渡去前のキビタキ@葛飾

f0055184_21543862.jpg
10月も下旬となってきました。先の三連休では天気に恵まれ、戸隠で楽しく遊んできたのに、次の週末は天気予報が良くありません。土曜日は午後から雨が降り出して、日曜日は一日雨模様になりそうです。
嘆いていても仕方ありませんから、近場の公園にでも出掛けて、降られる前に早めに野鳥写真を撮影してこようと考えて、水元公園へ出掛けてみることにしました。上手くすれば、渡り途中の夏鳥がまだ残っているかもしれません。
地元の野鳥カメラマン氏から情報収集すると、先週はこの場所でキビタキの♂も♀も写真が撮れたという話がありました。それを参考にしながら待ち構えていると、何とかキビタキの♀だけはカメラに収めてくることができました。情報を頂けるのは、有難いものです。
f0055184_21544455.jpg
この個体は、大雨覆いの羽縁に白い縁取りがありますから、今年生まれの若鳥ではないかと思います。結局、この日撮影できたヒタキの仲間は、この個体だけでした。そろそろ、夏鳥の渡りを観察する季節も終盤のようで、先週はキビタキ観察のポイントに望遠レンズが並んでいたようですが、この日はそんな風景も見られませんでした。
f0055184_21545912.jpg
始めにキビタキを見た場所で、先ほどからずっと待ち構えているのですが、その後なかなか姿を現してくれません。痺れを切らせていたところ、突然、頭上の空抜けの枝先に飛来してくれました。咄嗟のことで、露出補正も追いつかないまま、シャッターを押しました。
f0055184_2154496.jpg
葉が落ちた枝先を飛び回っていたのですが、とにかく動きが激しくて、なかなか同じ場所に留まっていてくれません。ファインダーに入れるのがやっとという状況ですが、うるさい枝振りの中に何とかその姿を捉えることができました。
f0055184_5534142.jpg
林内は、明るいところと暗いところの明暗差がとても激しいですから、野鳥写真を獲るときには露出補正の難しさに、泣かされることの連続です。ここでは、右側に木の幹が被ってしまいますが、今度は露出オーバーの写真になってしまいました。
この後、お昼を食べてグリーンプラザ方向へ行くと、「写真展をやっているから、是非見ていってください。」と声を掛けられました。その声の主は、なんと久しぶりにお会いしたKさんでした。喜んで写真展を拝見させていただきましたが、皆さん、素晴らしい写真を展示していて感心いたしました。私にもあんな写真が撮れたらと、羨ましく思いながら、ブログの書き込みに追われる毎日です。
[PR]
by coffeeto | 2013-11-04 06:00 | スズメ目
<< イソヒヨドリ@南房総~鴨川 アオサギ@葛飾 >>