<   2013年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

アシ原のセッカ@茨城

f0055184_21332631.jpg
このところの週末は、天候に恵まれていますから、フィールドへ出ると、気持ちの良い自然観察を堪能してくることができます。前回は、奥日光で山の鳥をたくさん観察してきましたから、今度は平地でのんびり自然観察してこようと、茨城県下へ足を伸ばして、牧場周辺に広がるなだらかな山野を、日がな一日散策してみることにしました。
翌日の日曜日は、午前中の半日ほど涸沼周辺に滞在してきましたが、ここでは水鳥を中心に猛禽類や葦原の鳥、草原の鳥なども、たくさん観察することができました。涸沼川が注ぎ込む河口周辺には、葦原が広がっていて、小鳥たちの活発に動き回る姿がよく見えます。
でも、その小鳥たちが葦原の上を飛んで舞い降りると、直ぐに姿が見えなくなってしまいます。写真に撮ることはもちろん、その種類を確認するのも大変です。たまたま、倒れた葦の上に留まったところを撮影することができました。
その姿を確認するとオオジュリンと思ったのですが、quesoさんからコメントをいただき、セッカであると訂正させていただきます。
f0055184_2133179.jpg
この葦原では、ほかにもカワラヒワやカシラダカ、アオジなどがたくさん観察できました。しかし、あれもこれもと追いかけていると、思い通りの写真が撮れなかったというのがよくあるパターンですから、今回は狙いを絞って撮影してみることにしました。これは後姿ですが、頭頂部に黒い縦斑が並んでいるのはセッカの特徴でした。
f0055184_2133861.jpg
前景に葦の葉が被っていますが、この個体は見やすい茎に暫く留まってくれましたから、ここで何枚か撮影することができました。背面には、やはり黒い縦斑が目立ちますが、その間には白い羽毛も見えています。
f0055184_2133136.jpg
前景がうるさいので、少し位置を変えて撮影してみました。そんなに離れていた訳ではありませんが、私が移動してもこの個体は飛ばずに、ずっと留まったままポーズをとってくれました。とてもエライ個体です。
f0055184_2133192.jpg
セッカは、図鑑によれば漂鳥または留鳥とされていますが、関東地方では一年を通して観察できるので留鳥になりますね。昆虫類やクモ類などを採餌しているとのことですが、非繁殖期は草むらやアシ原の中に生息しているようです。
[PR]
by coffeeto | 2013-11-30 06:00 | スズメ目

チュウヒとオオタカ@茨城

f0055184_2044227.jpg
11月の三連休は、奥日光で山の鳥たちをたっぷり観察してきましたから、今度は平地で観察できる鳥に狙いを定めて出掛けてこようと、候補地を色々検討してみました。いくつか候補は挙げられるのですが、直前まで決め兼ねて、焦ってしまうのはいつものことです...(^^;;
天気予報によれば、次の週末はお天気に恵まれて観察日和となりそうです。野鳥観察については、茨城県下でのんびりと....実際は、ミゾゴイ情報で寄り道したので、予定は詰まってしまいましたが....草原の鳥、葦原の鳥、水辺の鳥などを狙ってみることにしました。
翌日の日曜日の午前中は、小春日和の気持ち良いお天気でした。涸沼の岸辺で携帯椅子に座って待ち構えていると、向こう側からハシブトガラスにモビングされた、タカの仲間が飛んでくるのが目に付きました。
f0055184_2044795.jpg
このタカの仲間が何であるか、だいぶ距離があって良く分かりません。見つけたときは、オオタカの若鳥であると思ったのですが、....モビングするカラスを振り切った後は、悠々と滑翔して旋回しながら、次第にこちらに近づいてきてくれました。
f0055184_20441353.jpg
初列風切の先端が、黒色に見えます。これは、オオタカの若鳥にはありえないと思いました。頭を下に向けて滑翔するときの姿勢も、チュウヒの体型に見えてきます。
f0055184_20442066.jpg
これがチュウヒであると決定付けてくれたのは、尾羽の裏側が一様に白っぽい色合いをしているところでした。オオタカであれば、数本の黒帯があるはずですが、それが認められません。また、初列風切が黒いところから、この個体はチュウヒの若鳥であろうと思います。
f0055184_20442611.jpg
携帯椅子に座って、野鳥の飛来を待っていました。葦原のオオジュリンを撮影した後、少し落ち着いて腰を下ろしていると、湖畔の立木の中から、いきなりタカの仲間が飛び出しました。水面上の低い位置を、一直線に飛翔して行きます。瞬間的に、オオタカのスクランブル発進であろうと理解しました。....というのも、以前、多々良沼でこれと同じ状況で、水面上を飛翔したオオタカが、カモ類を狩って岸辺に押さえつける状況を目撃したことがあったからです。
私も、弾かれるように立ち上がって、望遠レンズでその姿を追いかけました。
f0055184_20443122.jpg
この画面には、右側にマガモのペアが写っていますが、その先の方向は葦原に隠れて見えません。オオタカが葦原の向こう側に入って、間もなくカモ類の群れが一斉に飛び上がりました。サギ類も一緒に舞い上がり、大変な騒ぎです。その後、葦原越しに目を凝らして見ていましたが、オオタカの姿を確認することは出来ませんでしたから、恐らく狩りは成功したものと思われます。
[PR]
by coffeeto | 2013-11-28 06:00 | タカ目

