林道で見たサンコウチョウ@神奈川

f0055184_19525425.jpg
サンコウチョウが繁殖しているよと教えていただいた、神奈川県下の林道に足を運びました。今年はまだ渡って来たばかりですから、まだ営巣場所が確定していないようです。
f0055184_19522391.jpg
それでも、こうして緑陰に羽を休めるサンコウチョウ♂の姿を撮影できました。ちょっと冠羽を立てています。尾羽がとても長いですから、全長は45㎝にもなります。
f0055184_19521222.jpg
ちょっと振り返るようにして、周囲の様子を窺っているようでしたが、コバルトブルーのアイリングがとてもよく目立ちました。
f0055184_19521771.jpg
羽を広げて羽繕いをしています。下雨覆いは濃褐色ですが、風切羽の裏面はかなり白っぽい色合いをしています。
f0055184_19524879.jpg
さて、このサンコウチョウ♂の長い尾羽の中央部分に注目してください。昆虫のヤマトシリアゲが留まっています。
f0055184_19522930.jpg
胸のあたりの羽繕いを始めました。頭部から胸にかけては紫黒色で、お腹は白色です。
f0055184_19525921.jpg
ここで、名前の由来となっているツキヒーホシ、ホイ、ホイ、ホイという声でさえずってくれました。
f0055184_19532030.jpg
スギの木の頂付近にも羽を休めていました。木陰にコバルトブルーのアイリングがとてもよく目立ちました。
f0055184_1953921.jpg
こちらは、サンコウチョウの♀になります。全長は18cmほどです。
f0055184_19531545.jpg
サンコウチョウの♀にもコバルトブルーのアイリングがありますが、この個体はあまり目立ちません。背面は茶褐色です。
[PR]
by coffeeto | 2013-06-02 20:42 | スズメ目
<< 岩礁のアオバト@神奈川 ソウシチョウも姿を見せてくれま... >>