アオサギ@葛飾

f0055184_204963.jpg
都立水元公園は、広い芝生と緑が多くて、子供連れのファミリーや散策のために足を運ぶ人々にとって、のんびりできるとても気持ちの良い場所です。公園の中には、小合溜や内溜などの水辺もあって、ひなが一日釣りを楽しむ人もたくさんいます。
アシ原の脇の水路にも、何人かの釣り人が並んで釣り糸を垂れていましたが、気が付けばその向こう側で、同じように魚を狙っているアオサギが、ジッと水面に目を凝らしていました。
動く気配がない釣り人と、アオサギの取り合わせが面白いなと思いながら、近い位置からその表情をアップで撮影してみました。....といっても、望遠レンズをセットしていましたから、全身はとても入り切らない距離でしたが.....。
f0055184_2049148.jpg
暫く様子を伺っていると、それまで全く動きのなかったアオサギが、やにわに動いたかと思ったら、水面に首を突っ込み、そのまま舞い上がりました。くちばしには、大きな魚を咥えています。何人もの釣り人には、釣果があるようには見えませんでしたから、見事なものです。
魚を咥えたアオサギは、そのまま近くの草原に舞い降りて、ここでゆっくりご馳走にありつこうというわけですね。
f0055184_20492098.jpg
大きな魚を丸ごと飲み込んだこのアオサギは、してやったりと満足そうな表情です。ここ水元公園は、休日をのんびり過ごす人々だけでなく、アオサギにとってもご馳走にありつくことができる、とても良い場所であったようです。
f0055184_20492691.jpg
草原で、しばらく佇んでいたアオサギが、また動き始めて水路の方向へ移動を始めました。柳の下のドジョウを狙っているのでしょうか?
f0055184_20493843.jpg
こちらは小合溜の水の中で、ジッと佇んでいたアオサギです。ここでも、先ほどのような見事な漁が出来るのでしょうか? 興味を持って見物させていただくことにしました。.....
f0055184_20494573.jpg
....と思ったら、このアオサギは私の下心を見透かしたように、直ぐに対岸へ向けて飛び去ってしまいました。
[PR]
by coffeeto | 2013-11-02 06:00 | コウノトリ目
<< 渡去前のキビタキ@葛飾 賑やかなオナガ@葛飾 >>