シメの♀@前橋

f0055184_22231024.jpg
冷たい風が吹いていましたが、快晴の陽光がほんのりと暖かさを運んできてくれました。公園内の谷地で野鳥の写真を撮ろうと、三脚を据えて待ち構えていました。ここで暫く粘っていたら、そこそこの成果を上げることができたので、今度は園内を少し歩いてみることにしました。落ち葉が散り敷く小道を進み、丘を越えるとその先の草原から数羽の野鳥が舞い上がりました。梢に留まった姿を確認すると、そこにいたのはシメでした。
f0055184_2222198.jpg
とても大きくて、ガッチリしたくちばしがシメの特徴です。固い木の実でも、この太いくちばしをペンチのように上手く使って、くるくる回しながら割って食べることができます。目先に黒い部分がありませんから、この個体はシメの♀であることが分かります。
f0055184_22214678.jpg
羽の様子が見える状態で撮影することができました。ここで注目したいのは、次列風切の形状です。青藍色をしていますが、羽の先端が四角く角張っています。何故こんな形状をした羽になっているのかよく分かりませんが、これがシメ独特の特徴です。
f0055184_22213374.jpg
シメは、アトリ科の小鳥ですが、ちょっと太目の体型をしています。人間であればメタボリック体型とも言える体つきですが、シメはこれが標準体型なんでしょうね。
f0055184_22212582.jpg
プロペラの羽根のような種子をたくさん付けたこの木は、モミジかカエデだと思います。シメにとっても、この種子が貴重な食料源になっていると思います。
f0055184_22211740.jpg
木の上から、ピシッという独特の鳴き声が聞こえたら、シメがいるなと分かります。ここでは、陽が当たった背景をバックに、日影の枝に留まっていましたから、シルエットのようにしか見えません。露出補正して撮影したところ、何とかシメと分かる写真に写ってくれました。
[PR]
by coffeeto | 2013-12-22 06:00 | スズメ目
<< カオジロガビチョウ@前橋 初冬のカシラダカ@前橋 >>