花食ヒヨドリ@江戸川

f0055184_1539181.jpg
3月の三連休もこの日が最終日となりましたが、今回は遠出をすることができなかったので、日替わりの予定を立てました。初日は、栃木市の星野へセツブンソウアズマイチゲなどの山野草観察に出かけ、二日目は頂いた野鳥情報に基づいて、近郊の公園などを巡ってマミチャジナイヒクイナなどを観察することができたのですが、最終日のこの日は高速道路の渋滞にはまるのが嫌で、都内の葛西臨海公園でのんびり過ごすことにしました。上手くすれば、渡り途中の珍しい野鳥との出会いがあるかもしれません。期待を持って出かけてみましたが、ところがそうは問屋が卸しません。
f0055184_1539581.jpg
思うような結果を出せず、足取りが重くなってきたところで、諦めて帰り道に着こうとしていた時、すぐ脇の花が咲く植え込みに飛来した野鳥がいました。飛び込んだところでは、なんだか分からなかったのですが、近づいて確認したところ、ヒヨドリであることが分かりました。
f0055184_1538573.jpg
そのヒヨドリなんですが、飛来した時にあまり気にしていなかったのですが、ちょっと見ていたら何か黄色いものを食べたように見えたのです。エッ!ホントですか?俄然、注目が集まりました。
f0055184_15391275.jpg
えっ、ヒヨドリ君何を食べたの?何を食べたのか、もう一度見せてよ、と願いつつ何枚か撮影させてもらいました。以前、春先のキャベツ畑で、柔らかく芽生えたキャベツをむさぼるように食べているヒヨドリの群れを観察したことがありましたが、野菜を食べるとは、意外に健康食嗜好なんですね。
f0055184_15385051.jpg
暫くすると、このヒヨドリ君は、黄色い花を咥えて、おもむろに食べ始めたではありませんか。そうか、さっき食べたと思ったのは、やっぱりこの黄色い花びらだったんですね。
f0055184_15384283.jpg
すぐ脇に、この植物の案内標識が出ていました。この黄色い花びらはトサミズキであるようです。図鑑で調べてみたところ、トサミズキはマンサク科の落葉低木になるようで、3~4月に葉が展開する前に開花するそうです。
[PR]
by coffeeto | 2014-04-07 06:00 | スズメ目
<< コーヒー党の野鳥観察はこれで終... 越冬中のヒクイナ@横浜 >>