公園のミゾゴイ@江東

f0055184_20294520.jpg
週末は、野鳥観察、自然観察のために出掛けることが、このところのお決まりの行動パターンとなっています。三連休に訪れた奥日光は、紅葉が真っ盛りでしたが、平地ではこれからというところでしょうか。この週末は、茨城県内へ出掛けてみようと計画していたところ、金曜日の午後になって、都内の公園にミゾゴイが出ているとの連絡を受けました。その前日に入ったようだというのです。数年前に、近所の舎人公園に出た時は、日程が合わずに見ることが出来なかった鳥ですから、今回は何としても見に行かなければなりません。茨城県へ遠征する前に、朝一番に寄り道して会いに行ってみることにしました。
f0055184_20295153.jpg
近くのコインパーキングに車を停めて、いつもの300mmf2.8を担いでワクワクしながら現場へ急ぐと、既にミゾゴイを囲んで、2〜30人ほどの人の輪が出来ていました。驚いたことに、ミゾゴイは人の輪を気にすることなく、平然と餌獲りをしていました。
これは、ひとしきり餌取りをした後、そばの植え込みの下に入って、一休みしているところです。
f0055184_20295645.jpg
ミゾゴイは、全体的に褐色の色合いです。片脚立ちしながら、頭を少し下げてくれました。頭部は青色味がある暗褐色で、首の周りは茶褐色、背面は暗褐色という羽衣をしています。目先には、青色味がある汚白色の部分があります。
f0055184_2030178.jpg
事前の情報では、公園内でかなり近くまで寄ってくるということですから、テレコンなしの300mmf2.8で、できるだけ大きく撮影しようと思いました。でも、現地に行ってみるとあまりに近すぎて、バックしなければ入りきらない距離ですから、無用の長物となってしまいました。ミラーレス機に望遠ズームを付けて持ってくるべきでした。ひとしきり撮影した後、車に戻ってミラーレス機と取り替えて出直しました。
上から5枚の写真はミラーレス機に75~300mmズームを付けて、下の2枚が最初に300mmf2.8で撮影した写真になります。
f0055184_2030758.jpg
日当たりの良い場所へ出てきてくれました。この頃には、取り巻きのカメラマン諸氏は50人近くになっていたでしょうか。背景にカメラマンの靴が写らない様に、撮影するのに気を遣う状況でした。
f0055184_20301440.jpg
これは、現地に到着して間もなく300mmf2.8で撮影した写真ですが、取り巻きの輪の外側から撮影しても、距離が近くて全身が入りきらない状況でした。しかし、お目当てのミゾゴイは、輪の中の草原で警戒する気配も見せず、餌取りに夢中といった様子です。
f0055184_2030215.jpg
あまりに近すぎたので、取り巻きの輪からかなり後ずさりして撮影したのがこの写真ですが、愛用のサンニッパもこの時ばかりは、逆にお荷物になり、ミラーレス機に望遠ズームを付けてもってくるべきだったと、悔やみながら撮影していました。
この後、見切りを付けてカメラを取替えに車へ戻った次第です。
[PR]
by coffeeto | 2013-11-26 06:00 | コウノトリ目

