サメビタキとコサメビタキ@戸隠

f0055184_20312749.jpg
10月12日(土)~14日(月)の三連休は、秋晴れで気持ちの良い晴天に恵まれました。絶好の機会ですから、野鳥観察と山登りの両方を楽しんでこようという目的で、長野県の戸隠へ行ってきましたが、行楽日和の三連休ですから、当然のことながら高速道路の大渋滞が予想されました。いつものように仕事が終わった前夜に出発して、どこかのサービスエリアで仮眠を取ろうと考えていましたが、直前で仕事関係のスケジュールが重なり、土曜日の早朝に出発することにしました。
たまたま午前3時前にあった地震の揺れで眼が覚めましたから、これ幸いと準備をして出発したところ、午前8時前には現地に到着することができました。
さて、この写真ですが、コブシの実を食べに集まるツグミの仲間を撮影しようと待ち構えていたところ、ヒタキの仲間が飛来してくれました。何とか数枚の写真を撮影することができたわけですが、撮影した時には種類まで識別することはできませんでした。
f0055184_20313729.jpg
昨年に続き、ツルマサキの実を食べにくるムギマキを狙っていたのですが、ツルマサキの実はまだ殆ど開いていません。だから、コブシの実を食べに来たのかと思ったのですが、上の写真を見ると、汚白色のアイリングがあることが分かります。また、目先は白っぽくありませんから、おそらくサメビタキではないかと思います。
f0055184_20314297.jpg
サメビタキは喉から胸にかけて、褐色の汚れのような斑が出るのが普通ですが、この個体にはあまり出ていません。だから、コサメビタキの可能性もあるかと思いましたが、目先まで黒っぽいところでサメビタキと判定しました。この個体識別について、知見のある方は是非教えてください。
f0055184_20354370.jpg
こちらは、そろそろ撮影を終えて車に戻ろうと、木道を歩いているときに撮影したコサメビタキです。やはり2~3枚の写真しか撮れませんでしたが、明らかに白いアイリングがあり、目先も白っぽいことが分かります。また、胸には汚れが殆どありませんから、これはコサメビタキであろうと識別することができました。
f0055184_20354815.jpg
さて、そのコサメビタキですが、背面からの姿も撮影することができました。大雨覆いの各羽に白っぽい羽縁が明瞭に出ています。だから、この個体は今年生まれの若鳥であろうと思います。
[PR]
by coffeeto | 2013-10-19 06:00 | スズメ目
<< アカハラ@戸隠 ツグミの仲間3種@戸隠 >>