ジョウビタキ@前橋

f0055184_20252235.jpg
冬の小鳥たちを観察したいと思っていました。一番の目的はベニマシコでしたが、ミヤマホオジロも見られたら嬉しいなと目論んで、群馬県前橋市の嶺公園までプチ遠征してきました。でも、結果としてはどちらにも振られてしまったのですが、はるばる足を運んできたからには、全くの空振りで帰ってくるわけにはいきません。幸いなことに、この公園は個体数が特別多いという訳ではありませんが、いろいろな野鳥が観察できましたから、写真はたくさん撮影することができました。これは、陽当たりの良い木の枝で、ヒッヒッと鳴いていたジョウビタキの♂です。
f0055184_20253531.jpg
こちらの木の枝でも、ジョウビタキ♂を観察することができました。冬鳥として常連の鳥で、都内の公園でもよく観察することができます。昔から紋付鳥といわれているとおり、風切羽に大きな白斑が目立ちます。
f0055184_20254177.jpg
とても冷たい風が吹いていたせいでしょうか、ジョウビタキは羽を膨らませて、体をまん丸に太らせていました。頭部は銀灰色で顔面は黒色です。背面、風切羽も黒褐色ですが、胸からお腹にかけて美しいオレンジ色をしています。また、腰の部分もオレンジ色であることが分かります。
f0055184_2025298.jpg
枝先に留まって、鳴いているところを見つけたのですが、くちばしの先端に赤い実を付けていました。元々は動物食の鳥で、昆虫類やクモ類などを食べているのでしょうが、今の時期はこんな木の実も貴重な食料源となっているようです。
f0055184_20254897.jpg
こちらの藪でも、♂の個体を観察することができました。上の写真とは別個体です。ジョウビタキは冬の間、♂も♀も縄張りを持って生活していますが、この公園の中を散策している間にも、数個体のジョウビタキを観察することができましたから、全体としてはかなりの個体数が入っているものと思います。
f0055184_2025920.jpg
藪の中にいたこの個体は、かなり気が強い個体であると見えて、ヒヨドリと縄張り争いをして追いかけっこをしていました。でも、やはり体はヒヨドリの方が大きいですから、体力勝負ではかないませんね。
f0055184_2025270.jpg
藪に留まって日向ぼっこをしていたら、どうやらまた縄張りに侵入してきたものがいたようです。このジョウビタキ君は、すかさずスクランブル発進をかけて、侵入者の追い出しに飛び立っていきました。
f0055184_20245167.jpg
笹薮に囲まれたこの穏やかな場所は、このジョウビタキにとっては越冬するための大切な縄張りです。餌も豊富にありそうですから、来春まで、この場所で元気に越冬してください。
[PR]
by coffeeto | 2013-12-24 06:00 | スズメ目
<< エナガ・エナガ・エナガ@前橋 カオジロガビチョウ@前橋 >>