野鳥公園のミヤマシトド@大田

f0055184_1752794.jpg
先週の日曜日は大変寒く、おまけに雨も降っていましたから、朝からどこへも出かけず、家に籠っておりました。ところが、その日の午後に知り合いから野鳥公園にミヤマシトドが出ているよという情報が届きました。ライファーですから、すぐにでも行きたいところですが、いかんせん時間切れで出掛けることができませんでした。休暇を取るわけにもいきませんから、この一週間が経過することの長かったことと言ったらありません。もう居なくなってしまったのではないかと、半ば諦め気分もありましたが、ゴールデンウィークの予定を急きょ変更して、待ちに待った4月27日(土)は朝から野鳥公園に足を運んでみました。
公園の開園時間は午前9時でしたが、8時前には到着してゲート前で開園するのを待ちました。たくさんの人が開園前から集まっていました。既に職員の方は事務所でスタンバっていたので、早めに入場させてくれるのかと期待したのですが、きっちり時間通りの開園となりました.....。
でも.....何とかゲットすることができました!!!
f0055184_17515687.jpg
薄暗い林の中を飛び回っていましたから、なかなかシャッターチャンスには恵まれませんでしたが、これは樹上で撮影することができた唯一のシーンでした。
向こう側を向いてくれましたから、頭部の白と黒のストライプが分かります。後頸部は灰色ですね。また、白色の2本の翼帯もはっきり写ってくれました。
f0055184_1751239.jpg
ミヤマシトドは北アメリカ大陸を生息域とするホオジロ科の野鳥で、わが国では迷鳥として数例の観察記録があるようです。
黄色いくちばしは、ユキホオジロによく似ていると思いました。
f0055184_17504660.jpg
背面から撮影したものですが、縦斑がよく出ています。頭央線と眉斑が白色ですが、後頭部で繋がっていますから、矢印の先端のように見えてしまいます。
f0055184_17513027.jpg
アスファルトの路面に降りて移動しているところです。これも数少ないシャッターチャンスの1シーンです。
f0055184_17505739.jpg
動きが素早く、すぐに見えなくなってしまいましたが、枯葉の吹き溜まったこんな所でしか撮影できなくて、折角のミヤマシトドが引き立ちません。
f0055184_1751425.jpg
金網フェンスの上にも止まってくれました。構図や背景など気にしていては写真になりません。証拠写真でも何でも写ってくれれば幸いとばかり、とりあえずシャッターだけは夢中で押していました。
f0055184_17511036.jpg
これは、ミヤマシトドのトレードマークである、白い頭央線と白い眉斑の様子がよく分かる写真になりました。
[PR]
by coffeeto | 2013-04-27 18:24 | スズメ目
<< 営巣中のヤマセミ@栃木 ヒヨドリ・ムクドリ・ヤマガラ@江戸川 >>