ズミの実とツグミ@奥日光

f0055184_1801589.jpg
昨シーズンは、感動さえ覚えるようなレンジャクの群と遭遇することができました。あの夢をもう一度と訪れた戦場ヶ原に、今年はその姿を見つけることが出来ません。年によって渡ってくる鳥の様子は、随分違うものだと実感させられます。ここにあるズミの木には、餌となる実がまだたくさん残っているというのにです。例年であれば、もう渡来していてもおかしくないと思いますが、どうしてしまったのでしょうか?
すっかり雪に埋れた戦場ヶ原のズミ林は、鳥影も少なく、寂しい状況でした....少し肩を落としかけていた時、ケッケッケッケェ〜ッと鳴きながら1羽のツグミが飛来してくれました。
f0055184_1759324.jpg
周囲はすっぽりと雪に包まれていますから、とても餌が拾える状況ではありません。この枝に残っているズミの実は、この季節を生き抜く野鳥たちにとって、貴重な食料源になっているはずです。ここにはまだたくさん残っていますから、ツグミも安心してお腹いっぱい食べられるでしょう。
f0055184_17591195.jpg
戦場ヶ原は雪に埋もれ、とても寒くて厳しい環境の中ですが、ここは他の野鳥にとっても、餌が得られるとても大事な場所になるのでしょう。柔らかい冬の日差しを受けて、ツグミの瞳がキラキラッと輝きました。
f0055184_180755.jpg
冷え込んでいますが、とてもよいお天気に恵まれました。スノーシューハイクを楽しみながらここまでやって来ましたが、お目当てのレンジャクの群れとの出会えは叶いませんでした。でも、姿を見せてくれたこのツグミは大変嬉しい被写体となりました。青空をバックに、枝先に留まってくれたツグミが思っているのは、温々とした陽だまりのねぐらのことでしょうか、それともやっぱり餌のこと?
f0055184_17592527.jpg
枝先に留まったツグミが、ズミの実を食べています。他に野鳥の姿は見えませんから、このたくさんの実が全部食べ放題です。今日はこの席を独り占めできましたが、明日もこの席は予約しておきたいところですね。
f0055184_17594278.jpg
ツグミが走っています。かなりのスピードで疾走していました。白一色でよく分かりませんが、雪を蹴りたてながら走っていく姿を撮影することができました。
f0055184_17595921.jpg
雪原に一人(羽)佇んで、何を思っているのでしょう。先ほどから、かなり長い時間ジッとして動きません。ここで、餌が拾えるわけではありませんが、地面でミミズなどを獲る習性のあるツグミは、枝先に留まっているより、何もなくても雪原に下りているほうが安心できるのでしょうか?
[PR]
by coffeeto | 2014-02-16 06:00 | スズメ目
<< ズミ林のアトリ@前橋 冬も元気なキバシリ@奥日光 >>