<   2011年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今年のおおとりオオハクチョウ

f0055184_1746288.jpg
2011年(平成23年)は、本当に色々な出来事がありました。東日本大震災と放射能漏れ事故、それに引き続く計画停電、夏には台風が襲来して大きな被害も出ました。仕事の上でも色々な出来事があり、今年は本当に忘れられない年になりました。
コーヒー党の野鳥観察では、今年の最後を締めくくる鳥をどうするかいろいろ考えましたが、やはりおおとりは古来から大鳥とも呼ばれるオオハクチョウに務めていただくことにしました。
f0055184_17461323.jpg
ここでは、とてもたくさんのカモ類とともに、コォーッ、コォーッと大きな声で鳴き交わすオオハクチョウの群れを観察することができました。優雅な姿に見とれていると、冷え込む朝の寒さも忘れさせてくれるようです。
f0055184_17461610.jpg
全長140cmで、体重は10kgを超えるとのことですから、水面から飛び立つのも大変です。両脚で助走をつけながら離水するまでかなりの距離を要します。
f0055184_17462619.jpg
飛び立つときの両翼を大きく広げたハクチョウの姿は、力強さが漲っているようです。
f0055184_17463027.jpg
大空に編隊を組んで飛び立ったところです。こうして宙を舞う姿もまた優雅です。来年は本当に良い1年になるよう、心から祈りながら新しい年を迎えたいと思います。
[PR]
by coffeeto | 2011-12-31 18:10 | カモ目

落ち葉をかき分けるシロハラ

f0055184_21293029.jpg
落ち葉が降り積もるちょっと薄暗い林床で、ガサガサッと落ち葉をかき分ける音を聞きつけて、辺りを探してみるとシロハラを見つけました。冬鳥として渡ってくるツグミの仲間です。
f0055184_21285720.jpg
黄色いアイリングがよく目立ちます。背面は茶褐色ですが、頭部と初列風切は黒褐色です。
f0055184_2129262.jpg
シロハラは全長25cmとされていますが、雌雄同色です。でも、頭部と喉が灰褐色であるこの個体は、♂の個体であると思われます。
f0055184_2129256.jpg
近づいて撮影しても、この個体はあまり気にすることなく接近させてくれました。背面はオリーブ色がかった茶褐色で、風切や尾羽は黒褐色であることがわかります。
[PR]
by coffeeto | 2011-12-30 21:46 | スズメ目

カワウのなる木

f0055184_18202167.jpg
すっかり葉を落とした木の枝に、たくさんのカワウが留まっていました。まるで、豊年満作でカワウがなる木のように見えます。この辺り一面に、おそらく100羽程度のカワウが群れを作っているものと思います。
f0055184_1820235.jpg
頭部から後頸にかけて真っ白くなっているこの個体は、繁殖羽に換羽している成鳥です。胸からお腹にかけて、やや緑色がかった金属光沢があることがわかります。雌雄同色ですから、この個体が♂か♀かは分かりません。
f0055184_1820838.jpg
こちらの個体は成鳥ですが、頭部が白く換羽していませんから繁殖羽ではありません。雨覆いに褐色味がありますが、これがカワウの特徴になります。同じ仲間のウミウの雨覆いは緑色光沢があります。また、脚の付け根に白斑がありますが、これはカワウの成鳥にみられる特徴で、サイパッチと呼ばれているものです。
f0055184_18201589.jpg
こちらは、カワウの若鳥になります。成鳥にみられるような金属光沢はあまり認められません。それよりも、胸の部分に白斑があるところが成鳥との明瞭な識別ポイントになります。後方にいる若鳥は、胸からお腹にかけての白斑がハッキリ出ています。
[PR]
by coffeeto | 2011-12-29 18:57 | ペリカン目

カケスのドングリ拾い

f0055184_21464483.jpg
枯葉で埋め尽くされた林床に、カケスが群れで降りていました。白い虹彩がよく目立ちますが、それよりも次列風切の基部にある青色と黒の羽がとてもよく目につきます。
f0055184_21465211.jpg
カケスは全長33cmのカラス科の野鳥になりますが、色合いからはとてもカラスの仲間とは思えません。ジェイ、ジェイと鳴く声がよく響きますが、英名はまさに鳴き声に由来するJAYとされています。
f0055184_21471537.jpg
落ち葉の散り敷く地面で何をしているのかと観察していると、どうやらドングリを探しているようです。右に左に落ち葉を払いのけて、ドングリを見つけると、くわえてどこかへ運んでいるようでした。
[PR]
by coffeeto | 2011-12-28 21:59 | スズメ目

岩の上のイソヒヨドリ♀

f0055184_1910120.jpg
良く晴れていましたが、とても冷え込む一日でした。うず高く積み上げられた岩山の上に、ツグミ大の黒っぽい鳥が飛来しました。慌てて確認すると、イソヒヨドリの♀の個体でした。
f0055184_1910824.jpg
イソヒヨドリは全長23cmとされています。ヒヨドリという名前が付けられていますが、ツグミ科の鳥になります。♂の個体は頭部から背面にかけて青色で、腹部がオレンジ色という目立つ色合いをしていますが、♀の個体はこのように黒褐色の目立たない色合いです。
f0055184_1995017.jpg
♀の個体はこの写真のように、胸からお腹にかけてうろこ状の斑があることが分かります。全身黒褐色ですが、雨覆いに僅かに青色味があることが分かります。
f0055184_19101751.jpg
しばらく観察していると、何やら吐き出すものがありました。ペリットかなとも思ったのですが、この写真をよく見ると赤い色をしているもので、餌として食べたものが口に合わずに吐き出したのかなとも思われます。
[PR]
by coffeeto | 2011-12-25 19:31 | スズメ目

