渓流で混群を作るヒガラ@栃木

f0055184_19361974.jpg
ゴールデンウィークは、栃木県下の渓流にどっぷりと浸かって野鳥観察を楽しんできましたが、たくさんの夏鳥を観察していた時に、このヒガラも間近にその姿を見せてくれました。
f0055184_19362734.jpg
カラ類の混群とともに飛来したヒガラは、この梢が気に入ったのでしょう、暫く枝先を飛び移りながらエサ探しをしていたものと思われます。
f0055184_1936333.jpg
ヒガラは全長11cmとされていますから、シジュウカラ科の仲間の中でも一番小さい野鳥になります。関東地方の山間部では、1年を通じて観察することができる留鳥です。
f0055184_1936404.jpg
この写真に注目してください。左脚で枝先にぶら下がり、右脚で若芽からむしり取った柔らかい部分を食べています。
f0055184_19364664.jpg
こちらの写真では、同じように左足で枝先にぶら下がり、右脚で手繰り寄せた枝先の若芽を食べようとしています。
f0055184_19365184.jpg
この時期は、まだまだ餌となる昆虫類が少ないですから、樹の若芽が一番の栄養源となるものと思われます。
f0055184_193727.jpg
頭と喉の部分は黒い羽で覆われていますが、頬の部分とお腹は白いです。
f0055184_1937992.jpg
この渓流沿いではヒガラなどのカラ類が、メジロやエナガなどと混群を作って、賑やかに活動していました。
[PR]
by coffeeto | 2013-05-13 20:05 | スズメ目
<< 連休後半に観察したオオルリ@群馬 渓流沿いで観察したキビタキ@栃木 >>