公園のシロハラ@柏

f0055184_20122437.jpg
年齢とともに体を動かす機会が減ってきましたから、ここ数年は、健康管理も兼ねて歩くことを心掛けています。常に万歩計を携帯して、1日1万歩以上歩くことが目標です。平日は、通勤の電車を手前で降りて歩数を稼いだり、階段の利用を心掛けたりして、ほぼ目標を達成できるようになりましたが、週末がままなりません。山登りにでも行けばかなりの歩数を稼げますが、バードウォッチングで1日フィールドを歩いても、意外に歩数は伸びません。立ち止まって鳥を探したり、観察する時間が長くなるため仕方ないのでしょうが....野外で新鮮な空気を吸ったり、自然の風景を見るだけでも、健康維持に役立っていると思うようにしています。
この日は近郊の公園を歩き回り、何とか1万歩をクリアして、そのうえ間近にシロハラを観察することができました。私の健康管理には、野鳥観察が一番であるようです。
f0055184_20121654.jpg
冬場の林床で、ガサゴソと落ち葉を掻き分ける音が聞こえると、大型ツグミ類が餌探しをしているかもしれないと、その方向を注視するのがお決まりのパターンです。....と思ったら、やっぱりそこに出てきてくれたのはシロハラでした。
f0055184_20124222.jpg
先程から林床で餌探しをしていた個体が、茂みの根元で隠れるようにジッとして動かなくなりました。でも、暫く観察していたら、大きく伸びをしてくれました。外側3枚の尾羽の先端に、白斑があるのがわかります。
f0055184_20123042.jpg
シロハラの羽衣は、胸から腹にかけては汚白色ですが、背面は茶褐色で頭部と風切羽が濃灰褐色という色合いです。こうして見ると、地味な鳥ですね。
f0055184_2012369.jpg
散策路脇の柵の上で、ポーズをとってくれました。黄色いアイリングが目立ちますが、脚は肉色です。特に綺麗な野鳥というわけではありませんが、茂みの中から出てくることが少ないですから、見つけるとちょっと得した気持ちになります。
f0055184_20121055.jpg
シロハラの全長は25cmで、この時期にツグミ、アカハラ、トラツグミなどとともに観察できる大型ツグミ類の仲間です。大陸で繁殖して冬に我が国へ渡ってきて越冬する冬鳥です。
[PR]
by coffeeto | 2014-01-09 06:00 | スズメ目
<< 郊外の公園にて@柏 散策路のルリビタキ@柏 >>