竹藪のトラフズク@さいたま

f0055184_16264814.jpg
トラフズクが出ていました。情報を送ってくれたのは、写真仲間のかずとりさんですが、先ほど連絡を取ってみたら、今ちょうど八ヶ岳の阿弥陀岳直下にいますとの返信メールがありました....。う~ん、羨ましい。雪山を登ると、夏山では味わえない爽快感があって、とてもハイテンションになりますから、私も一緒に行きたかったです。でも、次の週末(3月29日)は登友会の定例登山で、雪の湯の丸山をスノーシューで登ることになっていますから、その時に楽しませていただくことにしましょう。
地図付きのメールで場所を示してもらえましたから、3月19日に教えていただいた場所へ足を運んだところ、お陰さまでトラフズクの写真を撮ることが出来ました。昼間の間は寝てばかりで、動くことは殆どありませんが、カメラを構えて待っていたら、たまたま目を開けてこちらを向いてくれました。
f0055184_16262083.jpg
竹藪に羽を休めていたトラフズクですが、ほとんど動くことがありません。夜行性の鳥ですから、昼間はジッと動かずお休みしている訳ですね。でも、暫く待っていたら、大きな欠伸をしてくれました。
f0055184_16262636.jpg
長い間、微動だにせず羽を休めていたトラフズクが、大きな欠伸をした後、羽繕いを始めました。このように動く姿は昼間帯にはほとんど見られませんから、とても貴重なシャッターチャンスになります。
f0055184_16263273.jpg
羽繕いをしながら、片脚を上げてくれました。鋭くて、長い脚爪が見えます。この爪で、獲物となるネズミなどを押さえつけるのでしょうね。
f0055184_16264011.jpg
顔をぐっと前に突き出してくれましたが、この表情を見ると、何だか宮崎駿の『千と千尋の神隠し』に出てきた、仮面を被った黒装束の妖怪によく似ていると思いました。
f0055184_16265475.jpg
この日は、竹の幹に留まっていた1羽とともに、この茂みの中に隠れていた、合計2個体のトラフズクを観察することが出来ました。でも、聞くところによると、4個体はいたようです。
[PR]
by coffeeto | 2014-03-26 06:00 | フクロウ目
<< 間近に観察したジョウビタキ♀@... 池の中のアカガシラサギ@松伏 >>