早朝のキバシリ@奥日光

f0055184_1251064.jpg
紅葉前線が南下する時期は、何処へ出掛けても高速道路の大渋滞が発生しますから、今まではこれを避けて自然観察に行く場所を選定していました。しかし、最近山登りに興味を持ち始めたことから、野鳥観察と山登りの両方が出来る場所へ、優先的に出掛けるようになりました。
11月の三連休は、以前から登ってみたかった男体山に雪が降る前に登り、そのまま戦場ヶ原へ回って探鳥も楽しんで来ようという一石二鳥の計画を立て、紅葉真っ盛りの奥日光へ行ってみることにしました。 ... ...というわけで、今回は、戦場ヶ原の木道を歩きながら、観察することができたキバシリを紹介します。
f0055184_1251618.jpg
連休初日は男体山に登り、2日目は赤沼から小滝にまでの間を、湯川に沿って広く歩き回って野鳥を探しました。この日は、オオモズが来ているという情報を頂いていたのですが、これに振り回されて空振りにないように、広範に野鳥写真を撮影してきました。
この写真は、3日目の早朝に撮影したものですが、オオモズのポイントへ向けて足を早めていた時、カラ類の混群が賑やかに飛来したと思ったら、木道脇の木の幹を身軽に駆け登っていくキバシリを見つけました。急ぐ道すがらではありましたが、そこで三脚を構えて撮影したものです。
f0055184_1252148.jpg
それにしても、キバシリは見つけ難い鳥ですね。木の肌と同じような羽衣をしていて、それが木の肌にぴったりと張り付いて移動しますから、正面から見ていると、動きがあっても見つけ難いことこの上ない鳥です。ちょっと上を振り仰いでくれましたから、喉の白い部分が目立ちました。
f0055184_125632.jpg
このように、木の幹のサイドに取り付いている状態であれば、割合容易に見つけられると思いますが、チャンスは少ないですね。こうして見ると、くちばしは細くてやや下に湾曲し、体下面は全体が白色であることが分かります。
f0055184_1243576.jpg
この写真のキバシリは、連休2日目に泉門池(いずみやどいけ)から湯川に沿って、上流の小滝方向へ歩いていたとき、川沿いの木に飛来してくれた個体です。樹肌に留まったまま羽ばたきしてくれましたから、翼に白い翼帯があることが分かる写真になりました。
f0055184_124444.jpg
実は、この場所でカワガラスの飛翔を目撃したので、その姿を撮影したいと待っていたところ、このキバシリが来てくれたほか、コガラやミソサザイまで撮影できました。タイミングが良かったのか?それとも場所が良かったのか? お陰で、移動せずに短時間のうちにたくさんの写真を撮影することが出来ました。このキバシリは樹肌を移動しながら、餌探しでしょうか、そこに空いた穴を覗き込んでいました。
f0055184_1245097.jpg
穴の中には、餌となるものが何もなかったようです。そのまま、どんどん木の上の方へ移動して行きます。キバシリは、ここでは留鳥として1年を通して観察できる鳥であると思いますが、雪が降り積もった厳冬期でも、木の皮の裏側に潜む小さな昆虫やそのタマゴなどを採餌しているのだと思います。
f0055184_1245710.jpg
キバシリは、スズメ目キバシリ科に分類されていますが、全長14cmでスズメとほぼ同じ大きさの小鳥です。日本にはこの一種しかいませんから、我が国では一族一種の野鳥ということになります。
[PR]
by coffeeto | 2013-11-16 06:00 | スズメ目
<< 倒木の上のミソサザイ@奥日光 イスカも出ました@奥日光 >>