堰堤のカモメ@銚子

f0055184_21514020.jpg
先日から、銚子漁港のカモメ達の様子を観察しに行きたいと思っていましたが、頭の中にカモメの姿が浮かんだら、もう足は銚子へ向けて動き始めていたという状況です。銚子漁港の陸側から水路を隔てて、堰堤の上にビッシリと並んでいるカモメ達の姿は壮観です。行けば必ず見られる鳥ですし、同じように見える種類でもいろいろな亜種が居たりと識別が面白くて、数年前までは冬の間、毎週足を運んでいたくらいカモメに狂っていました。そんな私にとって、銚子漁港ほど嬉しい環境はありません。
今回も、第一漁港の赤灯台から続く堰堤の上に、たくさんのカモメ達が並んでいました。セグロカモメ、オオセグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメなどが押し合うように並んでいる中に、少数のただのカモメが見つかりました。頭部の褐色斑が、ウミネコはベッタリした感じですが、カモメはこのようにざっくりした斑になっています。
f0055184_21513377.jpg
カモメ類は体の大きさで大まかに分けると、セグロカモメやシロカモメなどの大型カモメと、ユリカモメやミツユビカモメなどの小型カモメに分かれますが、カモメはウミネコとともに中型カモメの仲間に属します。
その中でカモメはそんなに個体数は多くありませんが、ここでは数亜種を確認することができます。この写真の個体は成鳥ですが、くちばしががっしりしていて、体が大きく普通に見られる亜種( L.C.kamtschatschatschensis )になります。
f0055184_21512772.jpg
この個体は、上の写真の個体に比べると、頭が小さくて、くちばしがとても可愛い小型の亜種(L.brachyrhynchus )になります。この個体は、くちばしの先端に黒い斑が残っていることと、脚が完全に黄色ではない緑灰色をしているところから、第3回冬羽になると思います。
f0055184_21511435.jpg
ウミネコの群れの中に、カモメが1羽だけ混じっていました。体はほぼ同じぐらいの大きさですが、背面の色はウミネコはより黒色に近く、カモメはそれよりやや薄いことが分かります。脚の色はどちらも黄色です。
f0055184_21512194.jpg
ウミネコのくちばしには赤色と黒色の明瞭な斑がありますが、カモメのくちばしは全体が黄色で、....亜種の違いや若鳥など、黒い斑が残る個体もいますが....ウミネコのくちばしとは明らかに異なります。また、ウミネコの尾羽には幅の広い黒帯がありますが、カモメの尾羽は白一色です。
f0055184_2151313.jpg
この個体も、体の小さい方の亜種(L.brachyrhynchus )ですが、肩羽に青灰色の羽が出ているところと脚が黄色くないところから、第1回冬羽になると思います。
f0055184_21505451.jpg
頭は丸いドーム型で、小さいくちばしという小型亜種の外形的な特徴がよく分かります。見かけ上はとても可愛いカモメです。成鳥になってもこの外形的な特徴は変わりません。カモメの亜種の中では、私の好みのタイプになります。
[PR]
by coffeeto | 2013-12-30 06:00 | チドリ目
<< 堰堤のシロカモメ@銚子 海岸のカワラヒワ@神栖 >>