チョウセンチョウゲンボウはゲットできず@平塚

f0055184_13572588.jpg
先日、セアカモズを見に行った平塚のすぐ近くに、チョウセンチョウゲンボウが出ているという情報が入ってきたのは、先週のことでした。
3月3日(日)に出掛けて撮影することができたセアカモズも、まだ観察できるということでしたから、3月24日(日)にあしだちの仲間を誘って、両種をゲットしてこようと考えてみました。
早めにゲットできたら近くのアリスイ公園か、ヒレンジャクが出ている公園へ足を延ばして、1日で複数の大物をゲットする「プチ豪華探鳥」を目論んで出掛けてみたのですが........
f0055184_13571525.jpg
チョウセンチョウゲンボウが出ているという場所には、朝8時前に到着しました。10名ほどの人が集まっていましたから、出現情報を聞いてみたところ、「当日はまだ出ていないが、すぐ近くのセアカモズは良く出ている。」という話を聞きました.......。ということで、取り敢えずセアカモズをゲットしてからチョウセンチョウゲンボウの出現を待つことにしました。
セアカモズの場所へ行くと、直ぐに写真にも撮影することができましたが、早々に飛ばれてしまい、再出現までしばらく待たされました。でも、近距離から撮影することもできたので、早々にチョウセンチョウゲンボウの場所へ戻ってきました。
農道に並ぶ20名ほどの観察者の列に加わって暫く待っていたところ、見ている方向とは違う電柱の上に、チョウゲンボウが留まっているのが分かりました。チョウセンチョウゲンボウが出たかと、慌てて撮影したのがこの写真です。
f0055184_13571187.jpg
カメラを担いだ人の群れが、一斉にチョウゲンボウの電柱方向へ移動を始めました。私はそのままの場所で撮影していたのですが、それがチョウセンチョウゲンボウかどうか、その時は皆目見当もつきませんでした。でも、後からこの写真を確認すると頭部が茶褐色ですから、明らかに普通のチョウゲンボウであることが分かりました。
f0055184_13572731.jpg
カメラマンたちが一斉に電柱の周辺に移動したため、そのチョウゲンボウはすぐに飛び立ってしまいました。たまたま、羽を広げたところが撮影できましたが、かなり距離があったので不鮮明ですが、下面を見ると縦斑が少なくかなり白っぽい羽衣でしたから、もしかしたらチョウセンチョウゲンボウかもしれないと、その時は半信半疑の複雑な気持ちで液晶モニターを見ながら、期待を膨らませたものでした.....。でも、結果は残念ながら普通のチョウゲンボウであったようです。
[PR]
by coffeeto | 2013-03-31 18:00 | タカ目
<< セアカモズとの再会@平塚 冬の高山にいたホシガラス@黒斑山 >>