泳ぐカワガラス@奥日光

f0055184_17232887.jpg
奥日光は、今更言うまでもありませんが、ここは野鳥の宝庫です。秋から冬に移行する時期の野鳥を観察しようと、11月の三連休を利用して出掛けて来ましたが、とてもたくさんの野鳥と出会うことができ、写真もたくさん撮影することができました。どの野鳥をどんな順番で紹介しようか、逆に迷ってしまうほどです。
戦場ヶ原にオオモズが来ているとか、イスカやベニヒワの群れが入ったなどなど、嬉しい話をたくさん聞かせていただきましたが、私はその他の野鳥の写真も撮影しておかないと、このブログで紹介するネタ切れになってしまいますから、先に湯川沿いに小滝まで往復して、それからゆっくり狙ってみることにしました。
湯川沿いでは、ほぼ狙い通り写真を撮影することができましたから、お昼は泉門池のベンチの所でゆっくり食べようと下って来たところ、ちょうど探鳥会の一行がやって来て、カワガラスがいると賑やかになってきました。有難う御座います。お昼を食べる前に、私も撮影させて頂きます。
f0055184_17233433.jpg
この泉門池のあたりは、マガモやコガモなどが餌取りをしたり、羽を休める場所ですから、湯川の流れもゆっくりで、少し淀んで水深もかなりあると思います。
カワガラスにとっては、餌取りには不向きな場所であると思ったのですが、そんな事は少しも厭わず、このカワガラスは水の上を泳ぎ始めました。それを見ていた探鳥会の一行からは、一斉に歓声が上がりました。
f0055184_17234087.jpg
カワガラスは、周囲を取り巻くギャラリーの賑やかな声を気にすることもなく、そのまま潜って餌取りをしていました。そんな姿を見ていると、まるで水鳥のようですから、「あなたは本当にスズメ目の鳥なの?」と聞いてみたくなります。
f0055184_17234621.jpg
水面に飛び出している枯れ枝でひと休みしています。何回も潜って餌取りをしていましたから、お腹一杯タップリと食べることができたのでしょうか?それとも、疲れてひと休みですか?
f0055184_17235117.jpg
流れの中での餌取りが終わると、近くの苔生した岩の上に飛び移りました。ここが、このカワガラスのお気に入りのポイントであるようです。ずっとこの場所に留まってくれましたから、探鳥会の一行も私も、ゆっくり観察することができました。
[PR]
by coffeeto | 2013-11-20 06:00 | スズメ目
<< 枯れ木のアオゲラ@奥日光 足元のコガラ@奥日光 >>