カラスバト@八丈島

f0055184_21281587.jpg
野鳥観察の仲間3人で、八丈島へ行って来たのは、7月20日(土)〜21日(日)にかけてのことでした。島に着いて直ぐに、昨年タネコマドリがたくさん観察できた林道を登ったのですが、今回は殆ど姿が見えません。昨年も、三連休の次の週末に来たわけですが、今年は暑かったせいか、例年より繁殖期が早かったのではないかと思われました。
そんな時、一緒に行ったミルフィーユさんが、以前バンディングの手伝いをした場所は、カラスバトやオーストンヤマガラがたくさん観察できたという話をするので、そちらへ移動してみることにしたのです。
その場所に到着して間も無く、言い出しっぺのミルフィーユさんが、少し離れた木に飛来したカラスバトを見つけてくれたのです。
何枚か撮影することができましたが、奇跡的にピントの合った写真は、この一枚だけでした。
f0055184_2128184.jpg
解像力には定評のあるオリンパスE-5と300㎜F2.8+EC14の組み合わせで、何枚かシャッターを切ったのですが、かなり離れた木に飛来したので、ピントの合った写真は上のワンショットだけで、以下に紹介する写真は、みんなピンボケの山になってしまいました。
これは、私の写真の腕前が、如実に証明されてしまった結果ですね..... f^_^;
f0055184_2128874.jpg
ここで撮影できたカラスバトも、伊豆諸島などの島嶼部にのみ生育する野鳥ですから、これも島の固有種であるといえます。
全長は40cmとされていますから、キジバトより二回りくらい大きく、身体全体がかなり黒い色合いをしています。
f0055184_21282249.jpg
ウォー、ウォー、ウォーと、独特の低い声で鳴きますから、いる事は直ぐに分かります。時折、飛翔する姿は観察できるのですが、木に留まった姿を確認するのが、とても難しい鳥です。
f0055184_21282791.jpg
暫く留まっていたカラスバトが飛び立ちました。1羽だけだと思っていましたが、ここにはペアいたようです。2羽で仲良く飛び去って行きました。
[PR]
by coffeeto | 2013-08-21 18:00 | ハト目
<< 繁殖中のタネコマドリ@八丈島 繁殖中のイイジマムシクイ@八丈島 >>