ゴジュウカラ@奥日光

f0055184_1951050.jpg
奥日光で撮影してきた野鳥たちの紹介については、2週間続けてのアップとなり、今回で9回目となりました。現地へ行って来たのは、三連休となった11月2日(土)~4日(月)の間でしたから、もうずいぶんと日にちが経ってしまったものです。いつまでも奥日光の野鳥写真にこだわって紹介を続けていると、飽きられてしまうし、第一、他で撮影した野鳥写真を紹介することもできなくなってしまいますね。だから、奥日光シリーズは一応、今回で最終回にしたいと思います。
最後に紹介するのは、ゴジュウカラです。3日間のうちで、一番多く撮影していたのはこのゴジュウカラでした。でも、なかなか良い写真が撮れなかったのも事実でした。撮影した中で、比較的ピントが合っている写真を中心に紹介します。
f0055184_19504348.jpg
今回の奥日光遠征では、戦場ヶ原を中心に歩き回ったほか、湯川に沿って小滝までを往復してきました。その中で、このゴジュウカラは樹林帯に入ると、どこでも比較的たくさん観察できました。赤沼の駐車場から入って直ぐの、ズミの林周辺でもたくさん観察できましたし、青木橋から小滝までの間でもたくさん観察できました。散策路を歩いていて、気が付くとフィツ、フィッと鳴くゴジュウカラの声が聞こえていた....といった感じでした。
f0055184_19493240.jpg
この写真では、下向きに木の幹を伝って降りてくるところを撮影していますが、下向きになって樹肌を移動する鳥は、このゴジュウカラの他にはいないと思います。面白い行動パターンですね。
f0055184_19495111.jpg
ゴジュウカラは、黒い過眼線が良く目立ちますが、頭部から背面にかけては一様に青灰色で、喉から胸は白色です。わき腹から下尾筒にかけてはオレンジ色が認められますが、これは本州以南に生息するゴジュウカラの特徴で、北海道に生息するシロハラゴジュウカラは、名前のとおり体下面は白色であるようです。
f0055184_19501831.jpg
おっと、このゴジュウカラは、餌となる昆虫を捕まえたようです。
大きな獲物を見せびらかすようにくちばしに咥え、胸を張って鼻高々といった様相です。
f0055184_19503423.jpg
こちらの個体は、樹肌に逆さに取り付きながら、頭を上げて、これから何かアクロバチックな動きを見せてくれそうな、そんな姿勢を取ってくれました。このあたりも、ゴジュウカラならではの独特の行動様式です。
f0055184_17151927.jpg
ほとんど真上を見上げるような枝先に留まっていた個体が、その場で羽ばたきをしました。空抜けの写真になりましたが、風切羽が透き通っているように見えます。...って言うか、本当に透き通っていますよね。
[PR]
by coffeeto | 2013-11-25 06:00 | スズメ目

