赤城山のウソ♀@前橋

f0055184_13331975.jpg
2週続けて週末に大雪が降り、特に先週末の大雪は記録的な積雪になりました。仕事で出掛けていた娘の夫も大渋滞に巻き込まれ、雪の中で一夜を明かしたようですが、翌日無事に帰って来られたようです。こんな状況ですから、私も2週続けて週末に自宅待機となり、何処へも出掛けられなかったわけですが、これも記録的な出来事になります f^_^;;
天気予報では、東京地方は次の木曜日(2月20日)にまた雪という予報がありましたが、今回は回避できそうです。しかし、雪の多い地方では未だに支障が残っているようですから、一日も早い復旧をお祈りします。
....この記事は、予約投稿しています。....
今月は、このブログで紹介するレポートを、1日おきにアップしようと心掛けていますが、幸いなことに2月11日(火)の建国記念日の祝日は好天に恵まれて、赤城山の周辺で野鳥観察ができましたから、何とか穴を開けずにやり繰りが出来そうです。
今回は、その赤城山の中腹で観察したウソの♀を紹介します。
f0055184_13325335.jpg
前回紹介したカケスの写真を撮り終えて、厚く降り積もった雪の林道を戻る途中、雪原の上に映った茂みの陰影の中に、羽ばたく鳥の影が映りました。ハッと思って振り仰ぐと、すぐ脇の茂みの中で、2羽のウソ♀が餌獲りをしている姿を見つけることができました。
f0055184_13334757.jpg
高さは3mほどの小低木でしたが、枝先に小さな木の実が、少しずつ残っています。その小さな実が薄紫色をしていましたから、これはムラサキシキブであろうと思われます。こんな実でも、餌の少ない時期には貴重な食料源ですね。道路のすぐ脇でしたが、三脚を構えても警戒して逃げることもなく、その姿を撮影させてくれました。
f0055184_13332679.jpg
こんな風に細い枝にぶら下がって、アクロバチックな姿勢で実を啄ばんでいます。もう、あまりたくさん残っていませんから、少し無理な姿勢をとらなければ、餌にありつくことが出来ないようです。
f0055184_1333467.jpg
今度は、思いっきり背伸びするように伸び上がって、餌となる実を啄ばんでいます。おかげで、体下面の様子がよく見えます。胸から脇腹にかけては灰褐色ですが、下腹部から下尾筒にかけては白色ですね。
f0055184_13333319.jpg
細い枝の上で、餌取りをしようとすると、軽い鳥であるとはいえ、バランスを取るのが難しいようです。時折、このように羽ばたいて態勢を整えていました。
f0055184_13334042.jpg
ここでもバランスを取るために、羽ばたきをしていました。餌取りをするのも、なかなか大変そうです。
f0055184_133310100.jpg
ウソ♀の眼が、キャッチライトを受けて輝いているように見えます。先程、この林道の奥の方で、フィッ、フィッと鳴く声が聞こえていましたから、この近くには♂を含めた群れが来ているものと思います。でも、ここで撮影している間は、残念ながら2羽の♀の姿しか見られませんでした。
f0055184_13335480.jpg
先日、日立でアカウソ♂の写真を撮影することができました。その時は、♀の写真が撮れず残念でした。この個体の大雨覆の先端に、細い白帯があるのが気になります。あの時、アカウソ♀の写真を撮っていれば、この個体が普通のウソ♀であるのか、アカウソ♀であるのか判定する材料になったと思います。
[PR]
by coffeeto | 2014-02-22 06:00 | スズメ目
<< 公園の野鳥@前橋 林道にいたカケス@前橋 >>