高原のホオジロ@入笠山

f0055184_21294215.jpg
6月8日(土)から9日(日)にかけて、あしだち(足立・自然にふれあう会)の有志と長野県の入笠山へハイキングと山野草観察に出掛けてきました。山野草についてはとてもたくさんの収穫がありましたが、野鳥については入笠湿原で早朝探鳥をした時に、このホオジロを撮影することができたのがやっとという状況でした。
f0055184_21294814.jpg
入笠湿原では、カッコウ、ツツドリ、ホトトギスといったトケン類の声がよく聞こえてきました。時折飛翔する姿も観察できましたが、残念ながらその姿を撮影することはできませんでした。せめてもの救いがこのホオジロでした。
f0055184_21295587.jpg
マナスル山荘新館に泊まって、2日目は入笠山(標高1,955m)に登ってきました。これは、山頂で撮影したホオジロです。
f0055184_2130152.jpg
入笠山の山頂では、天候に恵まれて、360度の眺望が楽しめました。富士山をはじめ、八ヶ岳、北アルプス、南アルプス、中央アルプスの山並みが眼前に広がります。そんな状況の中で、このホオジロが枝先で元気に囀りの声を響かせていました。
f0055184_21301981.jpg
これは、入笠湿原で観察したモズですが、かなり距離があったから、この程度の写真を撮るのが精一杯でした。よく見ると、頭部から背面にかけては灰色をしているところから、いわゆる高原モズの特徴を呈していると思います。
[PR]
by coffeeto | 2013-06-14 21:46 | スズメ目
<< 公園のオナガ@埼玉 今年初認のアオバズク@神奈川 >>