樹林帯のアカゲラ@奥日光

f0055184_1875486.jpg
戦場ヶ原を抜けて、青木橋から小滝に続く森林帯の散策路を歩いていると、泉門池の手前でキョッ、キョッと鳴く声が聞こえてきました。特徴のある声ですから、キツツキの仲間のアカゲラが近くに来ていることは、すぐに分かりました。
この声を聞くと、バードウォッチャーの習性で、その姿を探し求めてしまいますが、アカゲラは、その声の聞こえる方向を注意深く観察していると、割合容易に見つけられる鳥であると思います。
今回も、近くの枯れた立木に留まって、その折れた樹冠に上がっているところが見えました。
f0055184_188055.jpg
横向きになってくれた時、背面に大きな白斑が認められましたから、これはオオアカゲラではなく、アカゲラであると確認できました。名前の由来である下腹部から下尾筒にかけての赤色も分かります。
f0055184_187499.jpg
前景が枝被りになってしまいましたが、樹肌に取り付いているところを撮影できました。後頭部に赤色の羽毛がありますから、これは♂の個体であることが分かります。
たまたま、この幹には穴が開いていましたから、これが巣穴かと思ったのですが、ちょっと中を覗き込んだだけで、通り過ぎてしまいました。
f0055184_18858.jpg
アカゲラは、木の幹に取り付くと、餌を探しながら上へ上へと移動して行きます。そして、上まで登り詰めるとパッと飛び立って、他の木に移り、また同じように下から餌探しの行動を繰り返していました。
f0055184_1881226.jpg
この枝で、何か餌となるものを見つけたのでしょうか?ピンク色の舌を伸ばして、舐めとろうとしています。どんな餌を見つけたのか知りたいところです。写真で確認できれば良いのですが、...残念ながら叶いません。
f0055184_1882271.jpg
この写真を見て、首の脇から胸にかけて黒い羽毛が目立ちました。あれ?こんなところに、こんな斑があったんだ。今まで気が付かなかった、新たな発見になりました。
f0055184_188291.jpg
キョッ、キョッと、大きな声で鳴きながら飛翔して、木から樹へと飛び移るアカゲラですが、背面の黒と白のまだら模様と下尾筒の赤色は、森の中でもとても良く目立ちます。
山へ行って、あの大きな声が聞こえてきたら、またその姿を探しているものと思います。
[PR]
by coffeeto | 2013-11-23 06:00 | キツツキ目

枯れ木のアオゲラ@奥日光

f0055184_1834182.jpg
紅葉前線が通過中の奥日光です。11月の三連休に足を運びましたが、中禅寺湖の周辺は竜頭の滝から華厳の滝まで、紅葉狩りの観光客でごった返すことが予想されました。例年、いろは坂を初めとして周辺の道路に大渋滞が発生しますから、そんな場所へは出掛けたくないと敬遠していました。でも、雪が降る前に山登りをしたいし、この時期に戦場ヶ原で生息する野鳥たちの様子を見たいと思い、午前3時半には自宅を出発して、高速道路の渋滞を回避するというスケジュールを立ててみました。
この計画は大正解で、全く渋滞にかかることもなく、3日目の帰路については、午前10時半頃に赤沼の駐車場を出発して自宅に向かったところ、いろは坂の下りで若干の渋滞があったものの、そのほかは滞るところもなく、スムーズに走ることができました。
この写真は、3日目の早朝に、戦場ヶ原でオオモズの出現を待っていたところ、枯れ木に飛来してくれたアオゲラを撮影したものです。
f0055184_1834659.jpg
これは、すぐ近くの枯れ木に飛来してくれたところですが、背景が曇り空の空抜けですから、写真としては一番絵になり難い状況です。露出補正が難しいうえ、色の再現がほとんど見込めませんから、証拠写真程度にしか写すことができせません。
この写真では、背面の緑褐色の色が何とか分かりますが、背面と雨覆いの色に若干の違いが認められます。また、上尾筒の部分には、黄色味があることが分かります。顎線の赤い色も分かる程度に再現できましたが、頭部から後頸にかけては赤色が認められませんから、これは♀の個体であることが分かります。
f0055184_1835112.jpg
斜めになった木の幹の下側に取り付いていますが、側胸からお腹にかけての黒い横斑模様がよく分かる写真になりました。でも、曇天の空抜けですから、色の再現は望むべくもありません。
f0055184_1832968.jpg
背面の羽の色は緑褐色ですが、風に吹かれて少し浮いた肩羽は、それより少し淡い彩りであることが分かります。これは、光線の当たり具合も影響していると思いますが、上から2枚目の写真でも、その微妙な違いがあることが分かります。
f0055184_1833578.jpg
今回、戦場ヶ原で見たキツツキの仲間は、アカゲラばかりでしたから、アオゲラを見るのは、3日目の早朝のこの時が始めてでした。しかし、一度出てくれると、他の個体も姿を現するようになり、この場所で短時間に3個体のアオゲラを確認することができました。まるで、群れで移動しているかのような出具合でした。
f0055184_1835773.jpg
アオゲラは、全長29cmということですから、アカゲラより一回り大きい体形です。日本だけに分布する野鳥(固有種)ですから、外国の人が見たら、これも貴重な写真になるのではないかと思います。
[PR]
by coffeeto | 2013-11-22 06:00 | キツツキ目

