通称:アリスイ公園にて@綾瀬

f0055184_17214397.jpg
3月の第二日曜日は夏が来たかと思わせるほど、異常に気温の高い一日となりました。テレビのニュースでも、3月中に夏日を観測したのは、観測史上初めてということでした。
この前日に、かずとりさんご夫妻と一緒に丹沢山から蛭ヶ岳まで、日帰りでちょっと強行軍の山歩きを楽しんできました。普通であれば、そのまま家へ帰るところですが、以前からアリスイが出ることで有名な公園に足を運んでみたくて、宮ヶ瀬から下った七沢温泉で汗を流した後、車中泊でのんびりと足を運んでみることにしたのです。
f0055184_17215580.jpg
公園に到着して間もなく、数名のカメラマンとともに、茂みの中に潜んでいたアリスイを撮影することができました。先々週、北本自然観察公園でもアリスイを撮影することができたのですが、その時は茂みに飛来したほんの僅かの間に、数カット撮影できただけでした。でも、ここではジッとしていてくれましたから、思う存分撮影することができました。
f0055184_1722628.jpg
ここは、あまり広い公園ではありませんから、飛び去ってもどこにいるかすぐに分かります。1時間半ほど滞在している間、常にその所在がつかめていましたから、アリスイ公園という通称で呼ばれている理由に合点がいきました。
f0055184_1722778.jpg
アリスイの行動をよく見ていると、この茂みの木の幹を小さいアリが登って行くのです。このアリスイは、その小さいアリをすかさず舐めとっているのでした。そのため、この茂みでは10分以上も同じ場所に滞在してくれました。
f0055184_17204225.jpg
茂みを飛び立ったアリスイは、今度はニシキギの上に飛び上がりました。半逆光でちょっと撮影条件の悪いシーンでしたが、取り敢えず樹上の姿を写真に収めることができました。
f0055184_172168.jpg
できるだけ順光で撮影したいと思いましたから、歩道を少し回り込んで再びシャッターを切ります。うん、今度はなかなかいい顔をしているところが撮影できました。
アリスイは、爬虫類顔をしていると揶揄されますが、こうして見るとなかなかハンサムじゃありませんか.....
f0055184_1721620.jpg
....と思ったら、ペロペロッと長い舌を出しました。そんな動作を何回となく繰り返してくれました。写真に撮りたいと思いますが、なかなかチャンスが掴めません。連写速度が遅いところを、タイミングでカバーしようとかなりの枚数を撮影して、やっと1枚こんな写真が撮れました。
f0055184_17211927.jpg
さて、ニシキギの上を飛び立ったアリスイ君は、今度は竹竿の上に留まってポーズを取っています。慌てて駆けつけて、前にブッシュの枝被りがありますが、何とかこんな写真を撮影することができました。
f0055184_17213248.jpg
公園の池に続く斜面の土手に飛び降りました。日当たりの良い場所ですが、どうやらここで地面を動き回るアリを獲っているようです。頭を上げて胸を張ってくれたところで、「はい、ポーズ!」
f0055184_17214247.jpg
初夏を思わせる陽気で、上着を脱ぎ捨ててシャツ1枚になって撮影しています。この陽気で、オオイヌノフグリやホトケノザも慌てて花を咲かせ始めたようです。お陰で、花に囲まれたアリスイも撮影できました。
有難うございました。通称通り、ここは本当にアリスイ公園です。
[PR]
by coffeeto | 2013-03-17 18:20 | キツツキ目
<< 川の中のヒクイナ@越谷 シメ@さいたま >>