ムクドリに春の到来@調布

f0055184_20545362.jpg
春先の移り行く気候について、三寒四温という言葉をよく耳にしますが、今朝はそれが実感できるような冷え込みでした。数日前は割合暖かい日が続き、春の到来が実感できる陽気だったのに、小雨混じりの天気になってしまったこともあり、駅までの道を震えながら歩いて来ました。
天気予報によれば、今週(3月第1週)は寒の戻りもあって、春が足踏みをしているようです。??春よ来い、早く来い♫....と、気持ちの中では強く念じながら、山野草が咲き乱れる季節の到来を待っています。
先日、調布市内の公園へ出掛けた折、芝生の上で仲良く行動するムクドリのペアを観察することができました。
f0055184_20543970.jpg
冬の間は、たくさんの群れで飛び回っていたムクドリですが、日足が伸びてきたこともあり、そろそろ繁殖時期に入ろうとしているようです。この2羽は周囲の群れの中では、その他大勢とは混じり合わずに、明らかにペアとして行動を共にしているようでした。
f0055184_20551354.jpg
この写真を撮影した日も、曇りがちで寒い一日でしたが、ムクドリのペアには一足早く、春の訪れがあったようです。邪魔をしないように、そんな様子を撮影させてもらいました。採餌している♀の様子を、♂が気遣いながら覗き込んでいるように見えます。
f0055184_20544648.jpg
この個体は、頭部から首周りにかけて、黒褐色の締まった色合いをしていて、頬の白色とのコントラストが目立ちます。全体的に色が濃いところから、ムクドリの♂になると思われます。
f0055184_2055042.jpg
こちらは、♀の個体になると思われます。上の写真の♂に比べると体全体が淡色です。頭部の黒褐色味が薄く、特に胸から腹にかけては少し濃い汚白色といった色合いです。
f0055184_2055779.jpg
ムクドリは全身濃褐色の色合いで、くちばしと脚がオレンジ色あるところが外形的な特徴ですが、雌雄で色の濃さに差があります。でも、腰の部分が白色であるところは、♂にも♀にも共通な特徴となります。
[PR]
by coffeeto | 2014-03-05 06:00 | スズメ目
<< 河川敷のコジュケイ@坂戸 雑木林のモズ@調布 >>