オーストンヤマガラの若鳥@八丈島

f0055184_2117841.jpg
八丈島の野鳥観察は3年連続足を運んで、今年で通算5回目になります。航路の海鳥については、連絡船のデッキの上から見るしかないので出たとこ勝負ということになりますが、島内の野鳥の観察ポイントについては、訪問するごとに次第に分かるようになってきました。
今回は、海鳥はパッとしませんでしたが、島の野鳥については固有種の多くを撮影することができて、我ながら満足できる結果となりました。このオーストンヤマガラも、実は今回初めて撮影することができた次第です。
f0055184_21171387.jpg
島に到着すると、直ぐに予約していたレンタカーを借りて、野鳥がたくさん観察できる林道を中心に走り回りました。このオーストンヤマガラは、その林道に張られた電線の上に留まったところを撮影したものですが、体全体が淡い色合いであるところから、今年生まれの若鳥であると思われます。電線の間に挟まった枯葉を咥えて、いたずらを始めたようです。
f0055184_21172065.jpg
頬にわずかに橙色味が出ているのが分かりますから、本土で観察するヤマガラとは、ちょっと違うなということが頷けます。
ひとしきり枯葉を咥えて遊んでいたこのオーストンヤマガラは、間もなく他の仲間の声がする方向へ飛び去っていきました。
f0055184_21172532.jpg
オーストンヤマガラは、群れで林道周辺を飛び回っていました。真上の電線に留まりましたから、空抜けの見難い写真になってしまいましたが、こちらの個体も体の色合いが淡いですから幼鳥ですね。
f0055184_21173314.jpg
枝先に留まった個体を撮影することができました。ここまで、電線留まりばかりでしたから、やっと自然の中にいる姿が撮れたと喜んだのですが、この個体も色合いが薄い若鳥のようです。今回は成鳥の写真を撮ることができず、若鳥ばかりになってしまいました。成鳥の写真は、残念ですが次回に繰り越しです。
[PR]
by coffeeto | 2013-08-17 18:00 | スズメ目
<< 繁殖中のイイジマムシクイ@八丈島 アカコッコの成鳥と幼鳥@八丈島 >>