オオバン@茨城

f0055184_2051044.jpg
茨城県の涸沼は、周辺に自然環境が残り、野鳥たちにとっても過ごしやすい場所であると思います。今回は、11月17日の日曜日に訪問したところ、麗らかな好天気に恵まれて、この上ない観察日和となりました。
岸辺に携帯椅子を置いて、のんびりと水面を眺めていたところ、アシが生い茂った河口からオオバンが出てきました。
f0055184_20505519.jpg
このところ、川や池などの水辺を訪れると、オオバンをよく目にするようになりました。以前は、こんなにたくさんいたとは思えません。むしろ、同じ仲間のバンの方が多かったようにさえ思います。
f0055184_2051640.jpg
しばらく水面を泳ぎ回り、時折くちばしを水につける仕草は、餌となる水草でもとっているのでしょうか?それにしても、長閑なものです。こんな時間がずっと続いてくれたら....と、お願いしたくなります。
f0055184_20511141.jpg
岸辺に三脚を据えて、望遠レンズでオオバンの動きを追いかけていますが、ちょうど順光線で撮影できるシチュエーションでした。モニターで確認すると、上手く写っている様に見えてしまいますから、気を良くして....気が付けば、かなりの枚数を撮影してしまいました。
f0055184_2051161.jpg
ひとしきり水面を泳ぎ回ると、また河口に広がるアシ原の方向へ戻っていきました。オオバンにとっては、この辺りが一番落ち着ける場所なんだろうと思います。それにしても、良いお天気の一日でした。
[PR]
by coffeeto | 2013-12-06 06:00 | ツル目
<< ヘラサギの幼鳥@川越 涸沼と彩湖のカンムリカイツブリ見比べ >>