湿地のタゲリ

f0055184_2130205.jpg
クリスマスイブの今日は寒波でとても冷え込みましたが、朝からとても良いお天気でまさに鳥身日和となりました。水面は氷で覆われていましたが、タゲリが元気な姿を見せてくれました。
f0055184_21294882.jpg
砂地をつついて一生懸命に採餌していましたが、何か餌となるものを見つけたようです。タゲリは昆虫類や甲殻類を餌としているようですが、さて何をとったのでしょうか?
f0055184_2130492.jpg
この湿地では、数羽の群れで活動していましたが、あまり集まることなくばらける様に広がって行動していました。
f0055184_21302787.jpg
背面は緑光沢のある羽で覆われて、赤紫色の金属光沢のある羽も認められます。関東地方では、毎年冬鳥としてたくさんの個体を観察することができます。
f0055184_21303582.jpg
羽を広げて飛び立とうとしているところです。タゲリの特徴として、翼の先端が丸みを帯びて、ふわふわと飛ぶことが特徴として挙げられますが、この写真から翼端の丸みがよくわかります。
[PR]
by coffeeto | 2011-12-24 21:58 | チドリ目

池のサカツラガン

f0055184_21142847.jpg
公園の池には、たくさんのカモやハクチョウが羽を休めていました。その中で、サカツラガンが1羽だけ姿を見せてくれました。昨年、新潟県の朝日池で撮影して以来の再会となりました。
f0055184_21143636.jpg
サカツラガンは、図鑑によれば全長87cmで、日本に訪れるガンの仲間の中では最も大きい種類になるようです。雌雄同色ということですから、♂と♀の区別はできません。
f0055184_21142011.jpg
浅瀬で立ち上がったところを撮影することができました。脚はオレンジ色をしていることがわかります。また、くちばしの基部に白い羽がありますが、これは幼鳥には見られないということですから、この個体は成鳥であると思われます。
f0055184_21151342.jpg
後方から撮影したところですが、お尻は白い羽でおおわれていることがわかります。全国的にも飛来数は少ないということですから、こうして撮影できたことはラッキーであると思います。
[PR]
by coffeeto | 2011-12-21 22:27 | カモ目

冬のホオジロ♂と♀

f0055184_22341962.jpg
木の葉がすっかり枯れ落ちた木の枝に、近くの茂みから舞い上がったホオジロが留まりました。寒々とした木の枝ですが、ホオジロが留まると何となく絵になるものだなと思います。
f0055184_22341276.jpg
こちらはホオジロの♀です。上の写真の♂の個体と行動を共にしていました。下のくちばしは♂も♀も銀色をしていますが、これも冬羽の特徴でしょうか。
f0055184_22342726.jpg
少し離れた場所で、同じように茂みから飛び上がったホオジロのペアを観察しました。これは過眼線が黒く、胸からお腹にかけてのレンガ色が映える♂の個体になります。
f0055184_22343427.jpg
こちらは上の♂の個体と行動を共にしていた♀の個体になります。
[PR]
by coffeeto | 2011-12-19 22:42 | スズメ目

アメリカコハクチョウ

f0055184_21154023.jpg
今日足を運んだ郊外の公園は、とても冷え込んで朝方は霜が降りて一面真っ白の状態でした。カモやハクチョウに餌付けするこの場所で観察していると、たくさんのハクチョウの中にくちばしの黒い個体がいることに気が付きました。写真の中央の個体と、その左側にいる個体です。
f0055184_21154951.jpg
これらの個体は、アメリカコハクチョウであると思います。周囲にいるオオハクチョウに比べると、明らかに鼻先に黄色味がなくくちばしが黒くなっているのがわかります。
f0055184_2116346.jpg
この個体は、くちばし基部の黄色がはっきり出ていますから、アメリカコハクチョウの成鳥になるると思います。
f0055184_21161016.jpg
こちらの個体は、くちばし基部の黄色が不明瞭ですから、今年生まれのまだ若い個体であると思われます。
[PR]
by coffeeto | 2011-12-18 22:10 | カモ目

寒い朝のジョウビタキ

f0055184_2252981.jpg
このところ仕事が忙しくなったのと、法事や家庭の用事でフィールドへ出かけることができませんでした。今日は、2週間振りにカメラを担いでフィールドに出掛けることが来ました。郊外のT自然の森へ足を運びましたが、早朝から最初に出迎えてくれたのはこのジョウビタキ♂でした。
f0055184_2254427.jpg
天気はとても良かったのですが、少し風が強くて野鳥観察にはちょっとコンディションが悪い状態でした。案の定、小鳥類の出が悪くて、しっかり撮影できたのはこのジョウビタキ君だけでした。
f0055184_2254854.jpg
顔面から首いかけては完全に黒色になっていませんから、成鳥の一歩手前なのかなと思います。ヒッヒッヒッ、カッカッカッと、とてもよく鳴いていました。
f0055184_2255854.jpg
背面も完全な黒色ではなく、褐色の羽が混じっているのがわかります。ここからも完全な成鳥ではないことがわかります。
f0055184_226162.jpg
今日はとても冷え込んで、あたり一面真っ白になるくらい霜が降りていましたから、朝方の気温はおそらく0℃を下回っていたであったろうと思います。でも、日が差してほんわかとした陽気になってくると、このジョウビタキ君もほんわかとした表情を見せてくれました。
[PR]
by coffeeto | 2011-12-17 22:29 | スズメ目