今年はシロハラが多い?@葛飾

f0055184_21281538.jpg
都内の葛飾区に所在するこの公園は、23区内にある公園としてはかなり広い面積があり、数少ない憩いの場所として貴重な存在であると思います。環境的には先の大戦後に整備された公園ですが、単に広いからということはなく、四季折々の野鳥とともに渡り途中の野鳥が身近に観察できますから、バードウォッチングを趣味とする人にとっても、なかなか面白い場所でもあると思います。
今回は、コスズガモが入ったという情報を頂いて足を運んできましたが、そのついでに足を延ばしてみたところ、草原で採餌するこのシロハラを見つけることができました。
f0055184_21284659.jpg
シロハラは全長25cmで、大型ツグミの仲間としてよく知られています。背面は茶褐色で、脇腹は淡褐色ですが、下面は白色であるところから、同じ仲間のアカハラに比較してこの名前が付いたものと思われます。頭部は灰黒褐色で、黄色いアイリングがるところが特徴です。
f0055184_21281471.jpg
この冬のシーズンは、いろいろな野鳥がたくさん観察できてとても楽しいのですが、私の印象としては今年は例年に比べて、どこへ行ってもシロハラがたくさん観察できると思っています。
f0055184_21284380.jpg
この個体は、成鳥冬羽であると思いますが、胸から脇腹にかけての褐色がかなり顕著に認められることと、汚白色の眉斑が認められることは、この個体特有のものであると思われますが、暗色のものから体色の薄いものまで個体差はかなりあると思います。
[PR]
by coffeeto | 2013-02-27 22:15 | スズメ目
<< 越冬中のオオハクチョウ@大田原 梢のモズ@葛飾 >>