泳ぐカワガラス@奥日光

f0055184_17232887.jpg
奥日光は、今更言うまでもありませんが、ここは野鳥の宝庫です。秋から冬に移行する時期の野鳥を観察しようと、11月の三連休を利用して出掛けて来ましたが、とてもたくさんの野鳥と出会うことができ、写真もたくさん撮影することができました。どの野鳥をどんな順番で紹介しようか、逆に迷ってしまうほどです。
戦場ヶ原にオオモズが来ているとか、イスカやベニヒワの群れが入ったなどなど、嬉しい話をたくさん聞かせていただきましたが、私はその他の野鳥の写真も撮影しておかないと、このブログで紹介するネタ切れになってしまいますから、先に湯川沿いに小滝まで往復して、それからゆっくり狙ってみることにしました。
湯川沿いでは、ほぼ狙い通り写真を撮影することができましたから、お昼は泉門池のベンチの所でゆっくり食べようと下って来たところ、ちょうど探鳥会の一行がやって来て、カワガラスがいると賑やかになってきました。有難う御座います。お昼を食べる前に、私も撮影させて頂きます。
f0055184_17233433.jpg
この泉門池のあたりは、マガモやコガモなどが餌取りをしたり、羽を休める場所ですから、湯川の流れもゆっくりで、少し淀んで水深もかなりあると思います。
カワガラスにとっては、餌取りには不向きな場所であると思ったのですが、そんな事は少しも厭わず、このカワガラスは水の上を泳ぎ始めました。それを見ていた探鳥会の一行からは、一斉に歓声が上がりました。
f0055184_17234087.jpg
カワガラスは、周囲を取り巻くギャラリーの賑やかな声を気にすることもなく、そのまま潜って餌取りをしていました。そんな姿を見ていると、まるで水鳥のようですから、「あなたは本当にスズメ目の鳥なの?」と聞いてみたくなります。
f0055184_17234621.jpg
水面に飛び出している枯れ枝でひと休みしています。何回も潜って餌取りをしていましたから、お腹一杯タップリと食べることができたのでしょうか?それとも、疲れてひと休みですか?
f0055184_17235117.jpg
流れの中での餌取りが終わると、近くの苔生した岩の上に飛び移りました。ここが、このカワガラスのお気に入りのポイントであるようです。ずっとこの場所に留まってくれましたから、探鳥会の一行も私も、ゆっくり観察することができました。
[PR]
by coffeeto | 2013-11-20 06:00 | スズメ目

