湯川沿いのオオマシコ♀@奥日光

f0055184_17461485.jpg
白一色の銀世界を歩き回りたくて、昨年末にスノーシューを購入しましたが、もちろんその目的の一つに、野鳥観察をすることも含まれています。先日は、清里高原でスノーシューハイクを初体験してきましたが、野鳥観察では、期待していた以上に多くの成果を上げることができましたから、気を良くしていました。
今回は、2回目のスノーシューハイクとして、奥日光の戦場ヶ原を歩いてみることにしました。コースに沿って歩くのは、通常のハイキングと同じですが、緑の中を歩く時と違って、冬の雪原は視野が異なりますから新鮮味があるし、雪の上をフワフワ歩くあの感覚は、異次元の世界を体験しているようで、とても面白いですね。そして、東京近郊では決して見ることのできない、雪の中で生活する生き物を間近に観察できるのは、他の何物にも代え難い楽しみです。
スノーシューの効果に助けられながら、降り積もった雪の上を、湯川の流れに沿って歩いていたところ、1羽だけで単独行動していたオオマシコの♀を観察することができました。
f0055184_17444911.jpg
昨シーズンは、雪が降る前に来たのですが、ズミの林でレンジャクの群との思いがけない遭遇の機会に恵まれました。間近に観察した姿は神々しく、体が震えるほどの感激でした。今シーズンも、あの感激をもう一度と思いましたが、その願いは未だに叶えられていません。
今回、雪が積もった湯川の川岸で見つけたのは、岸辺に流れ着いた植物の種子を拾う、このオオマシコの♀でした。
f0055184_17452736.jpg
岸辺で見つけたオオマシコ♀ですが、最初に発見したときは後姿だったので、この鳥が何なのか全く見当も付きませんでした。水辺という環境でしたから、オオマシコの活動する環境と直接結びつかず、判断に迷ってしまいました。でも、腰の部分に赤い羽が見えたことで、オオマシコであることが分かりました。この個体は、額の部分にもわずかに赤色味が出ていますが、全体に淡色であるところから、第1回冬羽の♀になると思います。
f0055184_17451438.jpg
これまでオオマシコを観察したときは、いつも10羽前後の小群で活動していましたから、今回のように単独行動をとっている個体を観察するのは初めてでした。それも、この個体が一体誰なのか判断に迷う要因の一つになったわけです。
他の群れの仲間たちはどこにいるのでしょうか?現地でも、近くに♂が見られるかもしれないと、周囲を確認してみましたが、残念ながらこの♀は単独で行動していたようです。
f0055184_17445827.jpg
ここは、泉門池(いずみやどいけ)と呼ばれるところで、近くから湧水が滾々と流れ出しています。おそらく、湧き水が温かいために、この辺りの雪が解けていたのではないかと思います。周囲はすっかり雪の中に埋もれていますから、岸辺が露出しているこの辺りが、オオマシコにとって餌が拾える貴重な場所であったと思います。
f0055184_1746643.jpg
この苔むした岩の上には、橙色をした果皮片のようなものが落ちていました。これが一体何であるかは分かりませんが、オオマシコはしきりに啄ばんでいました。餌の少ない時期ですから、こんな物でも大切な食料源になっているようです。
[PR]
by coffeeto | 2014-02-12 06:00 | スズメ目
<< 冬も元気なキバシリ@奥日光 朝日の中のルリビタキ@日立 >>