海辺で観察したアカエリカイツブリ@銚子

f0055184_22231666.jpg
4月7日に足を運んだ銚子漁港で、アカエリカイツブリを間近に観察することができました。
f0055184_22232489.jpg
アカエリカイツブリは全長45㎝のカイツブリの仲間で、関東地方では冬鳥として観察することができる鳥です。
f0055184_22232879.jpg
夏羽であれば、後頸部に赤褐色の羽が出て、名前の由来を示してくれるのですが、冬羽ですから全体に黒褐色と汚白色のツートンカラーの色合いです。
f0055184_22224083.jpg
ここでは、2個体のアカエリカイツブリが一緒に行動していました。
f0055184_22225531.jpg
ちょっと伸びをしながら脚を海面上に上げてくれました。脚は弁足であることが分かります。また、風切羽は褐色で、外辺に沿って僅かに白斑があることが分かります。
f0055184_22231123.jpg
成鳥冬羽であると思われます。くちばしの基部は黄色ですが、全体的に黒色です。
[PR]
by coffeeto | 2013-04-12 22:39 | カイツブリ目
<< 海面のカンムリカイツブリ@銚子 ヒメウの夏羽と冬羽@銚子 >>