足元のコガラ@奥日光

f0055184_20235670.jpg
秋から冬に移行する時期の野鳥を観察しようと、11月の三連休を利用して奥日光へ行ってきました。戦場ヶ原に設置された木道は、湯川に沿って上流の湯滝まで続いていますから、川沿いでミソサザイやカワガラスを撮影したいと思い、青木橋を経由して小滝までを往復してきました。
泉門池を過ぎて少し行ったところに、川面が広く開けて見下ろすことができる場所がありますが、ここで野鳥の出現を待っていたら、川の上をカワガラスが飛翔して近くに降りました。これは撮影のチャンスがあるかもしれません。暫く様子を伺っていると、今度はコガラの群れが飛来してくれました。散策路の下の、すぐ足元に留まってくれましたから、早速、撮影の対象になりました。
f0055184_202435.jpg
本当に、足元から数mの距離ですから、見下ろすような角度で撮影することができました。おかげで、普段、枝先に留まっているところを撮影する時とは、少し雰囲気の違う写真を撮影することができました。
いつも、お腹ばかりが目立つ写真になりがちですが、少し上から見下ろすと、心なしかコガラの可愛さが、より強調されて見えてきます。
f0055184_2024923.jpg
このコガラの群れは、数個体がいたと思いますが、次々に飛来しては、同じような場所に留まってくれました。距離が近かったので、次々に飛来されると、カメラで追いかけるのが大変でした。でも、こんな撮影チャンスに恵まれたわけですから、文句を言ったら贅沢だと叱られてしまいそうです。
f0055184_2024153.jpg
黒いベレー帽を被ったようなコガラの姿は、カラ類の中では一番スッキリした羽衣であると思います。でも、なかなかジッとしてくれません。忙しなく動き回っては、枝から枝へと飛び移っていきます。
f0055184_20242143.jpg
今度は、頭上の枝先に留まりました。振り仰いで撮影すると、これがいつもコガラを撮影している時のイメージです。
f0055184_20242798.jpg
赤い木の実の生る枝先にも留まってくれました。まさか、この赤い実を食べようという訳ではないと思いますが、....コガラも、木の実を食べることがあるようですが....ここでは、何も食べずに飛び去ってしまいました。
[PR]
by coffeeto | 2013-11-19 06:00 | スズメ目

倒木の上のミソサザイ@奥日光

f0055184_14491087.jpg
11月の三連休を利用して、奥日光へ出掛けてみました。連休初日は大変よいお天気に恵まれましたが、二日目から次第に下り坂となってしまいました。初日に男体山へ登ってきたのが大正解で、達成感と共に、山頂から雲ひとつない素晴らしい景色を見ることができ、大変満足できる結果を残すことができました。
二日目からは野鳥観察が中心となりました。野鳥写真を撮影するために、マンフロットの三脚にフォーク型雲台を乗せ、オリンパスのサンニッパを付けるとかなりの重さになります。これを担いで、戦場ヶ原を抜けて、湯川の渓流沿いに、上流の小滝まで往復してきましたが、重くて肩が痛くなるし疲れるしで、結構な重労働です。
でも、途中で間近に野鳥の写真が撮れると、そんな疲れも一遍で吹き飛んでしまいます。これは、湯川の中に倒れこんだ倒木の上で、元気に餌探しをしていたミソサザイです。
f0055184_14485310.jpg
ミソサザイは、倒木の上でチョコチョコと動き回りながら餌探しをしていましたが、ひと時もジッとしてくれません。いつもあっちを向いたり、こっちを向いたりで、撮影するには大変苦労させられる対象です。
この場所では、カワガラスが川の上を飛翔したので、その出現を待っていたら、すぐ足元にコガラが飛来してくれました。これはラッキーと、その写真を撮っていたところ、思いがけずこのミソサザイが、倒木の上を跳ね回っていたという次第です。
f0055184_1449365.jpg
ミソサザイというと、どうしても渓流の小鳥である、というイメージが強いのですが、山歩きをしていると、全く水のない山の斜面で観察することもあって、エッ!こんなところで?と驚かされることもあります。でも、今回は渓流の中で、イメージ通りの登板となりました。
f0055184_14491735.jpg
向こうを向いて、尾羽をピンと立ててくれましたから、尾羽の裏側から下尾筒までがよく見えます。....勝手にお尻を撮影してご免なさい....全身が褐色の羽衣ですが、尾羽の裏面には、白い斑が出ているのが分かります。
f0055184_1449231.jpg
繁殖期を中心にして、ミソサザイはとても大きな声で、さえずりの良い声を響かせてくれます。渓流沿いでその声を聞くと、とても清々しい気持ちにさせてくれます。今の時期は、残念ながら地鳴きの声しか聞こえませんが、これから冬の時期に向かうミソサザイは、とても元気良く動き回っていました。
[PR]
by coffeeto | 2013-11-18 06:00 | スズメ目

