体つきからすると眼は少し小さめであると思います。また、くちばしもどこにあるのか分からないほどに小さくて、これもエナガならではの特徴です。
f0055184_21533534.jpg
黒い眉斑がとても太いですが、まん丸い眼と小さめのくちばしが相まって、可愛らしさが強調されているように思えます....そういえば、お笑いタレントの珍獣ハンター・イモトによく似ているなと思うのですが....
f0055184_21532970.jpg
この個体は、眉斑が完全に黒くありません。そのためより幼さが強く感じられますが、今年生まれの若鳥であろうと思います。北海道に生息する亜種シマエナガは、この黒い眉斑がないということですが、私はまだ見たことがありません。
[PR]
by coffeeto | 2013-12-25 06:00 | スズメ目

ジョウビタキ@前橋

f0055184_20252235.jpg
冬の小鳥たちを観察したいと思っていました。一番の目的はベニマシコでしたが、ミヤマホオジロも見られたら嬉しいなと目論んで、群馬県前橋市の嶺公園までプチ遠征してきました。でも、結果としてはどちらにも振られてしまったのですが、はるばる足を運んできたからには、全くの空振りで帰ってくるわけにはいきません。幸いなことに、この公園は個体数が特別多いという訳ではありませんが、いろいろな野鳥が観察できましたから、写真はたくさん撮影することができました。これは、陽当たりの良い木の枝で、ヒッヒッと鳴いていたジョウビタキの♂です。
f0055184_20253531.jpg
こちらの木の枝でも、ジョウビタキ♂を観察することができました。冬鳥として常連の鳥で、都内の公園でもよく観察することができます。昔から紋付鳥といわれているとおり、風切羽に大きな白斑が目立ちます。
f0055184_20254177.jpg
とても冷たい風が吹いていたせいでしょうか、ジョウビタキは羽を膨らませて、体をまん丸に太らせていました。頭部は銀灰色で顔面は黒色です。背面、風切羽も黒褐色ですが、胸からお腹にかけて美しいオレンジ色をしています。また、腰の部分もオレンジ色であることが分かります。
f0055184_2025298.jpg
枝先に留まって、鳴いているところを見つけたのですが、くちばしの先端に赤い実を付けていました。元々は動物食の鳥で、昆虫類やクモ類などを食べているのでしょうが、今の時期はこんな木の実も貴重な食料源となっているようです。
f0055184_20254897.jpg
こちらの藪でも、♂の個体を観察することができました。上の写真とは別個体です。ジョウビタキは冬の間、♂も♀も縄張りを持って生活していますが、この公園の中を散策している間にも、数個体のジョウビタキを観察することができましたから、全体としてはかなりの個体数が入っているものと思います。
f0055184_2025920.jpg
藪の中にいたこの個体は、かなり気が強い個体であると見えて、ヒヨドリと縄張り争いをして追いかけっこをしていました。でも、やはり体はヒヨドリの方が大きいですから、体力勝負ではかないませんね。
f0055184_2025270.jpg
藪に留まって日向ぼっこをしていたら、どうやらまた縄張りに侵入してきたものがいたようです。このジョウビタキ君は、すかさずスクランブル発進をかけて、侵入者の追い出しに飛び立っていきました。
f0055184_20245167.jpg
笹薮に囲まれたこの穏やかな場所は、このジョウビタキにとっては越冬するための大切な縄張りです。餌も豊富にありそうですから、来春まで、この場所で元気に越冬してください。
[PR]
by coffeeto | 2013-12-24 06:00 | スズメ目

