足元のコガラ@奥日光

f0055184_20235670.jpg
秋から冬に移行する時期の野鳥を観察しようと、11月の三連休を利用して奥日光へ行ってきました。戦場ヶ原に設置された木道は、湯川に沿って上流の湯滝まで続いていますから、川沿いでミソサザイやカワガラスを撮影したいと思い、青木橋を経由して小滝までを往復してきました。
泉門池を過ぎて少し行ったところに、川面が広く開けて見下ろすことができる場所がありますが、ここで野鳥の出現を待っていたら、川の上をカワガラスが飛翔して近くに降りました。これは撮影のチャンスがあるかもしれません。暫く様子を伺っていると、今度はコガラの群れが飛来してくれました。散策路の下の、すぐ足元に留まってくれましたから、早速、撮影の対象になりました。
f0055184_202435.jpg
本当に、足元から数mの距離ですから、見下ろすような角度で撮影することができました。おかげで、普段、枝先に留まっているところを撮影する時とは、少し雰囲気の違う写真を撮影することができました。
いつも、お腹ばかりが目立つ写真になりがちですが、少し上から見下ろすと、心なしかコガラの可愛さが、より強調されて見えてきます。
f0055184_2024923.jpg
このコガラの群れは、数個体がいたと思いますが、次々に飛来しては、同じような場所に留まってくれました。距離が近かったので、次々に飛来されると、カメラで追いかけるのが大変でした。でも、こんな撮影チャンスに恵まれたわけですから、文句を言ったら贅沢だと叱られてしまいそうです。
f0055184_2024153.jpg
黒いベレー帽を被ったようなコガラの姿は、カラ類の中では一番スッキリした羽衣であると思います。でも、なかなかジッとしてくれません。忙しなく動き回っては、枝から枝へと飛び移っていきます。
f0055184_20242143.jpg
今度は、頭上の枝先に留まりました。振り仰いで撮影すると、これがいつもコガラを撮影している時のイメージです。
f0055184_20242798.jpg
赤い木の実の生る枝先にも留まってくれました。まさか、この赤い実を食べようという訳ではないと思いますが、....コガラも、木の実を食べることがあるようですが....ここでは、何も食べずに飛び去ってしまいました。
[PR]
by coffeeto | 2013-11-19 06:00 | スズメ目
<< 泳ぐカワガラス@奥日光 倒木の上のミソサザイ@奥日光 >>