早朝のキバシリ@奥日光

f0055184_1251064.jpg
紅葉前線が南下する時期は、何処へ出掛けても高速道路の大渋滞が発生しますから、今まではこれを避けて自然観察に行く場所を選定していました。しかし、最近山登りに興味を持ち始めたことから、野鳥観察と山登りの両方が出来る場所へ、優先的に出掛けるようになりました。
11月の三連休は、以前から登ってみたかった男体山に雪が降る前に登り、そのまま戦場ヶ原へ回って探鳥も楽しんで来ようという一石二鳥の計画を立て、紅葉真っ盛りの奥日光へ行ってみることにしました。 ... ...というわけで、今回は、戦場ヶ原の木道を歩きながら、観察することができたキバシリを紹介します。
f0055184_1251618.jpg
連休初日は男体山に登り、2日目は赤沼から小滝にまでの間を、湯川に沿って広く歩き回って野鳥を探しました。この日は、オオモズが来ているという情報を頂いていたのですが、これに振り回されて空振りにないように、広範に野鳥写真を撮影してきました。
この写真は、3日目の早朝に撮影したものですが、オオモズのポイントへ向けて足を早めていた時、カラ類の混群が賑やかに飛来したと思ったら、木道脇の木の幹を身軽に駆け登っていくキバシリを見つけました。急ぐ道すがらではありましたが、そこで三脚を構えて撮影したものです。
f0055184_1252148.jpg
それにしても、キバシリは見つけ難い鳥ですね。木の肌と同じような羽衣をしていて、それが木の肌にぴったりと張り付いて移動しますから、正面から見ていると、動きがあっても見つけ難いことこの上ない鳥です。ちょっと上を振り仰いでくれましたから、喉の白い部分が目立ちました。
f0055184_125632.jpg
このように、木の幹のサイドに取り付いている状態であれば、割合容易に見つけられると思いますが、チャンスは少ないですね。こうして見ると、くちばしは細くてやや下に湾曲し、体下面は全体が白色であることが分かります。
f0055184_1243576.jpg
この写真のキバシリは、連休2日目に泉門池(いずみやどいけ)から湯川に沿って、上流の小滝方向へ歩いていたとき、川沿いの木に飛来してくれた個体です。樹肌に留まったまま羽ばたきしてくれましたから、翼に白い翼帯があることが分かる写真になりました。
f0055184_124444.jpg
実は、この場所でカワガラスの飛翔を目撃したので、その姿を撮影したいと待っていたところ、このキバシリが来てくれたほか、コガラやミソサザイまで撮影できました。タイミングが良かったのか?それとも場所が良かったのか? お陰で、移動せずに短時間のうちにたくさんの写真を撮影することが出来ました。このキバシリは樹肌を移動しながら、餌探しでしょうか、そこに空いた穴を覗き込んでいました。
f0055184_1245097.jpg
穴の中には、餌となるものが何もなかったようです。そのまま、どんどん木の上の方へ移動して行きます。キバシリは、ここでは留鳥として1年を通して観察できる鳥であると思いますが、雪が降り積もった厳冬期でも、木の皮の裏側に潜む小さな昆虫やそのタマゴなどを採餌しているのだと思います。
f0055184_1245710.jpg
キバシリは、スズメ目キバシリ科に分類されていますが、全長14cmでスズメとほぼ同じ大きさの小鳥です。日本にはこの一種しかいませんから、我が国では一族一種の野鳥ということになります。
[PR]
by coffeeto | 2013-11-16 06:00 | スズメ目