アカゲラ@戸隠

f0055184_2023637.jpg
10月の三連休を利用して足を運んだ戸隠森林植物園では、紅葉が始まったばかりでまだ木々の葉が落ち切っていませんから、野鳥たちが枝先に飛来してくれても、観察する時には、ちょっと邪魔になってしまいます。
それでも、緑の葉と少し色付いた葉が混じり合う、柔らかい風景の中に野鳥が溶け込んでくれると、何とも言えないメルヘンチックな雰囲気を醸し出してくれますね。今回は、そんな背景の中にアカゲラが飛来して、主役になってくれました。
今回の三連休では、二日目まで野鳥写真に成果が上がっていませんでしたから、最終日は野鳥写真の撮影だけに狙いを絞って、早朝からフィールドへ飛び出してきました。しかし、帰りの高速道路の大渋滞が予想されましたから、昼前には帰路につきたいと思っていました。
ラッキーなことに、入口広場からモミの木園地へ向かう途中で、コブシの実を啄ばむツグミの仲間がたくさん撮影できました。そこそこの成果が上がりましたから、早く車に戻って遅い朝食をとろうと、高台園地からみどりが池方向へ向かう探鳥路を歩いていたのですが、その時、思いもがけずこのアカゲラの写真が撮影できました。
f0055184_204454.jpg
そのアカゲラが、木の幹に留まったまま羽ばたきをしてくれました。おかげで、翼の内側の模様が見える状態で撮影できました。翼の内側には、黒地に白い班が多数並んでいますから、鷹斑模様のようにも、鹿の子模様のようにも見えます。
f0055184_2024933.jpg
植物園の園内で、アカゲラはキョッ、キョッと鳴きながら林内を飛び回っていましたから、その存在はすぐに分かるのですが、何せ高い樹の幹に止まりますから、枝越し、木の葉越しの撮影となって、なかなか思うようなシャッターチャンスに恵まれません。
f0055184_2025413.jpg
この場面では、上手く全身が見える場所に留まってくれましたから、背面の模様も撮影することができました。アカゲラのトレードマークである下尾筒の赤いが分かりますが、後頭部にも赤色の羽がありますから、この個体は♂であることが分かります。
f0055184_2024117.jpg
背面は、黒い羽で覆われていて、同じキツツキの仲間のオオアカゲラとよく似ていますが、背面にはこのように逆ハの字型の白斑が出ていますから、アカハラの識別ポイントとなります。
f0055184_203013.jpg
植物園の中は、まだまだ木の葉が生い茂っていましたから、なかなか全身が見える場所に留まってくれません。とにかく少しでも姿が見えるとシャッターを押していましたから、これは、おまけの1枚です。
[PR]
by coffeeto | 2013-10-27 06:00 | キツツキ目
<< 公園の野鳥達@さいたま マミチャジナイ@戸隠 >>