カオジロガビチョウ@前橋

f0055184_17265886.jpg
この日訪れた公園で、谷地沿いの道を歩いていると、木の上から聞き慣れない野鳥の声が聞こえてきました。....何の声だろう?....姿が見えないと、余計にその声の主を確認したくなります。
すごく気になりますが、姿が見えませんから分かりません。少しフラストレーションを感じながら、この藪のところまで来たところで、その声の主を確認することができました。籠抜けのカオジロガビチョウでした。
f0055184_17271613.jpg
カオジロガビチョウは、東京近郊では見られませんが、赤城山の山麓には、比較的たくさん生息しているようです。見慣れない鳥ですから、ここでは立派な野鳥として、撮影対象になってくれました。
f0055184_17271039.jpg
この藪の中には、数羽のカオジロガビチョウが入っているようです。この写真には、2個体が一緒に写ってくれました。
f0055184_172744.jpg
ここでは、カオジロガビチョウが黒い実を食べていました。ベニマシコもこの実を食べに来るようですが、何の実でしょうか?....図鑑を確認してもよく分かりません。アマチャヅルの実ではないかと思いますが、如何なものでしょうか?
f0055184_17265173.jpg
カオジロガビチョウの正面顔です。ファインダー越しに、眼と眼が合ってしまったように思えます。他の鳥でもそうですが、正面から写した顔はちょっと面白いですね。
f0055184_17264576.jpg
ガビチョウの仲間は、現地で聞いたところでは3種類ほどいるようです。一つはこのカオジロガビチョウですが、東京近郊では涙目のような眼の周りに白い模様がある、普通のガビチョウがみられます。この他に、カオグロガビチョウというのもいるようですから、ガビチョウだけでも3種類いることになります。
f0055184_17263837.jpg
このカオジロガビチョウは、ヒヨドリとほぼ同じくらいの大きさです。大きな声で鳴き交わしながら、群れでこの藪に飛来して、樹の実を啄んでいました。
f0055184_17262678.jpg
赤い草の実を啄んでいます。黒い実だけでなく、この赤い実もカオジロガビチョウの食料源となっているよです。蔓性の草になると思いますが、名前も分からない草の実です。....もしかしたらヘクソカズラでしょうか?
f0055184_17262017.jpg
ガビチョウの仲間は、もともと中国大陸で生息していた鳥で、飼い鳥としては一般的だったようです。いつの頃からか日本へ移入されたわけですが、野生化して今では各地で観察できるようです。
[PR]
by coffeeto | 2013-12-23 06:00 | スズメ目

シメの♀@前橋

f0055184_22231024.jpg
冷たい風が吹いていましたが、快晴の陽光がほんのりと暖かさを運んできてくれました。公園内の谷地で野鳥の写真を撮ろうと、三脚を据えて待ち構えていました。ここで暫く粘っていたら、そこそこの成果を上げることができたので、今度は園内を少し歩いてみることにしました。落ち葉が散り敷く小道を進み、丘を越えるとその先の草原から数羽の野鳥が舞い上がりました。梢に留まった姿を確認すると、そこにいたのはシメでした。
f0055184_2222198.jpg
とても大きくて、ガッチリしたくちばしがシメの特徴です。固い木の実でも、この太いくちばしをペンチのように上手く使って、くるくる回しながら割って食べることができます。目先に黒い部分がありませんから、この個体はシメの♀であることが分かります。
f0055184_22214678.jpg
羽の様子が見える状態で撮影することができました。ここで注目したいのは、次列風切の形状です。青藍色をしていますが、羽の先端が四角く角張っています。何故こんな形状をした羽になっているのかよく分かりませんが、これがシメ独特の特徴です。
f0055184_22213374.jpg
シメは、アトリ科の小鳥ですが、ちょっと太目の体型をしています。人間であればメタボリック体型とも言える体つきですが、シメはこれが標準体型なんでしょうね。
f0055184_22212582.jpg
プロペラの羽根のような種子をたくさん付けたこの木は、モミジかカエデだと思います。シメにとっても、この種子が貴重な食料源になっていると思います。
f0055184_22211740.jpg
木の上から、ピシッという独特の鳴き声が聞こえたら、シメがいるなと分かります。ここでは、陽が当たった背景をバックに、日影の枝に留まっていましたから、シルエットのようにしか見えません。露出補正して撮影したところ、何とかシメと分かる写真に写ってくれました。
[PR]
by coffeeto | 2013-12-22 06:00 | スズメ目