ズミ林のアトリ@前橋

f0055184_21144795.jpg
先日は、奥日光の戦場ヶ原でスノーシューハイクを体験してきました。だいぶ慣れてきたところで、また野鳥観察をしながら、雪原を歩き回りたくなり、3回目のスノーシュ-ハイクとして、赤城山の周辺を歩いてみることにしました。今回は、赤城山公園ビジターセンターに車を停め、覚満淵(かくまんぶち)を一周するお気軽コースとしましたが、雪の深さは前回歩いた戦場ヶ原の2倍くらいで、年始に初めてスノーシューハイクを体験した清里高原に比べると、今回はたっぷり3倍くらいの積雪でした。
ところで、神話の世界のお話では、その昔、日光男体山の神様と、赤城山の神様が中禅寺湖の水をめぐって争いとなったそうです。男体山の神様が大蛇に化身し、赤城山の神様が大ムカデに化身して、戦場ヶ原で戦ったそうですが、劣勢であった男体山の神様が奥州から猿丸という弓の名手を呼び寄せ、大ムカデの目に矢を命中させて、撃退したということですね。
神話の世界のお話はともあれ、戦場ヶ原の周辺とともに、赤城山を中心とした周辺一帯も野鳥観察の適地であるようです。覚満淵の周遊路の脇にあるズミの林で、アトリの群れを観察することができました。
f0055184_21152489.jpg
車載の温度計で外気温はマイナス9度と表示されていましたが、日が当たって良いお天気でしたから、さほど寒さは感じません。覚満淵の周遊路に踏み込むと、そこには70~80cm程度の雪が降り積もり、辺り一面眩しいほどの銀世界になっていました。とても静かな環境でしたが、時折カラ類やツグミの鳴く声が響いてきます。遠くに、キツツキのドラミングの音も聞こえてきました。
体が温まり、少し汗ばんできたかなと思う頃、ズミの樹でたくさん生っている実を採餌する、アトリの小群を見つけることができました。1ヶ月ほど前に、清里高原でたくさんのアトリを撮影しましたが、あのシーンが再現されたようです。頭の黒いこの個体はアトリの♂になります。
f0055184_21145751.jpg
枝の間から顔を覗かせてくれたこちらの個体は、上の写真の♂に比べると頭が灰褐色で、眼差しも柔らかさを感じます。羽衣の色合いも全体的に淡いですから、この個体はアトリの♀であることが分かりました。アトリ科の鳥は尾羽の先端が、魚の尻尾のような凹尾であるところが特徴ですが、この写真ではその形状が分かる状態で写っていてくれました。
f0055184_21154497.jpg
前景に小枝がうるさく被っていますが、先ほどの♀の個体が日の当たる枝先に出てくれました。私は、ズミの樹のすぐ下から、上を見上げる苦しい姿勢で撮影しています。すっかり雪に覆われた世界で、他に餌となるものがありませんから、こんなに近寄っていてもアトリの群れは採餌に夢中で、私の存在は全く気にしていないようです。それとも、ここには外敵がいないので、こんなに近くから撮影させてくれたのでしょうか?
f0055184_21151829.jpg
頭の黒い♂が、今まさにズミの実に喰いつこうとしているところです。
“痛快!丸かじりッ”というのが、どこかのコマーシャルのキャッチコピーとしてあったような気がしますが、そんな感じのワンショットでした。アトリ君からは、「いただきまぁ~す。」の声が聞こえてきそうです。
写真をよ~く見ると、頭部は一様な黒色ではなく、顔面は黒色ですが、後頭部は暗褐色に色分けされていました。図鑑にも記載がありませんが、初めて気が付きました。
f0055184_2115376.jpg
かじり獲ったズミの実の果肉を、くちばしの脇に付けたまま、頬ならぬ喉を膨らませているアトリ君です。お腹をまん丸に膨らませて、至福のポーズといったところでしょうか?
f0055184_21151237.jpg
さて、こちらは♀の個体を背面から撮影したものですが、背面のウロコ模様がよく目立ちます。特に腰の部分に注目してください。これもアトリの特徴ですが、腰の部分が真っ白なのです。風切羽の間に、僅かにそれが覗いていますね。
f0055184_21155046.jpg
それから、これは♀の個体を撮影したものですが、わき腹の下側に、淡黒褐色の水玉模様のような小斑が並んでいるのが分かります。♂も♀もこの小斑が出る個体と出ない個体がいるような気がします。....単に隠れて見えないのかもしれませんが....あるいは、これがアトリのステージを判定する材料になるのではないかと思っています。今後、観察する時に確認したいポイントですが、どなたかご存知の方がいたら教えてください。
f0055184_2115531.jpg
今回は、とてもラッキーなことに、いずれの写真も数m以内の距離から撮影することができました。精悍な表情をしたアトリの♂ですが、抜けるような青空をバックに、黒、オレンジ、白の三色の彩りがとても引き立って見えました。
[PR]
by coffeeto | 2014-02-18 06:00 | スズメ目
<< 林道にいたカケス@前橋 ズミの実とツグミ@奥日光 >>