渓流のカワガラス@栃木

f0055184_19473623.jpg
ゴールデンウィーク前半に訪れた栃木県下にある、とある渓流に籠って野鳥観察をしていたのですが、ここではカワガラスの個体数が多くいて、たくさんのシャッターチャンスに恵まれました。
f0055184_1947844.jpg
この渓流沿いで車中泊により、2泊3日の野鳥観察を堪能してきたわけですが、早朝に足を運んだところ、既に渓流の中に身を置いて、餌探しに忙しいカワガラスを撮影することができました。
f0055184_19471458.jpg
流れに逆らうように身を沈め、餌取りに一生懸命のカワガラスです。早朝であることと、だれも人がいない環境でしたから、割合近いところから撮影させてくれました。
f0055184_19472027.jpg
カワガラスは全長22cmのスズメ科の野鳥ですが、雌雄同色です。
水の中に潜ったり、水底を歩いたりして水生昆虫などを採食する面白い生態をしています。
f0055184_19462832.jpg
こちらは、すぐ近くの沢で撮影したカワガラスですが、背と肩羽は成鳥よりも淡色であることと、胸から腹にかけては白色の鱗模様があるところから、今年生まれの幼鳥であることが分かります。
f0055184_19461661.jpg
この幼鳥は、単独で渓流を動き回りながら餌取りをしていました。既に、巣立ちをして一人でこれから生き抜こうとする凛々しい姿を見せてくれました。
[PR]
by coffeeto | 2013-05-16 20:08 | スズメ目
<< コガラとコゲラ@群馬 連休後半に観察したオオルリ@群馬 >>