雑木林のモズ@調布

f0055184_2182477.jpg
長年勤めた職場を、この3月いっぱいで定年退職することになります。お世話になった職場ですから、とても寂しい思いですが、これも定めというものです。リタイアしたら思う存分野鳥観察や自然観察、そして山歩きを楽しみたいと思うのですが、働けるうちは第二の職場でお世話にならなければなりません。カレンダー通りの仕事になると思いますから、週末だけの楽しみは今までと変わらないことになります。
先日、足を運んだ公園で地元の人に聞いたところ、昨年はビックリするくらいたくさんのイカルやコイカルがいて楽しめたのに、今年は野鳥の姿が少なくシメの姿も見えないと嘆いていました。でも、芝生広場にはカワラヒワが大きな群れで下りていました。ムクドリやツグミもたくさん見ました。帰りがけに通り抜けた雑木林では、ここを縄張りにしているモズが、元気に飛び回っていました。
f0055184_218690.jpg
この個体は、過眼線が茶褐色であり、胸からお腹にかけて網目模様のような斑があります。また、初列風切には白斑がありませんから、モズの♀であることが分かりました。枝に留まっては、枯葉の落ちた地面に飛び降ります。かなり頻繁に飛び回っていますから、きっと餌となる虫が動き始めているのだと思います。
f0055184_2175691.jpg
すっかり葉の落ちた雑木林でしたから、見通しがききます。そんなに広い範囲ではありませんから、獲物を狙って忙しく飛び回っても、どこに留まっているか探し易くて助かりました。暫くこのモズ♀と遊んでもらうことができましたから、退職間近のコーヒー父さんですが、寂しさも紛れてまんざらでもありません。
f0055184_2174469.jpg
??モズが枯れ木で鳴いている♫....そんな歌のフレーズが浮かんできそうな情景ですが、このモズ♀は鳴くこともなく、忙しく飛び回っていました。こうして見ると、とても可愛い顔をしています。
f0055184_2181233.jpg
モズが留まったこの樹は、枯れた細い枝の先にたくさんの細かい実がついています。よく分かりませんが、キブシかイイギリの仲間のように思えます。
このモズ♀は、雨覆いの各羽に白い羽縁が明瞭に認められることと、下くちばしが全部黒色ではなく、基部が肉色をしているところから、第1回冬羽であることが分かりました。
f0055184_218189.jpg
そういえば、このモズ♀とは先ほどから暫く遊んでもらっていましたが、何回も地面に舞い降りては樹上に飛び上がる動作を繰り返していたのに、一度も獲物を食べるシーンを見ていません。あんなに何回も飛び降りていたのに、ちゃんと獲物にありつくことができなかったのでしょうか..?後から写真を見ながら、そんな心配が浮かんできました。
[PR]
by coffeeto | 2014-03-03 06:00 | スズメ目
<< ムクドリに春の到来@調布 ミヤマホオジロと遭遇@調布 >>