あしだち探鳥会のキアシシギ@谷津干潟

f0055184_2124861.jpg
今年の夏は、例年になく記録的に暑い日が続きました。でも、そんな陽気をものともせず、あしだち(足立・自然にふれあう会)の探鳥会が8月25日(日)に、谷津干潟で開催されました。当日は、朝から雨模様となる愚図ついた天気でしたが、そのせいか当日の参加者は15名でした。
私は、今年2月に舎人公園で開催された探鳥会以来、半年ぶりの参加となりましたが、常連の懐かしい方々と再会できて、楽しく探鳥することができました。
干潟では、たくさんのシギやチドリの仲間を観察することができましたが、最初にキアシシギの写真を紹介します。
f0055184_21235670.jpg
今回の探鳥会は、バラ園側小学校プール前観察所が集合場所として指定されていました。ご近所の皆様と車に乗り合わせ、定刻の前に集合場所へ到着しましたが、その少し先のバラ園前の干潟に、キアシシギを含めて、たくさんのシギが集まっていましたから、集合時間前のバラ園前で、早速の写真撮影をすることができました。ここでは、キアシシギのほかに、ソリハシシギ、トウネンなどが観察できました。
f0055184_2124176.jpg
キアシシギは、文字通り脚が黄色いシギです。この個体は、まだ夏羽が残っていますから、側胸部に褐色の横斑が認められます。背面には目立った模様がないところがキアシシギの特徴です。
f0055184_21233750.jpg
津田沼高校側の、屋根がある観察所の前に並んだ木の杭の上に、何羽かのキアシシギが留まって羽を休めていました。
f0055184_21241282.jpg
この日は、潮周りが悪く、探鳥会開催時から干潟は海水であふれていました。でも、昼近くになって、少し潮が引いてきました。
f0055184_21242265.jpg
これも、津田沼高校前の場所で撮影したものですが、僅かに見えるようになった干潟に、キアシシギが飛来して餌獲りを始めたところです。
[PR]
by coffeeto | 2013-09-05 06:00 | チドリ目
<< あしだち探鳥会のソリハシシギ@... イワヒバリが居たのですが...... >>