ゴジュウカラ@戸隠

f0055184_16381961.jpg
戸隠森林植物園は、例年春と秋のシーズンに足を運んで自然観察を楽しんでいますが、野鳥にしても山野草にしても、行けば必ず何らかの収穫がありますから、私にとってはとても嬉しい自然環境です。
今回は、昨年に続き渡り途中のムギマキを観察しようと、10月の三連休を利用して行って見たのですが、餌となるツルマサキの実が熟していないため、その姿を見ることは出来ませんでした。でも、コブシの実が熟していましたから、ツグミの仲間がたくさん観察できました。
木の実の熟し具合で、見られる鳥の種類は随分異なりますが、今回観察することができたのは、ツグミばかりではありません。これは留鳥のゴジュウカラですが、黒い木の実を咥えて、頭上の枝に飛来し、間近にその姿を見せてくれました。
f0055184_1638368.jpg
このゴジュウカラですが、黒い木の実を咥えたまま、樹上で暫くあちらを向いたり、こちらを向いたりと落ち着きがありません。
そのお陰で、下尾筒にある赤褐色の羽の模様まで撮影することができました。
f0055184_16384224.jpg
隣の木の枝に飛び移りました。どうやら、咥えている木の実を置いて、くちばしで突ついて果肉を食べることができる、安定した場所を探しているようです。
f0055184_1639349.jpg
やっと、木の実を置いて突つくことができる、安定した場所を見つけたようです。小気味好い音で、コンコン、コンコンと木の実を突つく音が聞こえてきました。
キツツキの仲間が木の幹を突つく音と似ていますが、音は小さめで、突つく速度はキツツキより遅めです。
f0055184_16394938.jpg
上手く木の実が食べられたようですね。満足そうに頭を上げてくれました。さて、次は何処へ行って餌を探そうか? そんな余裕の伺える姿でした。
f0055184_16393814.jpg
飛び去ろうとした瞬間、直ぐ下を見ると、カメラのレンズが目に入ったものと思います。断りもなく黙って撮ったねと、ちょっと睨まれてしまったように感じました。
[PR]
by coffeeto | 2013-10-23 06:00 | スズメ目
<< マミチャジナイ@戸隠 アカハラ@戸隠 >>